【新型コロナ】『マスクの品格』の著者に聞く 子供にマスクは着けさせるべきか

【新型コロナ】『マスクの品格』の著者に聞く 子供にマスクは着けさせるべきか

“マスク神学論争”に決着

■報道の少ない子供用マスク


 新型コロナウイルスが世界で猛威を振るうにつれ、日本国内からマスクが消えていく。幼児や子供の保護者にとっては、自分自身だけでなく、我が子の感染リスクにも不安を感じているに違いない。

 ***

 テレビのワイドショーを中心に、マスクの異常な高値が報じられている。ネット通販などで1箱1万円を超える値段で転売されているのだ。

 売り手が電話取材に応じ、変換された音声で「こちらも入荷に努力した」などと強弁するのをご覧になった方も多いだろう。こんな状況では、「子供とマスク」について報じる記事が少ないのも当然かもしれない。

 この「マスク騒動」を沈静化させるためか、「新型コロナウイルスの予防にマスクは無意味」という報道も少なくない。

 例えば朝日新聞デジタルは1月29日、「新型肺炎、コンビニのマスクで防げる? 専門家に聞いた」を掲載した。

 冒頭部分に「2人の幼児を育てる筆者は、子ども用のマスクを探して薬局をのぞきましたが、在庫切れと言われました」との一文がある。つまり子供の感染リスクにも焦点を当てた記事になっているわけだ。

 それでは内容を、ご紹介しよう。要点を箇条書きにさせていただく。

【1】コンビニやドラッグストアで販売されている「サージカルマスク」は、自分の唾液や飛沫を拡散させないため、つまり自分が他人に感染させないために使う。

【2】サージカルマスクや防塵マスクに、感染者からの伝染を防ぐ能力はない。新型コロナウイルスがフィルターを通過してしまう。

【3】厚生労働省が定める規格を満たした「防塵マスク」とサージカルマスクを比較したデータがあるが、感染防止の能力に差はなかった。

【4】発症者の死亡例は60代以上で、持病があった者が中心。若年層の感染者が重篤化したという報告は、今のところ確認されていない。子供も同様の可能性がある。

 ウォール・ストリート・ジャーナル(電子・日本語版)も2月3日、以下のような見出しの記事を配信した。

「マスクの感染防止効果、一部専門家は疑問視 多くはコロナウイルスの防御にあまり効果はなく、着用が逆効果になるケースも」

 内容は朝日新聞の報道と同じと言っていい。紹介は割愛させていただくが、記者の署名については触れておく必要があるだろう。

 名前が記載されているのは2人で、それぞれ北京と香港の記者とされている。感染の“発生源”で取材された記事であっても、「マスクは無意味」という結論になるようなのだ。


■日本政府のマスクに対する見解は?


 子供用どころか、大人用のマスクも不必要という印象なのだが、ならば日本政府は公式に、どのような見解を示しているのだろうか。

 首相官邸の公式サイトに掲載されている「新型コロナウイルス感染症に備えて 〜一人ひとりができる対策を知っておこう〜」を見てみよう。

 サイトには予防法として「手洗い」、「健康管理」、「適度な湿度を保つ」という3点を推奨している。マスクは入っていない。

 マスクは予防法とは区別され、別に「マスクの効果は?」というコラムにまとめられている。要点を箇条書きでご紹介する。

【1】咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクを着けるべき。

【2】予防のためにマスクを着けるということは、人混み、屋内、乗り物など、換気が不充分な場所では予防策の1つとして考えられる。だが、屋外では相当に混み合っていなければ、着用の効果は認められない。

 政府の見解も朝日新聞やウォール・ストリート・ジャーナル同じだ。「自分が感染源にならない」という効果は認めているが、「感染源から身を守る」観点になるとマスクの効果は限定的だと指摘している。

 しかし、もし朝日新聞やウォール・ストリート・ジャーナル、そして日本政府の発信する情報を日本人や中国人が納得したならば、マスクの買い占めや転売騒動などは起きなかったはずだ。

 多くの人が「予防のためにマスクを装着したい」、「予防のためにマスクは必要だ」と考えている。このギャップを、どう受け止めればいいのだろうか。

 そこで改めて、専門家に取材を依頼することにした。聖路加国際大学の大西一成准教授は専門が公衆衛生学。PM2・5の研究を重ねるうちに、マスクの効用についても調べる必要を感じ、独自の調査を重ねてきた。

 子供のマスク装着を考えるには、まず大人の現状を確認する必要がある。昨年に『マスクの品格』(幻冬舎メディアコンサルティング)という著書も上梓した大西准教授は、「現在はマスクへの過大評価と過小評価が極端な形で併存しています」と指摘する。

「自著で記述しましたが、2017年にドラッグストアやコンビニなどで購入した『衛生マスク』を225人に装着してもらい、どれだけ外部の粒子が侵入してくるのか、“漏れ率”を調べました。すると126人が『漏れ率100%』を記録したのです。マスクを付けていないのと全く変わりません。平均でも漏れ率は86.3%に達しました。単にマスクを装着するだけでは、新型肺炎やインフルエンザの原因となるウイルスの侵入を防ぐことはできないのです」


■“マスク神学論争”に決着


 市販されているマスクの中には「ウイルス、飛沫、花粉を99%カット」と書かれているものが少なくない。つまり『漏れ率1%』をうたっているのである誇大広告の可能性があるのかと言えば、それも違うという。

「マスクのフィルターだけの性能を見れば、0.1μmのウイルス粒子を99%の除去する能力を持つものも珍しくありません。ところが私たちの顔には凹凸があります。四角形のマスクであれば、顔と接している上下左右は無意識に浮きあがっているため、大幅な漏れ率が計測されてしまうのです。また、フィルターの性能が高いと、空気はフィルターを通らず、流れの良い隙間を通るようになり、粒子も隙間からより入りやすくなります」(同・大西准教授)

