【前橋スナック銃乱射】矢野治死刑囚が刑の執行を待たず自殺した理由と「最後の手紙」

【前橋スナック銃乱射】矢野治死刑囚が刑の執行を待たず自殺した理由と「最後の手紙」

矢野治死刑囚

■自殺の「前橋スナック銃乱射」死刑囚から届いた最後の手紙(2/2)


 本誌(「週刊新潮」)に手紙を寄せ、警察が把握していない殺人事件の真相を明かした矢野治死刑囚が、1月26日、拘置所で自ら命を絶った(享年71)。矢野の告白の背景には、自身が関与し死刑判決となった「前橋スナック銃乱射事件」の黒幕の存在を、世に知らしめたいとの目的があったという。が、告白を受けての公判は「死刑執行の引き延ばし」だとして無罪を言い渡され、終了となる。これにより、黒幕を暴露する場は失われてしまった。

 ***

 矢野がぶつかった「壁」はそれだけではなかった。

 実は、矢野が「穴から出してやって欲しい」と訴えていたのは斎藤と津川さんの2人以外(※前回記事参照)に、「第3の男」がいた。

 それは、矢野の指示で「前橋スナック銃乱射事件」の実行犯をフィリピンに逃がす手助けをし、その後、姿を消した矢野睦会の元組員、大山剛(仮名)だ。

 この大山に関して、矢野は自分ではない関係者が殺害した、と主張し、遺族宛ての手紙にはこう書いた。

〈大山を穴から出してやりたいのです〉

 一方、以前、本誌に届いた住吉会系組織の元幹部を名乗る人物からの手紙には、

〈私は、矢野の命令で大山を殺して埋めました〉

 と、記されていた。

「口封じのために殺した大山を穴から出してやって欲しい、と矢野が訴えていたのも、時間稼ぎのためでしょう。捜査が動きだせば、警察は、何らかの事情を知っている矢野に話を聞かざるを得なくなりますからね」(先の矢野の知人)

 しかし、全国紙の社会部デスクによると、

「矢野はいろんな事件について警察に仄めかしていたようですが、立件された2件以外は取り合ってもらえなかったと聞いています」


■誰もいなくなった


 新たに告白した事件の公判は終了してしまい、大山の件も前に進まない。「時間稼ぎ」がうまくいかない中、昨年末、矢野を焦らせる出来事が起こる。強盗殺人などの罪で死刑が確定していた中国人に刑が執行されたのだ。

 矢野が遺族に宛てた「最後の手紙」は今年1月22日の消印が押されたもので、そこにはこうある。

〈昨年末12月27日(編集部註・実際は26日)にも他の人が刑の執行でした。他の人でなく私でも可笑(ママ)しくないのです。吊されることをブルっているのではなくやらなければならぬことがあるから言っているのです〉

 矢野の遺族が言う。

「あの刑執行はこたえたようで、それから『俺には時間がない』という話をしきりにしていました。執行の翌日には孫が面会に行ったのですが、『おじいちゃん、様子が変だったよ。“俺は日本男児だから”とかずっとブツブツ呟いてた』と話していましたし……」

 もっとも、最近は諦めの境地に達していたのか、

「面会に行っても刑務官から受けてきた不当な扱いに対する不満を言うことがほとんどで、過去の殺しについて語るようなことはありませんでした」

 と、遺族が続けて語る。

「父に最後に会ったのは死ぬ2日前の1月24日の午前中で、その時は少し違和感がありました。それまでも『俺は死ぬのは怖くねぇんだ。ただ許せないことがまだあるだけだ』という話はしていた。でもその日は『お前たち元気なのか? 子供たちはどうなんだ? 俺はな、大丈夫だ。潔くいつでも死ねるんだよ』と、切羽詰まった表情で目に涙をためていたのです」

 その日の午後、矢野は担当弁護士との面会を断っている。

「だから、その時に覚悟を決めたのかな、とは思っています。父は、未解決事件の告白をしたのは『延命が目的ではない』と何度も言っていました。今回の自殺は、裁判所や世の中の人に『延命』と言われていたことに対する反論の意味があったのかもしれません」

 そう話す遺族が矢野の遺体と対面したのは自殺の2日後だった。

「遺骨は本人の希望通り、親と幼少期を過ごした北海道に散骨しようと思っています」

 矢野に殺された「龍一成」こと斎藤の姉に今回の自殺について聞くと、

「弟には報告しました」

 とした上で、こう心情を吐露した。

「私は、矢野治さんという方と(公判になったおかげで)お目にかかれたことは、良かったと思っています。そうでないと、面会することも出来ませんし。裁判に出ることで、矢野治さんにお目にかかれたわけですから……」

 昨年には死体遺棄役の結城氏が他界し、今回、矢野が自殺したことで事件の関係者は誰もいなくなった。しかし、矢野の告白がなければ、遺骨は遺族に渡らず、遺族が法廷で彼の姿を目にすることもなかった。その事実は歴史に刻まれ、永遠に残り続ける。

「週刊新潮」2020年2月6日号 掲載

関連記事(外部サイト)