PCR検査の中身を知っていますか? 韓国の推奨政策と「数だけ議論」のワナ

PCR検査の中身を知っていますか? 韓国の推奨政策と「数だけ議論」のワナ

厚生労働省

「PCR」検査の実施是非について、「何だかその中身がよくわからない」という意見は少なくない。東京オンコロジーセンター代表の大場大氏、国立がん研究センター研究所がん幹細胞研究分野分野長の増富健吉氏は共にがんを専門とする。客観的な視点だからこそ、目からうろこの専門外領域対談――。


■「PCR」と呼ぶのは間違い


大場:僕も博士課程でPCR検査をやったことがあります。手順が大変で、慣れるまで四苦八苦していた記憶が。そこで増富先生、具体的に説明していただけませんでしょうか。

増富:大前提として、2点指摘をしておきます。
・今回の新型コロナウイルスは1本鎖のRNAウイルスであること
・「PCR」という言葉だけが一人歩きしすぎていること

 順番に説明していくと、新型コロナウイルスが「1本鎖のRNAウイルス」であるということは、このウイルス自体が「物質」として極めて不安定であることを意味します。患者さんから検体を採取してもその取り扱いの仕方次第では、「PCR」検査に持ち込むまでにウイルス自体が分解されてなくなる可能性もあります。

 次に「PCR」の中身に関してです。そもそもPCRという言葉は「2本鎖のDNA」を検出する技術のことで、正確にはコロナウイルスなどの「1本鎖のRNA」を検出する技術は「RT-PCR」といいます。新型コロナウイルスの拡大が報じ始められた初期には、この辺りをちゃんと正確に伝えようと努力していたメディアもいくつかありましたが、今となってはこの正確さを意識しようとする人すらいなくなりました。

 今回は100歩譲って、コロナウイルス検出の検査のためには、「PCR」検査は正しくは「RT-PCR」検査であることをあえて前置きした上で、「PCR」検査ということにします(本当は間違いです)。

 では前述の不安定な物質としてのRNAをうまくウイルスから分離することができたとしても、今回の「PCR」検査の中身がまた一筋縄ではいかないほど難しい。PCRはその基本原理として、特殊な試薬を加えたうえで温度を上げたり下げたりする「サイクル」を1サイクルとして、このサイクルを何度も繰り返します。


■これほどまでに難しい技術があるのかと…


 1サイクルで遺伝子が2倍になる。だいたいの科学的な研究領域においては20-25サイクルを繰り返すことで遺伝子を2の20乗倍から2の25乗倍にまで増やして検出します。しかしながらこのサイクル数が30回を超えてくる頃から、だんだんと増幅させたい目的の遺伝子以外のゴミの部分も増え始めて(非特異的な反応と言います)、科学的な観点でデータの正確性に疑問が持たれるようになります。

 35サイクル以上になると、場合によってはそのサイクル数が多すぎるという理由だけで科学的な信憑性を否定する科学者もいるほどです。今回の新型コロナウイルスの「PCR」検査に関して言えばこうした非特異的な反応が絶対に起こっていないということも確認をしたうえで検査方法を確立したわけですが、なんとそのサイクル数は40回(少し異なる方法では45回)と驚くべき回数なんです。すなわち、2の40乗倍以上に増やさなければ検出できないのです。「不安定なRNA」を無事に取り出せたとしても第二関門として40サイクルも繰り返さなければならないほど微量なRNAしかないということがあります。

 こうなると、「誰がやっても同じ結果が得られます」というほど安定した検査とは言い難いわけです。トレーニングを受けた人しか正確には検査を行えないと言っても過言ではないと思いますし、実際の現在の臨床現場でこれほどまでに難しい技術があるのかと思うほど難しいのではないでしょうか。専門的に言えば「陰性だったときに本当に陰性と言えるのか」という偽陰性の問題が必然的に出てくるのです。

 テレビメディアでは、やたら「PCR」検査の“数議論”が報じられていますがこの辺りの背景を本当にどれだけの人が理解しているのかはわかりません。本当は専門家が、「なぜ一朝一夕に検査数を増やすことができないのか」を解説する必要があったのですが、今となってはもう「PCR」検査の数議論自体が増幅しすぎ、非特異的反応が起こりすぎ、という状況でしょうか。

 プロ野球のホームラン数について言えば、プロのピッチャーの球を誰もがホームランできないことが解っているからこそ「数だけ議論」に意味があるわけです。当初、国立感染症研究所が検査技術について広く公開したのにはこうした背景があるわけですが、最近はもう少し簡易的な方法の開発も急がれているようですので局面の打開を期待はできるかもしれません。


■2倍程度の感染者数


大場:なるほど、新型コロナウイルスのPCR検査は精度管理がとても難しい手法だと理解しました。「誰がやっても同じ結果が得られる」ような安定した検査ではない。PCR陰性という結果が出ても、本当にSARS-CoV-2感染なしとは言い切れないわけですね。

 最近、僕が外来で抗がん剤を投与していたがん患者さんが、新型コロナウイルス感染による重症肺炎になってしまいました。2週間以上発熱が続いていて、CTで肺炎像もあったのでCOVID-19ではないか、専門の診療チームに頼んで診てもらったんです。1回目の鼻腔からのPCR結果は陰性。それで本人も医療者も安心していったん帰宅していただいたのですが呼吸困難が出現。

