「聖帝」として知られる仁徳天皇 歪んだ「毒子」が犯した数々の惨劇のワケ

 子供の人生を奪い、ダメにする「毒親」。近年、盛んに使われだした言葉だが、もちろん急に親が「毒化」したわけではない。古代から日本史をたどっていくと、実はあっちもこっちも「毒親」だらけ――『女系図でみる日本争乱史』で、日本の主な争乱がみ〜んな身内の争いだったと喝破した大塚ひかり氏による連載第2回。スケールのでっかい「毒親」と、それに負けない「毒子」も登場。日本史の見方が一変する?!


■皇位継承を巡る兄弟間の争い


 医者や教師、会社社長など立派な肩書きを持つ人、尊敬されている人の子が、ぐれたり、引きこもったり、最悪、親きょうだいを殺傷したりすることがあります。

 2006年には、医師である父に虐待的に勉強を強いられていた長男が、家に火を付けて弟妹と継母を殺した事件もありました。その根に父の存在があったことは言うまでもなく、毒親(と言うにはあまりにひどい親ではありますが)へ向かうはずの憎悪が弱い立場の親族や、毒親が愛情を注ぐ対象に向けられるというのも、ありがちなことです。

 そこで思い起こされるのは、「聖帝」とか「賢王」「賢主」と呼ばれる人たちの親子きょうだい関係です。

 民のかまどに煙が立たぬのを見て課役を3年間やめた“聖帝”(『古事記』)として名高い仁徳天皇は、父・応神に対しても従順な孝子として描かれています。応神が「そなたらは年長の子と年少の子とどちらが可愛いか」と、年長の子であるオホヤマモリノ命とオホサザキノ命(のちの仁徳天皇。以下、仁徳)に尋ねた際、オホヤマモリが「上の子が可愛い」と答えたのに対し、仁徳は「下の子が可愛い」と答えた。仁徳は父・応神が下の子であるウヂノワキイラツコに皇位を譲りたいという意を汲んで、今のことばで言えば「忖度して」そう答えたのです。

 こうしてウヂノワキイラツコは『古事記』によれば“天津日継”を保つよう父に言われ、天皇死後、仁徳は父の命に従って、“天下”をイラツコに譲った。

 末子相続説さえある当時、下の子のウヂノワキイラツコが皇位を継ぐのはさほどおかしいことではないとしても、彼の母の身分はオホヤマモリや仁徳の母たちと比べて劣っている(前回参照)。

 納得いかないのは年長の子であるオホヤマモリです。

 彼は父の崩御後、その遺志に背いてさっそく弟のウヂノワキイラツコを殺そうと兵を準備します。ところが、そのことを仁徳がウヂノワキイラツコに告げたため、兄のオホヤマモリは返り討ちにあって殺されることとなります。

 問題はそのあとです。

 残されたウヂノワキイラツコと仁徳は皇位を譲り合い、『古事記』によればウヂノワキイラツコが先に崩御したため、『日本書紀』によれば自殺したため、仁徳が即位したというのですが……。

 上の兄を殺してまで皇位を守ったウヂノワキイラツコが、下の兄の仁徳とは皇位を譲り合ってあっさり死んだというのはあまりに不自然です。

 ウヂノワキイラツコは『播磨国風土記』では“宇治天皇”と記されている。

 朝廷が『古事記』『日本書紀』を編纂したのとほぼ同時期、編纂が命じられた『風土記』には、ヤマトタケルノ命や神功皇后も天皇と記されていて、歴代天皇が確定する以前の実態が反映されています。ウヂノワキイラツコは応神死後、皇位についたと見て間違いないでしょう。『古事記』にも彼は“天津日継”を受けた(皇位を継承した)とはっきり書かれています。

 一方、『日本書紀』では父の死後も“太子”と記されていますが、父が死ねば太子は即位するのが普通です。現に『古事記』では父の死後、兄の仁徳が“天下”をイラツコに譲ったとも書かれていて、この時点でイラツコは即位した可能性が高い。

