再審無罪確定の西山美香さん 大西裁判長の「説諭」と「判決文」に涙が出た

「最近は裁判官が判決朗読の後、余計なお喋りをする」と批判する向きもある。少なくともこの日に限っていえば、そんな声は雑音でしかない。

 結論はわかっていた再審裁判だが、この日のハイライトは「説諭」と呼ばれる裁判官の「被告人」への語りかけだった。

 3月31日の大津地裁。24歳の時に殺人罪で逮捕されてから16年目の元看護助手・西山美香さん(40)に対し、大西裁判長は冒頭、「主文、被告人は無罪。もう一度言います。西山さんは無罪」と名前で呼びかけ無罪を言い渡し、1時間半近い判決文朗読を終えた正午前のことだ。嘘の供述をしたことを後悔し気に病んでいるかもしれませんが、問われるべきは捜査手続きの在り方です。(中略)嘘偽りのない西山さんを多くの人が支えてくれた。もう嘘をつく必要はありません。等身大の自分と向き合い自分を大切にしてください。今日がその第一歩です」など10分以上も温かい言葉をかけた。大西裁判長本人も涙顔だった。

 西山美香さんはもちろん、傍聴席最前列で見守った母令子さん(69)はずっと泣いていた。「裁判長、ありがとうございました」を繰り返し、夫輝男さん(78)に車椅子を押されて退廷した。

 新型コロナウイルス問題で傍聴席は二席ずつ空けることになり、一般傍聴券が15枚しかなかった中、筆者は奇跡的に高倍率の抽選を当て、法廷では最前列に座った。証言席に来るまで弁護団席に座っていたマスク姿の美香さんと目で挨拶した。緊張し切っていたはずの彼女が挨拶を返してくれた。

 筆者の真後ろで傍聴した「布川事件」の櫻井昌司さんは閉廷後、「俺の時(再審判決・水戸地裁)はあんな言葉なんもなかったよ」と羨ましそうに話した。

 西山さんは03年5月に湖東記念病院(滋賀県東近江市)で72歳の男性患者を呼吸器のチューブを外して殺した、とされ12年間服役、2017年8月に満期出所した。獄中から「私は殺していません」と無実を訴え続けていた。この日の判決は「自然死の可能性が高い。事件性すら証明されていない」と断じた。

 西山美香さんは、当時、「呼吸器が外れたことを知らせるアラームが鳴ったのに放置した」として業務上過失致死容疑で厳しく調べられていた同僚の正看護師を「シングルマザーだから逮捕されたら大変」と守ろうとして突然、「自分が呼吸器のチューブを外した」と虚偽自白した。「鳴ってたはずや」という厳しい傍証としての聴取に「鳴った」と嘘を言ってしまったことで、正看護師がノイローゼになったことを苦にしていた。突飛すぎる自白の背景には「飴と鞭」とも知らず「優しい男性だ」と恋してしまった取り調べ刑事(山本誠)の気を引きたかったこともあるが、軽度の知的障害でそんなことを言ったらどうなるのかわからなかった。

 大西裁判長は「恋心を利用した刑事の誘導」などと捜査を断罪、自白の信用性どころか任意性も完全否定した。

 待ちわびる支援者の前に出てきた西山美香さんは「ああいう言葉を聴けると思わなかった。嬉しかった」と、ふたたび涙を流した。そして和歌山刑務所で一緒だった、東住吉区の放火殺人の冤罪被害者の青木恵子さんに「獄友でした」とからかわれて花束を渡される頃から笑顔になった。刑務所で青木さんに強く励まされたことも西山さんを支えた。

 記者会見では「裁判長が被告人ではなく西山さんと言ってくれて嬉しかった」「もう、湖東記念病院の西山さんと言われないで済む。はやく平凡な普通の生活に戻りたい」などと話した西山さんは潔白を示すため白い服を着ていた。青木さんも白いドレス。西山さんは「青木さんの(服の)方が高いんです」などと笑わせる余裕も見せた。

 山本誠刑事は女性警官を取調室に入れずに西山さんと二人きりになって好き勝手な調書を作り、滋賀県警は西山さんの恋愛感情を組織としても利用した。

■アラームの矛盾


 とはいえ、捜査陣は、呼吸器を外したのにアラーム音が鳴っていないという矛盾を解決しなくてはならなかった。調べるうちに消音機能に目を付けた。押せば音が止まるが1分後には再び鳴る。だが1分経たないうちに押せば鳴らない。それを知った山本刑事は西山さんが「頭の中で秒を数えて60になる前に押した。男性が死ぬまで繰り返した」と供述したという調書をねつ造する。だが元来、看護助手には呼吸器を扱う資格はなく、西山さんがそんな仕組みを知っていたはずもなかった。すべて山本刑事の捏造だった。

 主任弁護人の井戸謙一氏(66)は元裁判官。裁判資料を緻密に読み込むうち、不自然な西山美香さんの供述の変遷に気づき、「おかしい、取り調べ刑事に誘導されている」と感じた。男性患者の血中カリウム値が極端に低かったことなどから、再鑑定の結果、致死性の不整脈で患者さんが自然死した可能性の高いこと。さらに山本刑事の不正な誘導やインチキの調書づくりなどが判明した。

 大津地検は4月2日、早々と控訴を断念し、西山さんの無罪が確定した。

 再審公判二回目の結審時に検察は「確定審まで通りの主張はするが新たな有罪立証はしない」とし論告求刑も放棄した。再審裁判では検察が完全に白旗を挙げる無罪論告もあるが、それはしない。無罪を認めないのなら有罪を主張して懲役何年とか論告求刑すればいいはずだ。検察は当初は争う姿勢も見せたが、県警が患者が酸欠による窒息死以外の可能性を示唆する鑑定など不利な証拠を検察にあげていなかったことがわかると、事実上、白旗を挙げたのだ。大津地検で「出鱈目調書」を作成したのは現在、福島地検検事正に出世している早川幸延検事だ。優秀な井戸弁護士相手に争うと、薄々、無実とわかっていながら立件を進めてきた経緯が暴露するからだ。

 若い大西直樹裁判長は「取り調べや証拠開示などが一つでも適切に行われていれば、逮捕起訴はなかったかもしれません」「西山さんの15年を無駄にしてはならない。刑事司法に関わる関係者が自分のこととして考え、改善に結びつけなくてはならない」と語った。再審無罪の判決でもこのような言質は異例だ。

 不正な捜査に触れずに「自然死であり殺人ではないから無罪」だけでも判決文を書けた。しかし大西裁判長は警察、検察、そして裁判所の在り方について勇気をもって問いかけたのだ。「西山さんが否認しても供述調書にされず、その一方で大量の自白調書が積み重ねられました」「15年の歳月を経て初めて開示された証拠が多数ありました。一つでも適切に開示されていれば本件は起訴されなかったかもしれません」「警察、検察、弁護士、すべての裁判官が今回の事件を人ごとに考えず、自分のこととして考え、改善に結び付けなくてはなりません。西山さんの15年を無駄にしてはなりません」などと指摘した。これは裁判所の記録としては残らないが、永遠に残すべき発言だ。

「ヒラメ(上ばかり見ている)裁判官」だらけの裁判所にあって、若い裁判官たちが大西裁判長のように変わってほしい。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年4月9日 掲載

関連記事(外部サイト)