是か非か 神の領域に入った「着床前診断」

是か非か 神の領域に入った「着床前診断」

是か非か 神の領域に入った「着床前診断」(イメージ)

 健康な子を授かりたい。何より切実なこの願いは生殖医療を進化させ、着床前診断という実験室もかくやの技術が次代の救世主たろうとしている。だが、倫理的な問題も指摘され、学会すら是非の議論には及び腰だ。自身、障碍がある子をもつジャーナリストのルポ。

 ***

「子どもや身近な家族に疾患があって、それがお腹の中にいる子に遺伝する可能性があるとわかったら、産む覚悟ができますか?」

 不妊治療を専門とする、大阪市のIVFなんばクリニック。取材の場で中岡義晴医師は、私にそう問いかけた。“いいえ”という答えが脳裏に浮かんだ。口を噤んだままの私に、中岡医師は続けて言った。

「着床前診断を命の選別と捉えることもできるかもしれませんが、健康な子を産みたいという親御さんの気持ちを考えてください」

 着床前診断。いかにもとっつきにくい響きがあるが、子どもが欲しいと切に願う夫婦が今日も、その難解な医療技術に望みをつないで医師のもとを訪れる。

 同じような医療の用語で、すでに一般的に広く認知されているものに出生前診断がある。これは妊娠がわかって一定期間経ったのち、胎盤の絨毛細胞をとったり、羊水をとったりして染色体や遺伝子の検査を行うものだ。

 一方の――本稿がテーマとする――着床前診断。こちらはまだ研究途上にあると位置づけられる。

 聞けば、たしかに実験室もかくやと言うべき技術だ。

 まずは体外で受精を行い、これによってできた胚を医師が検査、異常がないと見られる胚だけを母体に戻し、育てるのである。

 着床前=妊娠前の段階で胚の診断を行うので“産むか、中絶するか”という、心理的負担の重い判断を迫られることはない。

 ただし高い技術が要求され、まだ安全性が確定していないこともあって、診断を受けるには日本産科婦人科学会の審査を通ることが条件となる。

 だが、技術の進歩によって今後、安全性が高まっていったとしてもなお、そこには別の根源的な問題が存在し続ける。

 先の中岡医師が解説してくれる。

「着床前診断は、学会が次のケースに悩む親に限って実施を認めています。(1)重い病気が子に遺伝する可能性がある。(2)これまで流産を繰り返している。(1)か(2)に該当する場合のみです」

 問題はここだ。

 (1)に関して言えば、胚を検査して「重い病気」が子に遺伝する可能性が疑われた場合、その胚を母体に戻さない措置がとられる。

 (2)については今少し説明が必要で、染色体の形の変化(染色体転座という)に起因する流産を繰り返している場合、その胚を検査し、転座を起こしていない“安全な”ものだけを母体に戻して、流産のリスクを回避する措置をとる。

 いずれにせよ、有り体に言えば、一定の胚を“排除する”形になるわけだ。

 この事実を指して、人為的な命の選別にあたる、優生思想ではないか、と批判する声が世の中にある。

 これまでの実施件数は約800件。実際に4年前に着床前診断を受けた、緒方隆さん(39)と洋子さん(43)のカップルに話を聞いた。

 洋子さんが言う。

「35歳で結婚し、すぐにクリニックを訪れて、最も妊娠しやすい時期を見定めるタイミング療法や人工授精を試しました。半年後に妊娠したのですが流産し、37歳で体外受精に踏み切るも2回流産。さすがにおかしいと感じて着床前診断を受けることに決め、学会に申請するために採血したら、主人が染色体転座の保因者だとわかったのです」

 実際の診断では2度の採卵を行い、そののち、

「転座ではない正常卵を移植することで無事妊娠、出産にいたりました。かかった費用は通常の体外受精の治療費プラス着床前診断の検査代10万円ほどでした」


■不妊治療として


 現在、子どもは3歳。都内で家族3人仲良く暮らし、着床前診断を受けたことにはとても満足しているそうである。

「私たちの場合、捨てられた胚には染色体転座があり、ほぼ間違いなく流産につながるものでした。ですから、命を選別した、生きるはずの命を捨てたという感覚をもちにくいのだろうと思います」(隆さん)

 さてここで、命の選別の問題により踏み込む前に、いま述べてきたような着床前診断の諸要件が、新たな展開を派生させたことにも言及しておかねばならない。

 いささかややこしいことに、着床前診断とは別に、着床前スクリーニングなるものがある。

 着床前診断の実施が前出(1)を満たせば可とされたのは1998年。(2)が加わったのが2006年。歩みは遅く、しかも、安全性を懸念する学会はなかなか実際の許可を出さなかった。

