新型コロナで魔の航海に…「クルーズ船」乗客からは怨嗟の声

新型コロナで魔の航海に…「クルーズ船」乗客からは怨嗟の声

ダイヤモンド・プリンセス号

 巨大な密室に閉じ込められ、姿も容貌(かたち)も見えない敵との戦いを強いられる……。感染者数が爆発するパンデミック船に残された3700人の乗船者にとって、豪華クルーズは一転、「魔の航海」へと形を変えてしまった。咳と怒号がこだまする「限界船内」の苦難。

 ***

 日ごと日ごとに増えていく感染者。このペースなら、1週間後には数字はどこまでふくれ上がるのか。

〈昨日から隣の部屋で男の人が結構咳してますが。大丈夫なのか?〉

 とツイッターで呟いたのは、この船の乗客の一人である。

 新型コロナウイルスの猛威は留まるところを知らない。日本国内の感染者は2月16日現在、414人と、発生国・中国に次ぐ「感染大国」となっている。中でも大半を占めるのが、現在、横浜港に停泊中のダイヤモンド・プリンセスの乗船者。2月1日、この豪華客船に乗っていた香港の男性の感染がわかり、依頼、足止め状態。一部の米国人乗客乗員は、米政府のチャーター機で退避するものの、多くは14日間の船内待機を余儀なくされた。

「1週間が過ぎましたが、とにかくやることがないんですよ」

 と取材に語っていたのは、この船に夫婦で宿泊する、70代の男性である。

「基本的には、部屋の外に出るのは禁止されています。部屋でやることといっても、外を眺めるか、テレビを見ることくらいしかないのですが、外国のお客が多いため日本のチャンネルはNHKのBSくらい。1日1時間ほどはデッキに出られますが、マスク着用で、周りの人とは2メートル以上離れなければいけない。寒いので私は出ていません。室内の掃除はなく、ゴミだけは毎日取りにきてくれます。ランドリーサービスが使えるようになったのも9日からで、それまではバスルームで手洗いをしていました」

「衣」「住」は不自由なようだが、意外にも「食」は充実しているとかで、

「1日3食、食べきれないくらいの量を運んできてくれるんですよ。パンが3、4個も出てくることもあります。昼と夜は3種類のメニューから選ぶことが出来ますしね」

 もっとも、

「贅沢なことを言えば、シチューやグラタンなど洋食ばかりなので、そろそろおにぎりと味噌汁が恋しくなってきましたが……」

 実はこの男性、現在は一線から退いているが、現役時代は、公的に極めて高い地位にあった。それだけにまだ余裕があるが、もちろんすべての乗客がそうというワケではない。

 10日には、乗客の有志30人が集まり、厚労省に、支援体制の整備を求める「要望書」を提出した。

 そこには、

〈日を追って船内環境が悪化しています〉

 として、

〈シーツ交換、室内清掃がほぼ1週間近くなされていません〉

〈医療的支援は届いていないか、全く不十分な状況におります〉

〈乗客に対する情報提供は極めて不十分で、不安が急速に高まっています〉

〈重症者の放置、要望のたらい回し、責任ある対応の放棄の事例が多出しています〉

〈対応が後手後手です〉

 等々、クルーへの“怒号”が聞こえてくるような文言が並ぶ。

 前出・ツイッターの乗客も、密室の苦悩をこう伝える。

〈3日ぶりに外に出れました。皆さん嬉しそうにされてました。手を大きく回したりすこし走ってみたり〉


■心身共の疲労が…


 クルーズを主催する運航会社は、このクルーズの全代金に加え、行き帰りの交通費や寄港地での観光ツアー代金まで払い戻しすることを公表。少なく見積もっても10億円を超えると見られている。

「船会社の対応は適切だと思っていますけどね」

 と言うのは、前出の70代の男性乗客である。

「それでも混乱はある。例えば、薬の問題。持病のある人は服用薬を申告してください、とアナウンスしていたのに、頼んで5日経っても届きません。船には届いているのですが、それぞれの乗客への仕分け作業が終わっていないそうです。館内アナウンスも遅くて、感染者が何人出た、という知らせはメディアの方が2時間も早いですよ」

 また、厚労省については“お役所仕事”で効率が悪すぎる、と感想を漏らす。

「検査の際、検査場の前に20人くらいの列が出来ていたんです。2時間半も待たされた人もいたとか。その間に感染が広がった可能性もありますよね。呆れた様子で“早く検査してくださいよ”と言う人もいました。少しずつ呼んだら良かったと思いますが」

 感染のおそれが高まる中、ここに最低あと1週間は閉じ込められざるを得ないのだから、乗客の苦悩は計り知れない。場合によっては、また下船が延びる可能性もある。

「現在、乗客の皆さんは部屋ごとに隔離されている。これだけ爆発的に広まったのは、その前の感染が原因でしょう」

 とは、元厚労省医系技官の木村盛世医師である。

 確かにそれ以前は、船上で人は自由に行き来していた。レストランもバーも営業していた。

「その後、乗客の皆さんは、一転して部屋に閉じ込められ、運動もままならない状況に置かれた。心身共に疲労が蓄積しています。そのため、免疫機能が低下し、感染しやすくなったり、重症化しやすくなったりしてしまったのでしょう。今回の新型ウイルスは規模からいっても、災害レベル。災害被災地の方に対して行うのと同じように心理ケアを行う必要がありますが、今のところそれが十分に行われていないと思います」(同)

 このままでは、状況がより悪化するのは目に見えているというワケなのだ。

「週刊新潮」2020年2月20日号 掲載

関連記事(外部サイト)