ようやくお引越しされる「上皇さま」、 高輪の仙洞仮御所で待ち受ける“難題”

上皇ご夫妻、高輪の仙洞仮御所にお引越し 上皇さまの運動場所確保が喫緊の課題か

記事まとめ

  • 上皇ご夫妻は31日から、東京・高輪にある仙洞仮御所(旧高輪皇族邸)で仮住まいされる
  • 上皇さまは1月に意識を失いお倒れになったが脳梗塞などが疑われる所見はなかったそう
  • 仮御所は敷地が狭いため、上皇さまの運動場所をどう確保するのかが喫緊の課題だという

ようやくお引越しされる「上皇さま」、 高輪の仙洞仮御所で待ち受ける“難題”

ようやくお引越しされる「上皇さま」、 高輪の仙洞仮御所で待ち受ける“難題”

上皇ご夫妻

 3月19日、上皇ご夫妻は26年間暮らした皇居を離れ、神奈川県の葉山御用邸と栃木県の御料牧場に滞在されている。帰京される31日から、お二人は東京・高輪にある仙洞仮御所(旧高輪皇族邸)にお住まいになる。皇居と赤坂御所の改修工事が行われる約1年半の間、ここで仮住まいされるという。そんな中、上皇陛下には“ある難題”が待ち受けていて……。

 ***

 仙洞(せんとう)とは、仙人の住処の意味である。仙人は道教における理想的な人間で、俗世を離れて隠遁することから、退位した天皇の住まいの名称として用いられる。

 皇居の吹上仙洞御所から仙洞仮御所への引越し準備は、昨年末から進められていた。引越しを請け負ったのは、一般入札で決まった日本通運。1993年、上皇(当時天皇)ご夫妻が東宮御所から皇居に引越しされた時と同じ運送業者で、当時は2トントラック延べ100台あまりが使われたという。

「今回のお引越しで運ばれたお荷物は、トラック100台分を優に超えるでしょう」

 と語るのは、皇室ジャーナリストの神田秀一氏である。

「上皇ご夫妻の品々は、皇太子時代のものから、即位して天皇時代のものまで莫大な量があるからです。書籍だけでもすごい数です。上皇さまが研究されている生物学、植物、歌、花関連などの書籍があります。天皇は国民とともに歩むというお考えのもと、全国各地をご訪問されましたが、各地域の歴史や重要文化財関連の書籍も。また、上皇后さまは文学がお好きで、日本の小説や英文で書かれた海外の小説など数多くお持ちです。上皇后さまはご冗談で、『透明人間になって神田書店街をまわってみたい』とおっしゃったこともありました。書籍以外では、海外から贈られた数々の記念品や、名前は言えませんが、日本の総理大臣自筆の絵画などもあります」

 仙洞仮御所となる高輪皇族邸は、元々高松宮宣仁親王ご夫妻の住まいで、1973年に建てられた。敷地は約2万1800平方メートルあったが、2004年に喜久子妃薨去後に敷地南東部の約1800平方メートルが払い下げられ、住友商事が07年に高級分譲賃貸マンションを建設している。

 仙洞仮御所は、吹上御所と比べるとかなり手狭なため、赤坂御所の近くに倉庫をこしらえて、かさばるものを運び込んだという。


■地元は歓迎ムード


「上皇ご夫妻の品々の中で、どれを持っていって、どれを処分するか、それをお決めになるのはご夫妻自身となりますので、荷物整理にはかなりの時間を費やされたと思われます。膨大な荷物をどこでどう管理すべきか、色々苦労されたのではないでしょうか。赤坂御所の倉庫は、一時しのぎのものですし、改修の終わった赤坂御所に移る時も、また大変かと思います」(同)

 上皇さまは1月29日、意識を失ってお倒れになった。やはり、ご体調を心配する声は少なくない。

「美智子さまが緊急用ブザーで侍医を呼ばれたそうです。翌日、宮内庁病院に上皇さまの持病である腎臓や心臓、脳血管の専門家を集め、検査を行いました。経過が思わしくなければ東大病院に入院する予定でした。幸い、脳梗塞などの病気が疑われる所見はなかったそうです。恐らく、昨年末からの荷物整理で、疲労がたまっておられたのではないでしょうか」(同)

 上皇さまは毎朝、吹上仙洞御所の周辺を散歩し、日曜日には東御苑を散策されることで健康維持に努めてこられた。

 ところが、宮内庁関係者によると、仙洞仮御所は敷地が狭いため、散歩ができないという。

「仙洞仮御所は、入り口から目と鼻の先に車寄せがあるなど、皇居に比べれば決して広くはありませんし、ゆっくり散歩などできるお庭ではありません。警備の問題からご近所を散歩するというのも難しい。今後、上皇さまの運動場所をどう確保するのかが、喫緊の課題となっています」

 先の神田氏がこう言う。

「結局、お車で皇居までお出かけになって、皇居内を散歩なさることになると思われます。仙洞仮御所の敷地内は皇宮警察が警備し、敷地外は所轄の警察署が警備することになります。車で皇居へお出かけの際は、警視庁の車が先導することになるでしょう。わずか1年半の仮住まいですが、地元の高輪の住民は、上皇ご夫妻に対し、歓迎ムードになっています。とても喜ばしいことですね」

週刊新潮WEB取材班

2020年3月30日 掲載

関連記事(外部サイト)