同じ女児を性的暴行で「双子」逮捕 互いの犯行は知らず【卒アル写真入手】

同じ女児を性的暴行で「双子」逮捕 互いの犯行は知らず【卒アル写真入手】

ふたりが住んでいた大阪・和泉市内にある公団住宅

 離れて暮らしていても時を前後してお互いが風邪をひく――。双子を巡るミステリアスな連鎖の話は枚挙に遑(いとま)がないが、それは犯罪にも当てはまるようだ。同じ小学2年生の女児を“別々の日”に毒牙にかけた容疑者は双子の兄弟だった。

 ***

 府警担当記者はこう言う。

「双子だから同じ少女を狙ったのか。奇妙な連鎖としか思えないのですが……」

 大阪府警捜査1課は2月20日、建設作業員の向井亮太(25)と、双子の弟・勇生(ゆうき)(25)を強制性交容疑で逮捕した。ふたりは大阪・和泉市内にある公団住宅で同居していた。被害者は勇生が2015年頃から付き合っていた女性の長女(8)で、兄の亮太とも面識があったという。

「昨年4月、女の子を預かっていた亮太が室内や駐輪場などで2度も襲い掛かり、少女のズボンを脱がせて性的暴行を働いています。続けて、弟の勇生も3カ月後の7月に交際相手の自宅で事に及んだ。女児が抵抗できないよう仰向けにしてタオルで目隠しをするなど、犯行は悪質極まりない」(同)

 その後、昨年11月に少女が母親に被害を告白。母親から相談を受けた児童相談所が府警に通報したことで事件化したのだ。

「逮捕の決め手は女児の証言ですが、被害者が幼いこともあり、府警は性犯罪捜査の専門チームを投入して慎重に捜査を進めました。その結果、逮捕された勇生は容疑を認め、亮太も“酒を飲んで覚えていないが、やったかもしれない”と供述しています。ただ、府警によれば、双子の容疑者はお互いの犯行については知らず、共謀もなかったそうなのです」(同)


■違うのはホクロくらい


 容疑者は二卵性の双子なのだが、中学時代の同級生によれば、

「当時のリョウタとユウキは顔つきも背格好もソックリでしたよ。違うのはユウキの口元にあるホクロくらいやったな」

 ふたりと同じ公団で暮らす住民は驚きを隠せない。

「双子と聞いてビックリですよ。てっきりひとり暮らしだと思っていたから。私の知ってる“向井さん”は体格の良い若者で、見かける時はいつも作業着姿でした。普段は礼儀正しくて、廊下ですれ違うとわざわざ足を止めて挨拶してくれる。まさか幼い女の子に手を出していたなんて……。実は、これまでも向井さんのお宅には若い女性がよく出入りしていたんです。水商売風の派手な美人が何人も。正直、女性に困ってる印象はありませんでした」

 一方で、先の同級生はこんなことを口にするのだ。

「事件を知って、“やっぱしょうもない奴らやな”と思いましたよ。中学時代はふたりとも剣道部に所属していて、府大会でベスト16まで進んだこともあるんです。ただ、ヤンチャなタイプではなく、公園で遊んでいても不良が来たらコソコソ隠れるような連中でね。クラスの序列でいえば2軍どころか3軍扱いでした。自分より弱い相手にそんなことをするのも納得です。ふたり揃ってしょうもない部分は似てるんでしょう」

“双子”の魂百まで。女児を性のはけ口にする卑劣な犯行まで瓜二つだった。

「週刊新潮」2020年3月12日号 掲載

関連記事(外部サイト)