コロナで路頭に迷う「ホステス」「風俗嬢」の地下活動

コロナで路頭に迷う「ホステス」「風俗嬢」の地下活動

歌舞伎町一番街

 世の中には「表」があれば「裏」もある。

「夜の街での伝播を止めることができれば、制御できる可能性がある」

 と、厚労省の新型コロナ対策本部クラスター対策班のメンバーから「槍玉」にあげられた風俗業従事者たちも商売あがったりなのだ。

「ソープランド市場は、感染リスクへの警戒心から客足が遠のき、3月以降は前年比5割程度の落ち込みとなるでしょう」

 こう試算するのは、『世界の[下半身]経済がわかる本』等の著書があるエコノミストの門倉貴史氏だ。

「デリヘル市場も前年比3割減が見込まれ、1月から3月までの間に約2万人のデリヘル嬢が離職したと見られます。キャバクラ市場に至っては前年比7割減。このような惨状は過去の歴史を振り返っても、初めてのことだと思います」

 それにはワケがあり、

「リーマンショックや東日本大震災の時は、実はギャンブルや風俗の業界は元気な状態を保っていた。表の経済がガタガタになり、そのストレスのはけ口を『裏経済』に求める人が多かったためです。しかし、濃厚接触を避けなければならない今回ばかりは、そうはいきません」(同)


■ホステスからのLINE


 とはいえ、夜の街の住人たちも食べていかなくてはならない。例えば、店を辞めたキャバ嬢たちは、

「感染リスクを抑えるために、馴染(なじ)みの固定客と個別に会う『パパ活』に力を入れているようです」(同)

 実際、目下休業中の銀座のクラブに通っていたある常連客曰く、

「お気に入りのホステスから、『この前一緒に行ったレストランにまた行こうよ。来てくれたらいいことあるかも』といったLINEがバンバン送られてくる。中には『実家に帰るからお金ちょーだい』と、露骨に要求してくる子もいます」

 また、

「実際に会うことなく、チャットで男性の話相手を務めるチャットレディの人気が高まっていて、彼女たちの実入りは2、3倍に跳ね上がっていると聞いています」(門倉氏)

 風俗嬢たちも、

「SNS上で脱いだりしてみせる、アダルトチャットで稼ぐ子が増えている」(風俗愛好家)

 すでに「中国発」の時点から変異を遂げているともいわれる新型コロナウイルス。我ら衆生の欲望処理法も変異を遂げているようだ。

「週刊新潮」2020年4月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)