 そうした最中の2004年、兵庫県神戸市の神戸ARTレディスクリニックの大谷徹郎医師により、着床前スクリーニングが行われていることが明るみに出た。

 この「スクリーニング」は現在、受精卵の染色体23組46本すべての異常の有無を調べ(=スクリーニング)、正常と判定された場合のみ子宮に戻す手法がとられている。

 着床前診断とは異なり、疾病や障碍が遺伝する可能性のある胚を“探し出して排除する”わけではない。問題なく着床するであろう良好な胚を見極めて母体に戻し、確実な妊娠と安全な出産につなげましょう、というのがその理念である。

 しかし、学会は厳しく問題視する姿勢を見せた。

 学会の許可なくやるとはなにごとか、条件は重い病気の遺伝リスクや流産リスクの回避のためと限定すべきで、広く不妊治療として運用するなどけしからん、というわけだ。

 母体に戻されない胚が生じる点では、着床前診断も着床前スクリーニングも同じ“選別”を行っているとも映った。

 大谷医師に話を聞いた。

「女性の年齢が上がるにつれ、受精卵の染色体の数に異常が現れる可能性が高まり、40歳の方で7割ほどに上ります。受精卵に染色体の数の異常があるとほとんど着床しませんし、着床しても大部分が流産してしまい、出産にいたりません。不妊治療を受ける方の平均年齢は30代後半〜40代。ただでさえ時間がないのに、流産するとその前後を含め、約3カ月は何の手も打てなくなります」

 つまり、と続けて、

「女性の身体的、精神的な負担を避けるためにも、受精卵の段階で染色体異常を調べる着床前胚染色体異数性検査(筆者注・着床前スクリーニングのこと)は効果がある。染色体の検査を受けて異常なしとわかった受精卵を戻した場合の着床率は、検査を受けていない20代女性のそれより約1・7倍高いという数字が出ているんです」

 この「スクリーニング」について学会は結局、否定し続けるわけにはいかなくなった。現在もなお実施を認めてはいないものの、ひとつの臨床研究として進めることを是認する立場へと転換している。

 実際に着床前スクリーニングを受け、妊娠・出産した田中あやなさん(38)は次のように語る。

「私は2度流産しています。1度目の流産は妊娠12週を過ぎていたので、普通の分娩と同じく胎児を出産、死産となりました。そのときの辛さは今でも思い出します。やがて再度の妊娠にいたりましたが、今度は早い時期の流産でした。胎盤の病理検査をしましたら、ダウン症という結果が出たのです」


■自己決定権の範囲内


 このままでは、また妊娠しても流産するのではないか。そう考えて大谷医師のクリニックを訪ね、

「着床前スクリーニングを受けて正常卵をひとつお腹に戻し、無事に子どもを授かりました」

 と、あやなさん。

「結果についてはよかったと思っています。命の選別にはなるのかもしれませんが、2度も経験したあの辛い思いを避けることができたのですから」

 現在、子どもは1歳。その後、自然妊娠して今年、第2子が産まれる予定だ。かつての流産のこともあり、出生前診断を行ったところ、特に異常は見られなかったという。

 もうひとり、大森由香さん(43)はもともと、年齢的、肉体的にさらに差し迫った状況にあった。

「37歳で結婚し、すぐに子どもができると思っていたのですが、約2年間、子どもができず、不妊治療を始めました。タイミング療法から始めて、妊娠したと思ったら続けて2回流産し、年齢も考えてスクリーニングを受けることを決意したのです。ただ、手術が必要なほどの子宮筋腫を患ってもおりまして、採卵と手術の両方を同時に考えなくてはなりませんでした」

 採卵は毎月行った。が、受精卵が着床前の胚盤胞の状態までなかなか育たず、スクリーニングを受けることさえ叶わなかった。

「計11回も採卵を行ったうち、胚盤胞にいたったのはわずか3個。着床前スクリーニングを経て“合格”となったのは、たった1個だけでした」(由香さん)

 当時、由香さんは40歳。歳をとるにつれて正常な胚盤胞を得るのは難しくなるというのに、いよいよ子宮筋腫の手術を受ける日が近づいてきた。そこで1個の胚盤胞を凍結保存し、手術を終えて41歳になったとき、それをお腹に移植。42歳で赤子を産み、現在は1歳になる。

 由香さんが述懐する。

「不合格となった受精卵には、妊娠が継続しないことがはっきりわかる染色体の異常があり、凍結保存ができませんでした。しかし、もし妊娠が継続する可能性が少しでもある受精卵であれば、まず凍結保存を希望し、移植するかどうか悩んでいたと思います」

 そもそも命の選別という概念が生まれたのは、出生前診断にあたる羊水検査が日本で導入されたあとの1970年代に遡る。1998年に導入された着床前診断に関しても、まったく同じように命の選別にあたるとして批判が出た。

