富川キャスター感染 「接触を8割減に」を訴えるテレビの欺瞞

富川キャスター感染 「接触を8割減に」を訴えるテレビの欺瞞

富川悠太キャスター

「報道ステーション」の富川悠太キャスターの新型コロナ感染の報は、衝撃をもって受け止められた。毎日同番組を見ていた視聴者にとっては、まるで知り合いが感染したように感じられたのではないだろうか。他方、取材先との接触があり、対面での打ち合わせが多く、スタッフも多いテレビ局の労働環境の危険性を指摘する意見も従来から無かったわけではない。

 ***

 実のところ、画面の裏側もさることながら、表側においても十分に対策が取られているかはいささか怪しい。緊急事態宣言発令の直後、4月8日をサンプルに主要なニュース番組を検証してみよう。

 緊急事態宣言を受けて、8日の「ニュースウオッチ9」(NHK)は、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の副座長である尾身茂氏をスタジオに招き、現状の分析、今後の展望と注意点を語ってもらっていた。キャスターの問いかけに答えて尾身氏が強調していたのは、「人との接触を極力減らしてください。8割減にすれば収束は可能です」というメッセージだ。これはこのところ専門家会議、あるいは安倍総理が繰り返しているメッセージなのは誰もが知るところだろう。

「8割減」を実現すべく、テレビ各社も対応している。レギュラーコメンテーター、時にはメインキャスターがリモート出演する姿も珍しくなくなった。

 が、改めてニュースウオッチ9を見ると、不思議なことに気づく。尾身氏や出演者は申し訳程度に距離を取って話しているが、特に出演者は減っていない。男性アナウンサーと女性アナウンサーは通常通り出演しているし、「お天気お姉さん」もその場にいる。終盤に駆け込んでくるスポーツ担当のアナウンサーも相変わらず元気そうだ。

 百歩譲って、尾身氏は生出演することでメッセージに説得力をもたせるという意味はあったのかもしれない(それでもリモート出演も可能だろうが)。しかし、その他のレギュラー出演者にどの程度の意味があるのだろう。


■原稿は1人でも読める


 そもそも彼ら、彼女らは決まった原稿を読む仕事。こんなに人数が必要なのか、というのはこうした事態になる前から指摘されていたことである。お天気もスポーツも読むのに国家資格も何も要らないのだ。

 かつて、テレビのニュースはもっと無味乾燥なものだった。そこに演出的な要素が盛り込まれるようになったのは、「ニュースセンター9時」(NHK:1974年〜)とも「ニュースステーション」(テレビ朝日:1985年〜)とも言われる。

 前者の場合、初代メインキャスターはNHK職員の磯村尚徳氏で、当初パートナーの女性は不在。ただし、スポーツ担当(男性)とお天気担当(女性)はいたようだ。

 後者は久米宏と小宮悦子のコンビで人気を博した。そこにさらにスポーツ担当、お天気担当、コメンテーター等々がそろうようになった。「ニュースウオッチ9」に限らず、現在、多くのニュース番組は「ニュースステーション」の亜流だとも言えそうだ。

 そして「8割減」が叫ばれる中、主要ニュース番組のキャスター陣の出演態勢を見てみると、以下の通り(すべて4月8日)。

「ニュースウオッチ9」(NHK)
スタジオ出演者5名
(内訳)キャスター2名、解説者1名、お天気担当1名、スポーツキャスター1名

「報道ステーション」(テレビ朝日)
スタジオ出演者6名
(内訳)キャスター3名、解説者1名、お天気担当1名、スポーツキャスター1名

「news zero」(日本テレビ)
スタジオ出演者6名
(内訳)キャスター2名、解説者2名、お天気担当1名、スポーツキャスター1名

「news23」(TBS)
スタジオ出演者2名
(内訳)キャスター2名  ※小川彩佳アナなど他の出演者3名は別スタジオから

「Live News it!」(フジテレビ)
スタジオ出演者7名
(内訳)キャスター3名、解説者2名、お天気担当2名

「news23」が比較的コンパクトにまとまっているが、他は相変わらずスタジオ内に複数の原稿を読む人たちを配置しているようだ。常に男女がペアで座っている構図は、あたかも彼らが批判している「夜のお店」にも似ている。

 もちろん、現場では感染しないよう苦心をして、配慮はなされているのだろう。しかしながら、一般の企業が「お国の方針だから」とヒイヒイ言いながら慣れぬリモートワークや時差出勤に取り組んでいる中「自粛」を呼び掛けている当人たちが、頼まれもしないのに元気に勢ぞろい、というのでいいのだろうか。

 とりあえず、スタジオの人員を4名から1名にすれば接触率は格段に下がるし、メッセージがより説得力をもつというものではないか。

デイリー新潮編集部

2020年4月14日 掲載

関連記事(外部サイト)