樹木希林を広告塔に… 「問題がん専門医」新著の中身

樹木希林を広告塔に… 「問題がん専門医」新著の中身

〈誇大な広告をしないこと〉(医療法より)

 樹木希林(享年75)が最期まで頼ったことでその名が広まった、鹿児島のがん放射線治療施設「UMSオンコロジークリニック」。ひと月前に院長の植松稔氏が上梓した著作では、個性派女優が没後もなお宣伝に使われている。

 ***

 著作『世界初 からだに優しい高精度がん治療』では、植松氏が手がける「4次元ピンポイント照射法」なる治療法に関する内容と、患者の匿名手記を紹介。樹木希林の長女である内田也哉子や、同じく植松氏の患者だった筑紫哲也の家族との対談も収録されている。

 もっとも、植松氏の名が高まったのは、樹木が「全身がん」を公表してから6年近くも生きながらえたことが大きい。対談では、樹木から初めて届いた手紙に〈内田啓子65歳〉と本名が記されていたために、植松氏は有名女優と気づかなかったことなどが明かされ、いかに、ともにがんと闘ったかが綴られている。読者の興味を大いに惹くだろう。

 さて、「4次元ピンポイント照射法」とはいかなるものか。有名大学病院の放射線治療専門医が解説する。

「がんの病巣に立体的に様々な方向から放射線を当てる、3次元照射と呼ぶ手法があります。そこに、呼吸などによる腫瘍の動きを計算して“時間軸”の要素を加えたものを植松氏は『4次元』と称し、より正確に腫瘍を除去できる療法としているのです」


■旧い医療機器


 ただし、と放射線治療専門医が続ける。

「その治療自体は、『定位放射線照射』の一つとして、2012年から肺がん治療などで一般的な保険診療が行われています。『4次元ピンポイント照射法』との呼称を使っているのは医学界で植松氏ぐらいでは……」

 この治療を普通の病院で受けると約8万円という。高額療養費制度、平たく言えば保険がきくからだ。

「ところが植松医師は自由診療として行っています。全額自己負担です。通常で150万から200万円、高ければ500万円もの治療費を患者さんから取っている。医療倫理的に問題ですよ」

 と、「東京オンコロジーセンター」代表の大場大医師は指摘する。同時に、著作の〈医療機器もすでに13年使っています〉との記述も問題視していて、

「がんが国民病とされる現代で、放射線治療技術レベルは日進月歩で進化しています。樹木希林さんや筑紫哲也さんなど、著名人の名前を出して自分の治療の特別性を仄めかしていますが、旧い機器を使い、他の施設でもできる治療の、どこが特別だというのでしょう」

 医師が患者の個人名を出すこと自体、倫理的にどうなのかとの見方もあるが、大場医師によると、著作に出されなかった個人名も。

「たとえば元横綱の九重親方です。彼は都内の大学病院で膵臓がん手術を受けたものの再発してしまい、植松医師を頼った。しかし関係者曰く、“効果どころかアフターケアも得られず、親方は鹿児島に行ったことを後悔していた”そうです。結局、手術を受けた医師のもとへ戻ったといいます」

 有名人の“成功例”をどうとらえるかは、新刊の読み手次第であるけれど……。

「週刊新潮」2020年3月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)