専門家はほぼゼロ「コロナウイルス研究の失われた10年」を考える

専門家はほぼゼロ「コロナウイルス研究の失われた10年」を考える

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所HPより)

 いまひとつ新型コロナウイルスを把握しきれていない、どのような心構えで今のコロナ禍と向き合えばよいか。そんな不安を抱える方が少なくないのは当然のこと。実は、コロナ研究の専門家は世界を見渡してもほぼ皆無なのだとか。東京オンコロジーセンター代表の大場大氏、国立がん研究センター研究所 がん幹細胞研究分野分野長の増富健吉氏は共にがんを専門とする。専門外領域のふたりだが、目からうろこの指摘が続いた。

 ***


■「風邪ひきウイルス」扱いだった


大場:テレビをつけると、「クラスター」「オーバーシュート」「ロックダウン」という業界用語が飛び交い、ワイドショーや報道番組で「専門家」枠として露出機会の多い常連さんがいますよね。あの辺の人選はテレビ局側が決めているのでしょうけれど、冷静にその人たちの背景をみると、一体何の「専門家」なのかよくわからないことがあります。

 中でも群を抜いてメディア登場回数の多い岡田晴恵氏は、これまで150本近くのテレビ出演数があると言います。国立感染症研究所(NIID)の研究員としての職歴があり、現在の所属は白鴎大学教育学部の教授。白鴎大学に医学教育機関なんてあったっけ? と最初に思いました。

 岡田氏の大学職員プロフィール欄には専門分野として感染症学、公衆衛生学、児童文学と書かれています。個人的には、現場で何もリスクを負っていない人間が公の場であれこれ語り過ぎることに大きな違和感を抱いてしまうのですが。そこで、未曾有の疫病に対する「専門家」の役割について、どのようにお考えでしょうか。

増富:まあ、個人名はさておき、その前に申し上げておくと、そもそもコロナウイルス自体が「風邪ひきウイルス」という取り扱いだったわけです。SARS (重症急性呼吸器症候群)とMERS(中東呼吸器症候群)が問題になって初めてコロナウイルスに対する危機感をウイルス研究者はじめ、世界が認識したというのも事実です。

 ところが、SARSとMERSの際も、今回ほどの世界的パンデミックに至らなかったということが、「コロナウイルス研究の失われた10年」を招いてしまった要因かもしれません。

 これは研究者の敗北であり、本当はSARSないしはMERSが発生した際、世界中の研究者と政治家がこのウイルスに対する危機を認識して、集中的に研究に取り組むべきだったというのが最大のポイントです。つまり、そもそもコロナウイルス自体を研究対象として専門的に取り扱う研究者が日本はじめ世界を見渡してもほとんどいないという状況で、今回のパンデミックに至ったわけです。


■ワンチームとなって


大場:コロナ、コロナと気軽に言ってしまいますが、コロナウイルスについて一度整理をしておく必要がありますね。人から人へ感染が蔓延する「風邪ひきウイルス」のコロナは4種類あって、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1となります。

 HCoVはHuman Coronavirusヒトコロナウイルスの略称。一方で、動物(宿主)から人へ感染して疫病となる「重症肺炎ウイルス」が、かつてのSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)。SARSの宿主はキクガシラコウモリで、MERSのそれはヒトコブラクダと確認されている。

 今回のコロナはまさに2019年新型(novel)重症肺炎コロナウイルスで、2019-nCoVとこれまで表記されていたようですが、国際ウイルス分類委員会で最近「SARS-CoV-2」と命名されました。SARS-CoV-2によって発症した疾患群をまとめて「COVID-19(coronavirus disease 2019)」と世界保健機関(WHO)が定義しています。「コビッド ナインティーン」という呼び方になります。

 あと、表面にいくつもの突起が付いたウイルスの電子顕微鏡写真がよくメディアにも登場してきますよね。あれは、ウイルスの形が王冠「crown」に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する「corona」という名前が付けられたようです(国立感染研究所 コロナウイルスとはhttps://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/9303-coronavirus.html)。プラス鎖の一本鎖ゲノムを有した「RNAウイルス」です。

