川崎通り魔殺人 好みの女性が死ぬ間際に見せる苦悶の表情が見たい…被告が法廷で語った“言い訳”

川崎通り魔殺人 好みの女性が死ぬ間際に見せる苦悶の表情が見たい…被告が法廷で語った“言い訳”

宮前署から送検される鈴木洋一被告

 2006年の9月23日深夜、川崎市宮前区のトンネル内で、この近くに住むアルバイト店員、黒沼由理さん(27=当時)が何者かに刺され死亡する事件が起こった。現場は東急田園都市線梶が谷駅から南東2キロの距離にある通称『梶ヶ谷トンネル』内。JR貨物の梶ヶ谷貨物ターミナル駅や、武蔵野貨物線の下を通る市道トンネルである。右前胸部と左脇腹を刺された黒沼さんは、通行人の110番通報により病院に搬送されたが約2時間後に死亡。神奈川県警捜査一課は殺人事件と断定し、宮前署に捜査本部を設置した。ところが、懸命の捜査にもかかわらず、この『川崎通り魔事件』は容疑者検挙に至らぬまま、未解決状態が続いていた。

 ***

 それから10年後の16年1月、県警の捜査員に「事件の話がしたい」と葉書を書き、聴取の結果、翌年10月に、黒沼さん殺害容疑で逮捕された男が、鈴木洋一(ひろかず)被告(39)である。

 鈴木被告は『川崎通り魔事件』から約6ヶ月後の2007年4月5日、午後10時25分ごろ、同じ宮前区で通り魔事件を起こした。当時40歳の女性に対して背中と腰の二箇所を刺し重傷を負わせたという殺人未遂罪に問われ、のちに懲役10年の刑が確定した。ところが、服役中の羽黒刑務所から『川崎通り魔事件』の犯行をほのめかす葉書を送り、奇しくも仮釈放の日、黒沼さん殺害容疑で逮捕されたのだった。

 鈴木被告に対する黒沼さん殺害事件の初公判は、横浜地裁で2019年11月19日に開かれた。出所目前に自らの犯行を告白したわけだから、起訴事実を全て認めるかと思われた。しかし、彼は罪状認否でゆっくりとこう述べた。

「腹部の刺突行為については、殺意はない……」

 二度の刺突行為のうち、一度目の、トンネル内でのすれ違いざまの腹部への行為は、殺意がなかったと主張したのだ。

 検察側の冒頭陳述によれば、鈴木被告は「好みの女性が死ぬ間際に見せる苦悶する表情が見たい」という欲望を満たすべく、持っていた包丁で黒沼さんの腹部を刺し、さらに仰向けに倒れた黒沼さんの右前胸部を刺したという。

「平成15年に入籍し、当時の妻の兄の紹介で、義兄が勤める会社に入社。夫婦仲は悪くなく平穏で、仕事に関しても十分な給与が支払われており、充実を得ていた。子供にも恵まれ、普通の社会人だった。しかし被告人は別の側面があった。

 もともと『女性の苦しむ表情や普段と異なる顔を見るのが好き』な被告人は平成14年ごろから、売春宿で性行為を行い、相手の首を絞めて失神させ、その売上金を盗むことを繰り返していた。性行為で性的満足を得たのち、その相手を失神させ、苦しむ表情を見ることでストレス発散していた」(検察側冒頭陳述)

 その特異なストレス発散行為が、通り魔殺人にエスカレートするに至ったきっかけが、テレビでたまたま目にした『切り裂きジャック』を紹介する番組だったという。

「見ず知らずの娼婦を何人も殺害して逮捕されなかった。これに大きな影響を受けた。女性の苦しむ顔を見るのがストレス発散だった被告人は、切り裂きジャックの番組を観てその気持ちをさらにエスカレートさせる。死ぬときの苦しむ顔は、その最たるものであり、女性を刺して苦しむ顔が見たいと思うようになった」(同)

 こうして事件を起こす3ヶ月前の2006年6月ごろから「包丁を持ち、車やバイクで川崎市内を徘徊し、女性を物色していた」(同)。ターゲットの女性が自分好みであれば殺害し、死ぬ間際の苦しい顔を見ることができる。一人で歩いている女性を見つけるや先回りし、歩いて包丁を持って近づくことを繰り返した。好みでなければ素通りし、胸や尻を触り逃走するが、その際も興奮を味わうと同時に、女性の怯えた顔を見ることでストレス発散していたという。事件の前に、好みの女性を何度か見つけ、刺そうとしたが、家に入られたり、他に人がいて失敗したことは何度もあったそうだ。

 そんな日々を送っていた同年9月23日。日付が変わった頃、川崎市内を車で走っている際に、現場の梶ヶ谷トンネル付近を歩いて帰宅中だった黒沼さんを発見する。先回りしてトンネルの反対側に車を停め、包丁を手にトンネル内に。携帯を操作しながら前方から歩いてくる黒沼さんとすれ違いざま、犯行に及んだのだ。


