楽天市場から強制退店させられた「楽天ユニオン」委員長 本人は「今後も委員長は続けます」

楽天市場から「楽天ユニオン」勝又勇輝氏委員長が強制退店 日経新聞の記者にID教える

記事まとめ

  • 楽天は、送料無料化をめぐり、出店者たちによる団体「楽天ユニオン」と争っている
  • 楽天ユニオン委員長・勝又勇輝氏の運営するテナントが楽天市場から10日付けで強制退店
  • 楽天の管理システムに入るためのIDを、勝又氏が日経新聞の記者に教えたためだという

楽天市場から強制退店させられた「楽天ユニオン」委員長 本人は「今後も委員長は続けます」

楽天市場から強制退店させられた「楽天ユニオン」委員長 本人は「今後も委員長は続けます」

楽天の三木谷浩史会長兼社長

 送料無料化のサービスをめぐり、出店者たちによる団体「楽天ユニオン」と楽天は、激しい攻防を繰り広げてきた。結果、楽天は一律での無料化を断念。ユニオン側が“一矢報いた”格好だったが、楽天も黙ってはいなかった?ジャーナリストの角田裕育氏が取材した。

 ***

 楽天ユニオンの委員長・勝又勇輝氏は、これまで団体の“顔”としてメディアの取材に応じてきた。いってしまえば、楽天にとっては目の上のたんこぶのような存在であろうが、そんな勝又氏が運営するテナント「株式会社サンシャイン」は、4月10日付けで、楽天市場から強制退店させられてしまったのだ。

 その理由は、店舗管理に使う楽天の管理システムに入るためのIDを、勝又氏が日経新聞の記者に教えたためという。すでに『週刊ポスト』4月10日号も報じているが、一歩間違えれば、利用者の個人情報などが流出する恐れがあった。楽天の処分も当然ということか。

 もっとも勝又氏によれば、楽天の規約を記者が見たがったため、IDを教えてしまったという。改めて本人に聞けば、

「日経の記者に教えたのは事実で、それを理由に退店となりました」

 と言うものの、納得はいっていない様子だ。

「ですが、弁護士に相談したら、IDを教えたこと自体は違法ではないというんです。まあ正直、いま自分は楽天よりYahoo! などへの出店を進めているので、強制退店はどうでもいい。楽天ユニオン委員長は今後も続けていくつもりです……」

 代わって楽天ユニオン顧問弁護士の川上資人氏が、次のように語る。

「楽天とテナントとの契約書の中にIDを他人に教えてはならないという規約があるため、そこは勝又氏の違反があったことに関して言い訳できません。退店処分も規約にあり、不当とは言えないのですが……」

 と、勝又氏の不手際を認めるのだが、

「今回の措置は、テナント事業者が声をあげようとする行為への威嚇を狙ったものです。これが労働組合ならば、法で認められた『不当労働行為』で不当解雇だと地方労働委員会に救済を求めることができますが、楽天ユニオンはあくまで中小企業団体で、いわゆる労組ではない。法の適応ができません。下請け業者を法的に保護する法律がない現状を、浮き彫りにした出来事だと思います」


■楽天も歯切れがわるく…


 川上弁護士の言うとおり、楽天が「威嚇」を狙ったのかどうかは定かではない。しかし、楽天側も胸を張って行った対応とは言えないようだ。

 というのも、勝又氏の強制退店について楽天本社広報に確認すると、返ってきたのは、

「ご質問いただきました楽天ユニオンの代表者である勝又氏の強制退店について、 勝又氏は楽天市場に出店しているとのことですが、同氏の氏名等で登録されている店舗はなく、 勝又氏が出店している店舗について把握しておりません。 したがいまして、楽天では、楽天が、勝又氏の店舗との出店契約を解除したかどうかについて、 回答を持ち合わせておりません」

 となんとも奇妙な答え。ようは“勝又氏の店”は最初から楽天にないというわけだ。これは解説が必要だろう。

 週刊新潮は3月12日号で、送料設定などの違反で、過去に勝又氏が楽天を退店させられた事実を報じている。(デイリー新潮配信記事「『楽天』送料無料化騒動で時の人 楽天ユニオン代表に“違反で強制退店”の過去」)。そのため勝又氏は、親戚名義で店舗を運営していた。楽天側が「把握していない」と答えるのは、当然なのである。

「店の代表は、私の親戚であるTの名義になっています。が、実質私が運営することを楽天はもちろん承知しているはず」(勝又氏)

 そこで、改めて“勝又氏の親戚であるT氏の店”が強制退店になったかを広報に問うと、

「お問い合わせの件でございますが、 個別の店舗様の状況につきまして、楽天からは回答を控えさせていただきます。 ご理解賜れますと幸いです。 何卒よろしくお願い致します」

 “勝又氏名義の店がない”とは回答する一方で、個別の店舗については答えられないという。なんともおかしな対応である。楽天サイドは問題に触れられたくないということだろうか……?

 ユニオンvs.楽天の第二ラウンドは、あるのだろうか。

角田裕育(すみだ・ひろゆき)
ジャーナリスト。兵庫県神戸市出身。北大阪合同労働組合青年部長、ミニコミ誌記者などを経てフリーに。著者に『セブン-イレブンの真実〜鈴木敏文帝国の闇〜』(日新報道)、『教育委員会の真実』(宝島社)。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年4月19日 掲載

関連記事(外部サイト)