増富:では、「専門家」の話に戻ります。公衆衛生学、疫学、医療統計学、コロナウイルスに比較的近いウイルスとして分類されているインフルエンザウイルスやC型肝炎ウイルス、先進国ではほぼ根絶に近い状態にまでコントロールすることに成功しているポリオウイルスなどのウイルス学。これらに関する知識のある先生方がワンチームとなって、これからの打開策を打ち出してもらうしかないというのが実情だと思いますよ。

大場:要するに、コロナウイルスを専門的に取り扱う研究者が日本にはほぼ不在だということを自覚したうえで、各分野の専門家がそれぞれ知恵を出し合いながら、多職種連携のチーム体制が必要だということですね。先の岡田氏も公衆衛生学の専門家なのかもしれませんが、そこだけで全てを語ろうとするからいろいろ齟齬が生じてしまうのかもしれないですね。


■「コロナウイルス特有の対応策」が本当にあるのか


増富:繰り返しになりますけど、SARS、MERSの出現以前、コロナウイルス自体は人類にとってそれほどの「強敵」ではないという認識がありました。加えて、SARS、MERS以降の「コロナウイルス研究の失われた10年」のため、そもそもコロナウイルスの「専門家」は世界中を見渡しても数は少ないと思います。

 その数は、インフルエンザウイルスやC型肝炎ウイルス、麻疹ウイルス、ポリオウイルスなどコロナウイルスと同じ「RNAウイルス」に属するウイルスの研究者の数に比べると随分と少ないと思います。「コロナウイルス特有の対応策」が本当にあるのかすらわかっていない状況ではないでしょうか。

 現状、それぞれの専門家としての立場から、最善と思われるアドバイスをするという対応しかないのではないでしょうか。ただしメディアをはじめ一般の人たちは、「専門家」といわれるとやはり多かれ少なかれ、「新型コロナウイルスのパンデミックに関する専門家」と理解するわけです。その辺はどうしても受け取る側の「リテラシー」レベルも、ある程度問われるのではないかと思います。さらに言えば、今回の新型コロナウイルスのパンデミックに際して、医療従事者ですらその辺りのリテラシーの欠如は否めないと思います。

 医師たちもほとんど気にも留めていなかった元来は「風邪ひきウイルス」の名称がついたウイルスによるパンデミックですから。医療情報のリテラシーに関しては、むしろ大場先生のライフワークではないですか?

大場:今回のコロナ禍に関して、僕自身も知らない、わからないことばかりですから、情報の取捨選択スキルが個々で求められますし、場合によってはエセ情報を盲信してしまうリスクも潜んでいますね。風邪ひきコロナウイルスは229E、OC43、NL63、HKU1の4種類。重症肺炎コロナウイルスはSARSとMERS、そして今回の新型と併せて3種類。SARSとMERSのアウトブレイクの時に、ワクチン開発も含めて本気でコロナウイルス研究に取り組んでこなかったツケが今の混沌とした事態を招いていると理解しました。

週刊新潮WEB取材班

大場大 おおば・まさる
1999年 金沢大学医学部卒業、2008年、医学博士。2016年より東京オンコロジーセンター代表を務める。2009年−2011年 がん研有明病院。2011年−2016年、東京大学医学部附属病院肝胆膵外科。2019年より順天堂大学医学部附属順天堂医院肝胆膵外科非常勤講師。専門は、外科学、腫瘍内科学、消化器病全般。

増富健吉 ますとみ・けんきち
1995年 金沢大学医学部卒業、2000年、医学博士。2001年−2007年 Harvard大学医学部Dana-Farber癌研究所。2007年より現職。がん細胞の増殖と、コロナウイルスを含むRNAウイルスの増殖に共通の仕組みがあることを突き止めており、双方に効く治療薬の開発が可能かもしれないと考えている。専門は、分子腫瘍学、RNAウイルス学、RNAの生化学、内科学。

2020年4月15日 掲載

関連記事(外部サイト)