 しかし、2000年代に入って大谷医師による「染色体異常のせいで着床できない受精卵を選別しているだけで、命の選別にはあたらない」という主張が浸透を見せ、今では、

〈不妊治療、もしくは女性やカップルの幸福追求の範囲内にあり、個人の自己決定権の問題だ〉

 という考え方が一定程度の支持を得ている。

 だからといって、反対がなくなったわけではない。

 たとえば「グループ生殖医療と差別(旧・優生思想を問うネットワーク)」の利光惠子氏はこう語る。

「流産防止のための着床前診断であっても、結果として、命の選別であり、障碍のある人の排除につながることには変わりありません。それに流産による苦痛が回避されてもなお、着床前診断にもまた身体的・精神的苦痛が伴います。女性にとって不妊は辛いもので、それを否定するわけではありませんけれど、着床前診断とどう向き合い、命をどう捉えるのか、その議論が抜け落ちている気がします」


■恣意的な選別の心配


 他方「神経筋疾患ネットワーク」の運営委員で、自身も脊髄性筋萎縮症患者である石地かおる氏は、次のような意見である。

「着床前診断の技術ばかりが先行し、実施の既成事実が広く受け入れられてしまっていますが、障碍児を身ごもった場合を想定したカウンセリングなどのサポート環境が追い付いていないことこそ問題です。昔に比べれば障碍を持った人たちでも生きやすい社会になったかと思いますが、まだまだ万全とは言えない。健常者と障碍者が互いの立場を学んでいく包括的な教育や社会のあり方などを考えることに先んじて、着床前診断の技術が当然のように受容されていくことには危惧の念を抱きます」

 現在、着床前診断、着床前スクリーニングともに、法的な整備がなされているわけではない。安全性や有効性も、まだ確定段階にはない。

 そして何より、ここで考察してきたように「人為による操作」の問題がある。

 着床前診断は先に述べたとおり「重い病気」が発現する可能性のある胚を母体に戻さない措置をとるが、「重い病気」の定義は明確ではない。ということは、恣意的に胚が選ばれる懸念は払拭できない。

 そもそも人命の萌芽たる受精卵に人間が手を加えていいのかという議論もあるし、希望した子どもを選ぶことは、差別の助長のみならず、神の領域を冒すことではないかという声も聞かれる。

 とりわけ着床前スクリーニングについては、前述のように日本産科婦人科学会からも「実施を認めない」と位置づけられてしまっている。これについて大谷医師は反論する。

「私は、何年も不妊治療をされ、精神的にも金銭的にも追い詰められてきたカップルの方をたくさんみてきました。命の選別というレッテルを貼り、批判的に叫ばれる方もいらっしゃいますが、着床前胚染色体異数性検査は、そうした方々の負担を少しでも減らすために行っているのです。着床前胚染色体異数性検査と遺伝疾患に関する着床前診断を混同されている方も多いのですが、学会が認めている遺伝疾患の着床前診断は、特定の病気を持つ受精卵のみを排除するものですから、これこそが命の選別にほかなりません」

 着床前診断を受けるためには学会が定めた条件に該当せねばならず、また、申請から許可が下りるまでには約半年から1年待たなければならない。大谷医師が言うとおり、不妊治療をしている患者たちは大半が高齢で、時間的余裕がなく、着床前診断の認定のハードルが高いこともあいまって、着床前スクリーニングに流れる傾向がある。現に大谷医師のもとには全国から多くの患者が引きもきらず訪れている。

 そしてその大谷医師にして、着床前診断には命の選別の問題がある、と指摘するのだ。

 日本産科婦人科学会にこの、命の選別の問題について話を訊くと、

「学会は様々な意見を取りまとめる立場であり、命の選別に対して立場を表明しておりません」

 と言い、着床前診断に関しては、公表済みの見解にもあるように、

〈診断する遺伝学的情報は、疾患の発症に関わる遺伝子・染色体に限られる。遺伝情報の網羅的なスクリーニングを目的としない。目的以外の診断情報については原則として解析または開示しない〉

 などと、一定のルールを設けていることをただ述べるのみだ。

 着床前スクリーニングに関しても、臨床研究段階ゆえ見解は表明していない、との立場をとる。

 これら人間が生み出した高度な技術は、神をも畏れぬ“生命の操作”なのか。そもそも命とは何なのか。

 子どもが欲しいという人間的な欲求は、出生前診断、着床前診断、遺伝子のゲノム編集といった生殖医療を飛躍的に向上させてきた。それが多くの人々に福音をもたらしたことは疑いようもない事実だ。

 しかし一方で、命の選別という根源的な問題に対する解答は、誰も持ち合わせないままなのである。

中西美穂(なかにしみほ)
ジャーナリスト。1980年生まれ。元週刊誌記者。不妊治療で授かった双子の次男に障碍が見つかる。自身の経験を活かし、生殖医療、妊娠、出産、育児などの話題を中心に取材活動をしている。

「週刊新潮」2020年2月13日号 掲載

関連記事(外部サイト)