コロナ禍で大流行「オンラインMTG」天国と地獄 “えっ62%もコストダウン!?”

コロナ禍で大流行「オンラインMTG」天国と地獄 “えっ62%もコストダウン!?”

新型コロナ禍で急速に広まっている「オンライン会議の天国と地獄」とは(※写真はイメージ)

 営業コンサル界(そんな業界あるかわかりませんが)の自称007、Kでございます。007=ホームページもない/有名でも無いけど顧客多くて凄腕っていう意味になります。

 文字や数字をやたらと図にする可視化スキルを活かし、可視化屋と称しております。

 経歴としては……リクルート社に新卒から14年勤務し、営業万年ビリ〜MVP常連まで経験。マネジメントも経験しましたが、部下にボコボコにされるところからスタートしてS評価までゲット。

(MVPとは、所属する営業組織において月間や四半期でNo.1の成果を獲得した者1名に与えられる表彰。S評価とは、半期査定において目標値を大きく超えた成果を創出した場合に与えられる評価ランクを指します)。

 その後はベンチャーに転職し、高速出世→同僚への陰口がバレて閑職に回され逃げるように退職するなど器の小さい、恥の多いジェットコースター人生を経て、今は常時15社様をお手伝いしている42歳です。

 縁ありましてご覧の皆様に何かお役に立てるものを書く場を頂戴しました。早速ですが、新型コロナ禍で急速に広まっている「オンライン会議の天国と地獄」について述べてみたいと思います。

●天国のオンライン会議9つの掟
(1)ツール=映像音声が安定している環境で会議が実施されている
(2)アジェンダ=何をどういう順番で共有議論するか?が決まっている
(3)事前共有=(2)のアジェンダが事前にメールなどで共有されている
(4)司会進行=誰が主に会議をリードするのか?が明確
(5)資料=見やすい文字の大きさで書かれていて内容が的確
(6)画面共有=参加者に見せたい資料やWebサイトが即閲覧可能
(7)議事録=議事録役を配置し、皆が話したことが可視化&蓄積されている
(8)時間=コンパクトに30分程度、長くても1時間
(9)MTG後=議事録が即座に展開され次回のToDoと納期が明確になっている

●地獄のオンライン会議9つの罠
(1)ツール=不安定な映像音声のため会話聞き取れず会議にならない
(2)アジェンダ=目的不明な会議にアサインされ、何を議論するのか不明
(3)事前共有=アジェンダの事前共有なし
(4)司会進行=皆がミュートしないまま好きなタイミングで話す
(5)資料=文字が小さすぎて画面共有で見づらい
(6)画面共有=この機能を使わずメールで会議中に資料を送ったりする
(7)議事録=誰も議事録を取らず何をどこまで会話し決めたのか不明に
(8)時間=議事録無いことも影響して会議時間が無駄に長い
(9)MTG後=議事録ないため誰も何もしない、つまり会議の意味なし

 さて、天国と地獄の大きな差、ご理解いただけましたでしょうか?

 有効活用すれば、年間労働時間の20-30%を占める移動工数を減らすだけでなく非常に効率的な議論進行ができるオンライン会議ですが、一歩間違えば無駄な時間の“増産工場”となり、「やっぱり対面だよね?」という残念かつ前時代的な結論を導きかねません。


■62%コストダウンに成功!


 2019年労働時間等実態調査集計結果(一般社団法人 日本経済団体連合会)によれば、一般労働者の年間総実労働時間は1998時間(2018年)です。その20-30%ですから、約400-600時間の移動を抑えることができるのがオンライン会議ということになります。

 年収500万円の方の時給で計算すれば、通常2000時間労働として時給2500円ですが、オンライン会議を駆使すれば、労働時間は1600時間に短縮されると仮定し、なんと時給3125円つまり1.25倍になる計算です。

 つまり、オンライン会議スキルを搭載するだけで、25%時給もしくは生産性がUP!!! これはやるしかありません。そしてご自身だけでなく、周囲の皆様やお客様にもオンライン会議スキルを装着していただき、皆で移動工数を減らせば全ての人が25%時給UPという着地になります。経済への貢献度も一定量あると認定してよいかと思います。

 では、どうやって地獄から抜け出すのか?

 9つの罠の内、どれから着手するのか?についてです。

 実は、解決してほしい項目か1〜9の順に並べてあります。そうです、オンライン会議天国への道の「一丁目一番地」はツールの選択です(ネットワーク環境があまりにも脆弱な方はそこもテコ入れ必要ですが)。コスト投下していただいても全くムダにはなりません。ぜひ良いものを使いましょう。

 このコストの投資対効果ですが、年間の移動交通費と比べてみてください。会社への通勤交通費が月間3万円として年間36万円。これに顧客訪問におけるコストを月間2万円と試算して年間24万円。1名あたり仮に60万円が必要になっています。

 社員100名だとすると60万円×100名=年間6000万円必要なところ、これがもしオンラインMTGならば、ツール代が1名あたり年間3万円だとして……
A:オンラインMTGツール代3万円×100名=300万円
B:とはいえ必要な移動交通費年間20万円×100名=2000万円

 A+B=合計2300万円! ということで約62%のコストダウンに成功!というわけです。企業規模にもよりますが、当然利益にもインパクトを出せるかもしれません。

 この記事をご覧になった社長様、経営者様、社員の皆様。騙されたと思って、オンラインMTGツール環境整備とスキル装着は全社員にやってあげてください。アフターコロナの世界観で一気に巻き返しできるかどうかの1つの基準になるかと思います。

 社員の皆様は経営ボードの方々に是非働きかけてみてください! 利益インパクトを出しながら、社員の働き方改革してみませんか?と。

 ちなみに私のコンサル先では自社のオンラインMTG使いこなしは勿論のこと、コンサル先のその先のお客様企業に対しても、オンラインMTG化を促進してあげて「“あなた達のおかげで私達はオンラインMTG取り入れることができたよ、ありがとう!”と言われる立場を取れるよう働きかけてください」とお願いしております。

 ピンチはチャンス。大変と書いて“大きく変わる”。よく言われることですがぜひトライしてみましょう! ということでやたらと数字化する可視化屋Kでした!

可視化屋K
42歳、横浜市在住。リクルート社に14年勤務後、ベンチャー2社を経て独立。BtoBの営業組織専門コンサルティング業を営む。独自の文字や数字をやたらと図にする可視化スキルを活かし「可視化屋」として活動中。日本を代表する有名企業様から数名の会社様まで幅広くお手伝い。人生30000日82年。全ての出会いに感謝をモットーとする。ホームページは無く、あくまで暗躍志向。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年4月9日 掲載

関連記事(外部サイト)