 一連の流れを考えれば、実は仁徳もはじめから皇位を狙っており、三兄弟の皇位継承争いに結果的に勝利した、あるいは実質的に皇位についていたウヂノワキイラツコを死に追いやったと見るのが自然ではないでしょうか。

■聖君伝説ときょうだい殺し――大事なのはウヂノワキイラツコの母系の血筋


“聖帝”仁徳のきょうだいで死んだのはオホヤマモリとウヂノワキイラツコだけではありません。

 仁徳は葛城地方に住む豪族のイハノヒメノ命を皇后(当時は大后)にしていましたが、亡きウヂノワキイラツコの実の妹であるヤタノワカイラツメと結婚し、イハノヒメの恨みと怒りを買っていました。それでも懲りずにさらにその妹のメドリノミコ(以下、メドリ)を娶ろうとして、異母弟のハヤブサワケノ命を使いに出します。

 ところがメドリは、

「皇后が強いからといってヤタノワカイラツメにまともな処遇をしていない人になど私はお仕えしたくありません。あなたの妻になります」

 と宣言し、使いのハヤブサワケを選ぶのです。このあたり古代の女ですね。因幡の白ウサギで名高い大国主神の神話でも、目の前の求婚者たちではなく、彼らの荷物持ちをさせられていた大国主神(当時はオホアナムヂノ神)を選んだのは女(ヤカミヒメ)のほうでした。

「私はあなたたちの言うことは聞きません。オホアナムヂと結婚します」

 という言い方もそっくり。

 話を仁徳に戻すと、そんなふうにメドリは仁徳ではなく、使いとしてやって来たハヤブサワケを夫として選びます。仁徳はいつまで経っても戻らぬハヤブサワケに業を煮やし、しばらくして直接メドリのもとに出かけます。そして機織りをするメドリに、

「誰のために織っているの?」

 と歌に乗せて問うと、

「空高く行くハヤブサワケのため」

 と答えるではありませんか。

 しかもメドリは、夫のハヤブサワケに謀叛を勧める歌をうたいます(『日本書紀』ではハヤブサワケの舎人らがうたっている)。

「ヒバリだって空を翔るじゃない。ましてあなたは天空高く行くハヤブサワケ。スズメ(サザキ)なんて取ってしまいなさい」(“雲雀は 天に翔る 高行くや 速総別 雀取らさね”)

 スズメ(サザキ)はもちろんオホサザキ、仁徳のことです。

 これを聞いた仁徳は、二人を殺そうと考え、実行するのです。

 ここから分かることは主として三つ。

 一つ目は、当時は、即位したあとでも皇位を奪おうという謀叛は起きうるということです。ウヂノワキイラツコが即位していたとしても、兄・オホヤマモリや仁徳が謀叛を企てるのは不自然ではありません。皇位といっても平安時代のような安定的なものではないのです。後世でいえば戦国武将の家督争いや天下取りのような感覚でしょう。

 二つ目は、“聖帝”と呼ばれる仁徳は、間接的にではありますが兄・オホヤマモリを殺し、異母弟・ウヂノワキイラツコを死に追いやり、異母弟・ハヤブサワケと異母妹・メドリを殺したということです。からも分かるように、“聖帝”は合計4人の異母きょうだいを間接的・直接的に殺しています。

 三つ目は、仁徳にとって同じ異母きょうだいの中でも、ウヂノワキイラツコの血筋が重要であったということ。

 水谷千秋によれば古代の王族にとって「父方の親族は王位を争ういわばライバル同士」であるのに対し、「母方の親族こそが我がミウチ」という感覚です(※1)。

 仁徳がヤタノワカイラツメやメドリといった、ウヂノワキイラツコの同母妹を二人まで妻にしようとしたのは、彼女らが新政権に必要だったからです。

 古代の天皇は、姉妹をセットで妻にすることが多く、仁徳の父・応神も景行天皇の孫のホムダノマワカノミコの娘を3人も妻にしています。この一族と手を結ぶことが政権維持に有益だったからでしょう。仁徳もまた、父・応神が天下を譲ったウヂノワキイラツコと同腹の妹と結婚することで、亡きウヂノワキイラツコ側の支持を取りつけ、政権を安定させようとした、と私は考えます。