■表情がみたい


 弁護側冒頭陳述で弁護人は「一度目の腹部への刺突行為は、どこを狙おうかという認識はなく殺意は有していない。犯行には計画性はなかった」と主張。曰く「事件の日は同僚である義兄の行動に強いストレスを感じており、そのイライラを抑えるために母に話を聞いてもらおうと実家に行ったが、夜遅かったために眠っており、実家にあった包丁を持ち帰ることにした。人を刺すつもりはなかった。見かけた被害者が好みのタイプであり、苦悶する表情が見たいとは思ったが、具体的にどんな行為をしようとは決めていなかった」という。

 同月21日に行われた第二回公判の被告人質問で、鈴木被告は“女性の困惑・苦悶する表情が見たい”という願望について詳細を語った。服役中に患った脳梗塞の後遺症により、ゆっくりとした語り口だ。

弁護人「事件の当日、女性の表情が見たかった?」
鈴木被告「……はい」
弁護人「トンネルの反対側から歩いて、歩いてくる被害者の顔が見えた時、何か思った?」
鈴木被告「被害者の、困惑と、苦悶する顔が見たいと思いました」
弁護人「どうして?」
鈴木被告「……その日1日、ストレスとかあって……。ただ、驚かすだけじゃすまない……その表情を見たい……右手に持ってた出刃包丁を腰に構えたのを、前に突き出しました」

 鈴木被告によれば「殺意のない」刺突行為により、仰向けに倒れた黒沼さんのもとから立ち去ろうとした。ところが、包丁に指紋がついていること、以前に万引きで逮捕された際に指紋を採取されていたことを思い出し、包丁を抜くために再び黒沼さんに近づいたところ、黒沼さんから股間を蹴られたのだという。そして、

「人を刺しといて、言うのも失礼かもしれないけど、腹立って、腹部に刺さった包丁を力ずくで抜いて、胸に突き刺しました」(鈴木被告)

 すぐさま車に戻り、帰宅した鈴木被告は、黒沼さんの体から引き抜いて持ち帰った包丁を台所の水道で洗い、自分しか使わない引き出しの奥にそれを隠した。朝方、テレビを観ると、自分の起こした事件が報道されていたのだそうだ。

弁護人「それを観てどう思った?」
鈴木被告「……まず思ったのは、この事件は俺がやった。右手を、胸の近くまで持ってって、ガッツポーズしました。犯人を、自分しか知らないという気持ちと、忘れない、苦悶に歪んだ顔……」

 そして、前日から子供を連れて実家に帰省していた妻を迎えに行くため、再び車に乗り、鈴木被告は“いつもの日常”に戻った。

 対する検察官からの被告人質問では、“好みの女性が困惑・苦悶する表情が見たい”という鈴木被告の、さらなる冷酷さが浮き彫りになる。

検察官「腹部刺した時に被害者はどんな表情をしていましたか?」
鈴木被告「かなり歪んでる……表現しようがない……」
検察官「調書には『苦痛のあまり目をぎゅっと閉じ、顔が中心に集まったような、くしゅっとした表情』と語っていますね。刺した時、どう思った?」
鈴木被告「そのときは、正直、すっきりしました。苦悶で歪む顔ですね」
検察官「思ってた通りの表情でした?」
鈴木被告「……想像以上」
検察官「で、仰向けに倒れた被害者が足をバタバタさせていて、右足が股間に当たったんですね。そのときどう思った?」
鈴木被告「……なんだこの野郎……もう一回刺さないとダメだな、と……」
検察官「『刺してるのに元気だな』とも?」
鈴木被告「……当時はそう思った……」

 殺害行為により欲望を満たした鈴木被告だったが、わずか半年後に、別の通り魔事件を起こしたことは前述の通りだ。

検察官「結局、好みの女性の苦悶する表情が見たいとまた殺人未遂事件を起こしたんですか?」
鈴木被告「はい」
検察官「その殺人未遂事件で捕まってなければ、繰り返してたかも?」
鈴木被告「まあ、そうです」
検察官「今でもそう思う?」
鈴木被告「まあ、想像としては、そうだと思います」

 服役中に病に倒れたことから「命の大切さを知った」と、犯行を告白した理由を語った鈴木被告。しかし、同時に死刑になるのも怖くなったのか、腹部への刺突行為の殺意については、最後まで認めることはなかった。別期日で証人出廷した医師は「快楽殺人者である可能性が高い」と分析した。

 同年12月13日、横浜地裁は鈴木被告に懲役28年の判決を言い渡し、いずれの刺突行為についても殺意を認定した(求刑・無期懲役)。最後に景山太郎裁判長は「裁判員と我々からメッセージを」と前置きし「あなたのどこに問題があって、そんなことになったのか、しっかり見つめてほしいんです。長い服役で反省が深まり社会復帰することを祈っております」と語りかけた。これをどう受け止めたのかは分からないが、鈴木被告は判決を不服として控訴している。

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
傍聴ライター。福岡県出身。2006年『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』でデビュー。裁判傍聴を中心に事件記事を執筆。著書に『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』『木嶋佳苗劇場』(共著)『つけびの村  噂が5人を殺したのか?』など。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年2月17日 掲載

関連記事(外部サイト)