 大西准教授が被験者に「マスクの周りを押さえながら計測を受けてください」と指示すると、それだけで漏れ率は平均20%も減少したという。

「厚労省の規格をクリアした防塵マスクも、基本的には同じ傾向を示します。防塵マスクの中にはカップ型をしているものもあり、なるべく顔に密着するようにデザインされています。ゆえにその効果が発揮され、ある被験者には漏れ率が1%以下になる防塵マスクもありました。しかし、同じ防塵マスクでも別の被験者が装着すると漏れ率が上昇してしまう場合もあるのです。顔の形は千差万別なので、『どんな人の顔にもぴったり装着できるマスク』は存在しないと改めて理解しました」

 今後は、役所や総合病院などにマスクの漏れ率を計測する機械を置き、希望者には自由に測らせるべきだと大西准教授は指摘する。

 だが現時点で、そんなサービスは日本に存在しない。そして新型コロナウイルスは今も猛威を振るっている。我々は一体、どうすればいいのか。

「整理してみましょう。まずマスクは自分が感染源になるリスクを減少させます。つまり自分の飛沫を周囲に飛ばすのを防ぐのです。次にマスクを装着することで鼻や喉が保湿されます。そのおかげで、マスク内はウイルスが増殖しにくい環境となりさらに、喉にバリアが張られます。これで感染リスクが下がる可能性が期待できます。さらに、たとえ漏れ率が86.3%だとしても、除去率が13.7%存在するのも事実です。マスクを着けることによって、感染リスクを下げるという可能性は否定できません」(同・大西准教授)

【1】自分が感染源になるのを防止、【2】鼻や喉を加湿してウイルスを防ぐ、【3】マスクには一定の除去率が存在する――この3点から考えて、「マスクをしていないよりは、マスクをしていたほうがいい」という事実が導き出される。

 しかしながら、ネット通販などで1箱数万円にまで価格を釣り上げられた転売品を、わざわざ買う必要がないことも同時に浮かび上がる。

「225人の被験者で、126人の方が漏れ率100%を記録しました。割合は56%になります。半分以上の人は、マスクをしていてもマスクをしていないのと変わらないのも事実なのです。このデータから、非常識な値段のマスクを買ったり、自分の顔に合わないマスクを買い占めたりする必要がないことも明らかです。マスクの購入と着用に関しては、何よりも今は冷静な態度で臨むべき時期なのです。あらかじめ自分の顔に合うマスクを見つけておき、正しい着用方法をマスターしておくことで冷静になれるでしょう」(同・大西准教授)


■子供用マスクの必要性は?


 それでは、いよいよ子供にマスクを装着させるか否かを考えてみよう。

「結論を先に申し上げると、厚労省の規準と同様のフィルターを用いた、子供用の防塵マスクを発売しているメーカーがあります。私の調査結果では、ぴったり子供の顔にフィットし漏れ率が相当に低い製品もありました。たとえ顔面とフィットせず、漏れ率が高くなってしまった衛生マスクでも、装着に少しでもメリットがあるのは大人用と同じです。ちなみに、ガーゼマスクはフィルターとしての機能に限界があります。大人用でも子供用でも感染防止には役立ちませんので注意してください」(同・大西教授)

 装着に意味があると分かったとしても、着けさせること自体が大変という保護者もいるのではないだろうか。

 小学生ならマスクの意義を説明し、装着を納得させることも可能かもしれない。それが保育園児や幼稚園児となると、理屈抜きでマスクを嫌がるケースも少なくないだろう。この時は、どうすればいいか。

「まず、感染リスクが高くパンデミックが迫った状況なのかどうか、感染者と接するような状況なのか、判断して行動する必要があります。その上で、幼児でも親がちゃんと説明すれば着用しているケースはあります。ただし嫌がる子供に無理矢理マスクを装着させたり、厳しく説教したり、感情的に怒ったりすると、子供は萎縮してしまいます」

 大西准教授は「このデメリットと、マスクを付けることで得られるメリットと状況を鑑みて比較する」ことが重要だと指摘する。

「大人自身がマスクに対して冷静な対応が求められるように、子供に対しても冷静な態度が求められるでしょう。大人でもマスクの正しい使い方を理解できていないのに、子供に正しい理解を求めるのは無理だと言わざるを得ません。初めのうちは周囲にマスクをしている人が多いことを教えると、マスクを付けるという行為を受け入れてくれるかもしれません」(同・大西教授)

 大人用であれ子供用であれ、コンビニやドラッグストアでマスクが適正な価格で売られていれば購入する。だがネット通販などを使って、無理に買い求める必要はない。まして自分自身が買い占めを行うべきではない。子供がマスクを嫌がる場合は、無理強いはさせない――。

 もし新型コロナウイルスの感染拡大が収束し、日常生活が復活したのなら、自分の顔に合う防塵用マスクを多めに購入し、家庭に備蓄しておくのは賢い手だ。

 3か月分なら約100個という数になる。多すぎると思う方なら、1か月分の30個が目安になるだろうか????。

「日常生活で必要なマスクの数は、ウイルスが本当に猛威をふるい身近に迫った状況が、どの程度の期間、継続をするかによります。しかしそれまでにワクチンが開発され収束することを願いたいですね」(同・大西准教授)

 そして最後に大西准教授は「どんなマスクも訓練とともに備えておかなければ、感染を防ぐアイテムにはならないことは肝に銘じて下さい」と呼びかけた。

週刊新潮WEB取材班

2020年2月9日 掲載

関連記事(外部サイト)