 2日後に再度CTを撮るとかなり速いスピードで肺炎が悪化していました。2回目の鼻腔からのPCRでもやはり陰性でしたが、喀痰のPCRで陽性と判明し、そこでようやくCOVID-19だと診断されたわけです。確定診断がPCR頼みである現状、PCR陰性でも新型コロナウイルスに感染している人は少なくないかもしれません。

増富:はい。「数だけ議論」の続きになりますが、私は個人的には全体の罹患者数に関しては独自の考え方を持っています。「今となっては」論じることが可能という前提で聞いてください。2カ月前の日本には当てはまりません。

 4月16日現在、日本では爆発的感染が何とか食い止められているという状況です。一方で、世界各国では爆発的感染が起こってしまっているという状況では、検査なしでも罹患者数はある程度推測できます。それは、世界のCOVID-19による致死率と場合によっては重症化率に注目するのです。

 世界での致死率はおおよそ1%−13%程度で平均は6%程度とレポートされています。本日現在、日本ではまだ医療崩壊には至っていないとすると、日本の医療水準は世界トップクラスなわけですからおそらくドイツでの致死率と同程度かそれ以下と推測します。すなわち1.0−2.0%くらいの致死率と推測され、実測値もほぼこの数値です。日本での死者数は178人(4月15日 現在)ですから、罹患者数はおおよそ、9000人から1万8000人と見積もることができると思っています。

 もちろん、この数は今後、爆発的感染がおきれば一気に増えていくのですが。同じ論理で世界での重症化率を指標として罹患者数の推測が可能です。いずれにしても現在、PCR陽性とわかっている数の少なくとも2倍程度の感染者数がいると推測はできます。

「テスト、テスト、テスト」で、感染している人をしっかり把握(特に症状のない人)していくこと自体は感染を広げないためにも有効な手だてですので、「PCR」検査自体を否定する意図はありませんが、数だけの議論は危険に思います。


■韓国の甲状腺がんスクリーニング


大場:「数だけ議論」に批判的吟味が必要であることには賛同します。テレビ出演しているコメンテーターたちの中には、PCR検査をもっと増やさないと新型コロナウイルス感染者の全体把握ができないから国内発表データはいい加減だ、お隣の韓国はどんどんPCR検査をやることで感染コントロールに成功しているじゃないか、と主張をされる人たちがいますよね。

 4月15日13時現在までの最新データをみると、国内でのこれまでのPCR検査実施数は9万4236件に対して、陽性者が8626人。うち死亡者数178人(致死率 2.1%)。一方、韓国ではPCR検査数53万4552件に対して、陽性者1万613人。うち死亡者数229人(致死率 2.2%)。検査件数では圧倒的に韓国の方が上回っていますが、致死率はほとんど一緒。人口が異なるので、人口100万人あたりの死亡者数をみると、日本 0.14に対して韓国 0.44 と日本の方がまだよいというファクトを冷静にみるべきでしょう。

 韓国のPCR推奨政策をみて、すぐに思い浮かべたのが甲状腺がんスクリーニングの話です。国策として、甲状腺超音波検査を広く普及させたことで、もともと予後が良好であるはずの甲状腺がんがたくさん発見されたわけです。

 それと同じような事例が、福島県内でも起こりました。東日本大震災時の原発事故による放射線被ばくリスクを懸念し、甲状腺超音波検査をどんどん介入させたことで、多くの甲状腺がんが見つかり、対象が小児であってもたくさんの手術が行われたようです。これを得策ととるのか愚策ととらえるのかは意見がわかれるでしょうが、検査を増やせば増やすほど疾患数が増えるのは新型コロナウイルスにも当てはまりますね。

 新型コロナウイルスに感染しても、ほとんどが風邪ひき症状のままで終わってしまうのだと思います。現在、PCR陽性者の半数以上を占める「無症状あるいは軽症者」に対して、あまりヒステリックになり過ぎるのもどうかと。すべて要入院とされると、貴重なベッドも人も取られてしまうわけですから医療崩壊の原因になりうるわけです。

 人口の異なる他国とデータを比較する際は、致死率や人口100万人あたりの死亡者数に注目するのがよいでしょう。
(https://coronavirus.jhu.edu/data/mortality)

週刊新潮WEB取材班

大場大 おおば・まさる
1999年 金沢大学医学部卒業、2008年、医学博士。2016年より東京オンコロジーセンター代表を務める。2009年−2011年がん研有明病院。2011年−2016年、東京大学医学部附属病院肝胆膵外科。2019年より順天堂大学医学部附属順天堂医院肝胆膵外科非常勤講師。専門は、外科学、腫瘍内科学、消化器病全般。

増富健吉 ますとみ・けんきち
1995 年金沢大学医学部卒業、2000年、医学博士。2001年−2007年 Harvard大学医学部Dana-Farber癌研究所。2007年より現職。がん細胞の増殖と、コロナウイルスを含むRNAウイルスの増殖に共通の仕組みがあることを突き止めており、双方に効く治療薬の開発が可能かもしれないと考えている。専門は、分子腫瘍学、RNAウイルス学、RNAの生化学、内科学。

2020年4月17日 掲載

関連記事(外部サイト)