 ところがメドリは仁徳を拒み、ハヤブサワケを選んだ。

 これは、亡きウヂノワキイラツコ側の支持を取りつけたい仁徳にとって大きなダメージです。

 ウヂノワキイラツコと同腹のメドリの裏切りは、政権維持どころか、政権がひっくり返る事態に発展しかねない。

 仁徳がハヤブサワケだけでなく、メドリをも殺さねばならなかったのは、その影響力の大きさはハヤブサワケの比ではなかったからでしょう。

 メドリがハヤブサワケに「スズメ(仁徳)なんて取ってしまいなさい」と上から目線で謀叛を勧めたのも、メドリのほうがハヤブサワケより王権に近い位置にいるから。応神に正式に指名された太子(もしくは実質的な天皇)であったウヂノワキイラツコの同母妹のメドリには、それだけのパワーがあったわけです。

 そして、こうした兄弟たちの争いの根には、皇位継承の法則が確立していない当時の日本の状況に加え、身分や長幼を無視して下の子ばかり可愛がる父・応神の偏愛があった――と、考えるのです。


■女たちの思い


 話を戻して、メドリの立場で考えてみましょう。『日本書紀』によれば、古代、皇后は天皇と同等の地位でした(安閑天皇元年七月一日条)。メドリにしてみれば、仁徳が、メドリと同じくウヂノワキイラツコの同母妹であるヤタノワカイラツメを差し置いて、イハノヒメを皇后にしていたことは、許しがたい屈辱だったでしょう。もしもヤタノワカイラツメが皇后であれば、ウヂノワキイラツコと母を同じくする一族が天皇と同等の権力を持てる。けれど現状は違う。自分が仁徳の妻になっても、イハノヒメの下位に甘んじるという同じ屈辱的な待遇を受けるだけ。ならばハヤブサワケを利用して、政権を取り戻そう。

 そんなふうに考えたのではないでしょうか。

 一方、イハノヒメの立場になってみましょう。仁徳の皇后のイハノヒメは『古事記』では嫉妬深い女性とされていますが、『日本書紀』にはそうした記述はありません。そして『古事記』『日本書紀』に共通しているのは、ヤタノワカイラツメを夫が愛した時、恨み怒って公務を投げ出し、家出したことです。それはひとえにヤタノワカイラツメの血筋がとくべつで、皇后の地位を脅かされる、もっと言えば別の系統に王権をさらわれるのでは――という恐怖さえあったからではないか。

 葛城出身のイハノヒメは4人の皇子を生み、そのうち3人が即位しています。が、ヤタノワカイラツメが皇后になって皇子でも生めば、そちらに皇統が移りかねない。そんな危機意識さえあったのではないか。

 イハノヒメのヤタノワカイラツメへの怒りは、嫉妬の気持ちもさることながら、そうした危機意識によってふくらんでいるように思います。

 けれど、イハノヒメにとっては幸いなことに、ヤタノワカイラツメは子を生みませんでした。

 また、彼女の同母妹のメドリも、仁徳の妻になるのを拒み、ハヤブサワケに謀叛を勧めたために夫もろとも殺されたことも再三書いてきた通りです。

 そのおかげ……と言っては語弊があるかもしれませんが、イハノヒメの血筋はそのまま皇統に流れ続けます。武烈で皇統が途絶え、仁徳の父・応神の五世の孫にあたる継体に皇統が移るとはいえ、継体以下、三代にわたる天皇たちは、イハノヒメには曾孫に当たる仁賢の娘たちを皇后にすることで、新政権を強化する。イハノヒメの血はそこに注ぎ込まれ、栄華は続いていくわけです。

※1 水谷千秋『謎の大王 継体天皇』(文春新書)

大塚ひかり(オオツカ・ヒカリ)
1961(昭和36)年生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒。個人全訳『源氏物語』、『ブス論』『本当はひどかった昔の日本』『本当はエロかった昔の日本』『女系図でみる驚きの日本史』『エロスでよみとく万葉集 えろまん』『女系図でみる日本争乱史』など著書多数。

2020年4月17日 掲載

関連記事(外部サイト)