コロナの影響は皇室にも 「雅子皇后」会見は幻に…眞子さまはテレワーク

コロナの影響は皇室にも 「雅子皇后」会見は幻に…眞子さまはテレワーク

ご訪英は延期

 さる3月22日、学習院女子高等科の卒業式。愛子さまはマスク姿で報道陣に応対され、感染拡大のおそれを考慮された天皇・皇后両陛下は式へのご出席を見送られた。新年度を迎えた皇室にも、コロナの猛威は仮借なく降りかかっている。

 宮内庁担当記者が明かす。

「3月19日には上皇ご夫妻が住み慣れた皇居から退去なさいましたが、お引っ越しの作業に追われながら美智子さまは、使い捨てではないガーゼマスクを着用され、お荷物の仕分けをなさっていました。世間でマスクが不足している状況を案じ、そのマスクを洗って使い回しておられたというのです」

 上皇ご夫妻はさる31日、栃木県の御料牧場から戻られ、高輪皇族邸へとお入りになった。しばしの間、こちらが「仙洞(せんとう)仮御所」となるわけである。お次に控えるのは天皇・皇后両陛下の皇居へのお引っ越しだが、令和で初めてとなった2月の天皇誕生日では一般参賀が中止になるなど、コロナ禍によるご難が続いている。

「ご即位後、初めての公式外国訪問として5月初めに予定されていたご訪英も、19日になって延期が発表されました。今後の日程について宮内庁は『あらためて英国と調整する』と言うのですが、先行きはまるで見通せません」(同)

 すでに英国では、チャールズ皇太子をはじめジョンソン首相の陽性も判明している。エリザベス女王夫妻は現在、ロンドン郊外のウィンザー城に“退避”中であるが、先ごろ現地では女王の従僕の男性の陽性も判明したと報じられるなど、抜き差しならない事態となっている。また29日には、同国高官が「外出禁止の完全解除には半年以上かかる」との見通しを発表。これでは両陛下の年内ご訪英も覚束ない。


■眞子さまもテレワーク


 あわせて、先の記者が続けるには、

「雅子さまが最後に記者会見をなさったのは、長期療養に入られる前、2002年12月のオセアニアご訪問時でした。我々は今回、18年ぶりの肉声をうかがおうと、ご出発前の会見を宮内庁に要請していたのですが、これも完全に振り出しに戻った格好です」

 一方で4月には、一連の御代替わりの儀式の締めくくりとして、秋篠宮さまが皇位継承順位1位となられたことを宣明する「立皇嗣(りっこうし)の礼」が執り行われる。

「その中心儀式である『立皇嗣宣明の儀』は、4月19日に皇居宮殿・松の間で行われますが、コロナの影響で、当初予定されていた約350人の参列者は約50人に減らされました。さらに“密閉・密集・密接”を避けるべく、松の間を開け放して行う方向で調整が進んでいるのです」(同)

 2日後の4月21日には、

「三権の長や各国駐日大使など、計およそ730人の招待客をもてなす『宮中饗宴の儀』が2回にわたって立食形式で催される予定でしたが、こちらもすでに中止が決まっています」(同)

 平安時代ならば疫病は「物の怪」の仕業として陰陽師の出番となるところだが、ご公務のキャンセルが続く秋篠宮家では、東京・丸の内の博物館「インターメディアテク」に勤務される眞子さまも、ご自宅でテレワークなさっており、

「皇嗣職の説明では、ご一家は先々のご公務も見据えられ、これまで手掛けられなかった『宿題』をなさっているとのことでした」(同)

 皇室ジャーナリストの神田秀一氏が言う。

「眞子さまと小室圭さんとの問題も尾を引く中、ムードを変えるよい機会だったのですが、秋篠宮家にとっては幸先のよろしくない形になってしまいました」

 令和の世に、時ならぬ暗雲が垂れ込めつつある。

「週刊新潮」2020年4月9日号 掲載

関連記事(外部サイト)