「志村けんさん」「森捕手」「立憲議員」たちに見るコロナ禍の喜怒哀楽

「志村けんさん」「森捕手」「立憲議員」たちに見るコロナ禍の喜怒哀楽

志村けんさん

■ドリフに対して1つの後悔


 こんにちは、徳光正行と申します。48歳になった現在でも父・和夫からお年玉などを貰っている、不届きものな2世です。

 さて、彼の国からドカドカと入ってきたウイルスによって、我が国は未曾有の危機にさらされています。

 これまで最も衝撃を受けたのは志村けんさんの死でした。緊急速報でそれを知った時「なんで、志村けんが?」と感じた方も多いことと思われます。私もその一人でした。

 そしてその後、各テレビ局で流れる追悼特番を全部とは言いませんが拝見致しました。爆笑に次ぐ爆笑で“笑い涙”が止まりませんでした。48歳である私の笑いの原風景は、志村けんさんだと改めて感じたのです。

 故人を偲ぶ時、笑うという行為は不謹慎かもしれません。しかし、稀代のコメディアンである志村けんさんに対しての供養は、勝手が違ってもいいのではないか? と痛感した次第であります。

 ただ、志村けんさんに対して、そしてドリフに対して1つ後悔があります。それは小学3年生の頃、地元・茅ヶ崎の市民文化会館に「8時だョ!全員集合」がやってきた時、父から観覧を誘われたのですが、「家で『ひょうきん族』見るから行かない」と言ってしまったことです。

 今までもずっと後悔してきたのですが、志村けんさんの死でこのことをさらに強く感じてしまいました。しかし、追悼番組で高木ブーさんの言葉にもあったように、「志村けんは死なないしずっと生きている」と思うことにしました。

 ブラウン管の向こう側のスターを、平面のテレビの中でも追いかけ続けようと思っております。そしてコロナ禍で失態を演じてしまった方も目につきます。

 プロ野球界からは阪神タイガース藤浪晋太郎投手他数名、西武ライオンズ森友哉捕手。時期が違えば嘲笑こそ受けたとしても、そこまで非難されることでもなかったかと思われる事案でした。決して彼らを擁護するわけではないし、その自覚のなさ、危機管理能力の低さでお叱りを受けるのも理解できるのですが、そもそもスポーツ選手に何を求めていますか? 

 私はフィールドで観客を魅了してくれればそれでいいと思っています。時代が違うと言えばそうなのかもしれませんが、フィールド外のミスだけをあげつらうのは不憫に思えます。

 人類史上と言うと大げさにはなりますが、大衆の心を掴むような人物は、いい意味で常識が欠落しているような方が少なくなかったように思います。彼らはまだその域には行ってないとは思いますが、ここは1つお願いがあります。

 日本人いや日本の風土に触れ、穏やかな心を持った日本で暮らすすべての皆様、大きく温かい心でもって許容してあげていただきたい。「アホだけど、あいつの速球は凄いな」「バカだけど、あいつのホームランは気持ち良かったな」といった具合に。


■国会議員さんのセクキャバ訪問は


 少し偉そうな言葉になりますが、大先輩である梨田昌孝さんそして片岡篤史さんが現在置かれている状況を見聞きし、彼らは自身の軽率さを猛省することでしょう。

 もっとも、森友哉捕手の話(コロナ禍の最中に女性を呼んで濃厚接触)の是非を子(実子はいませんが)に問われれば、私はそれをマスコミに売った女性こそが卑怯者であると教えると思います。

 彼は無理矢理、女性を家に連れ込んだわけではありません。合意のもとで訪れてそれを雑誌社に売ることの方が、私が思う正義に反しているように思えますので。しかし、国民の血税で生きている国会議員さんのセクキャバ訪問はいただけませんな。

 高井崇志さん、私をはじめ男性諸氏もイチャイチャしたいけど我慢しているんです(フェミニズム団体にお叱りを受けそうだけど事実)。なぜなら、一国の宰相が緊急事態宣言を発令され、不要不急の外出を自粛するようにさらに強く言われたからであります。規範になるべき国会議員であるあなた様がこの時期に、濃厚接触をしてしまうなんてのは言語道断ですよ。

 コロナ禍が収束を迎えたとしても、今後数年の濃厚接触は禁止という“刑”を与えたく存じます。そして、内閣や政権与党には言いがかりも含めて大変厳しい発言をなさる立憲民主党副代表・蓮舫様の言葉が待たれるばかりです。

徳光正行
1971年12月生まれ。茅ヶ崎市出身。日本大学芸術学部在学中よりミュージシャンを目指すが、父の病により断念。その後、司会業やタレント業に従事する。また執筆活動にも着手し『伝説になった男〜三沢光晴という人〜』」『怪談手帖シリーズ』などを上梓。4月27日には岩井志麻子氏との共著『凶鳴怪談』を出版予定。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年4月18日 掲載

関連記事(外部サイト)