コロナ禍の「抗体検査とBCG論争」から見る 日本人の免疫へのあこがれ

コロナ禍の「抗体検査とBCG論争」から見る 日本人の免疫へのあこがれ

新型コロナウイルス感染拡大でポーランドのクラクフで行われた抗体検査のため検査官が採決する様子

■過去のものか進行形か


「PCR」検査は今かかっているか否かを調べることがメインであり、すでに感染既往があり、抗体がつくられているかどうかを調べることが中心となるのが「抗体」検査だ。アメリカNY州では新型コロナウイルスの抗体検査を無作為抽出で3000人に行ったところ、6人に約1人(14%)が感染していた可能性があることがわかったという。

 また、抗体検査を“ゲームチェンジャー”と呼ぶイギリスのジョンソン首相は、この検査への大規模な介入を進めている。日本でも数千人に実施する計画が動き始めた。東京オンコロジーセンター代表の大場大氏、国立がん研究センター研究所がん幹細胞研究分野分野長の増富健吉氏は共にがんを専門とする。忖度のない立場の2人が抗体検査について語り合う。

大場:国内ではまだ検査試薬開発レベルの段階ですが、抗体検査への国民の注目度は高いですね。増富さん、この検査とはどのようなものなのでしょうか。

増富:はい、抗体検査方法の一般的な考え方について説明します。

1.新型コロナウイルスの抗原自体を鼻腔・咽頭ぬぐい液などから検出する(抗原検査という人もいます)

2.新型コロナウイルスに対してできてきた抗体を患者血液(血清)から検出する

 の2つの可能性があると思います。いずれの方法も手順も時間的にも、現行の「PCR」検査に比べるとはるかに簡便かつ迅速に行えると思います。(※便宜的にPCRと呼んでいますが、その中身については、こちらもご参照ください。https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04171131/)

 それぞれについて説明します。

1.既にクリニックなどでも実施されている、インフルエンザウイルスの簡易検出キットや妊娠検査キットなどと同じ原理での検査です。検出したいタンパク質(今回は新型コロナウイルス由来のタンパク質)に対する抗体を作製して、その抗体をキットに貼り付けておきます。もし、鼻腔・咽頭ぬぐい液に新型コロナウイルスがいれば反応して着色して目に見えるというものです。15分くらいでできますし手技的には自宅において自分で行うことも可能です。

2.新型コロナウイルスに対して、ヒトの体内でできた抗体を検出する方法です。1.とは反対に、新型コロナウイルス由来のタンパク質を貼り付けておきます。患者さんの血清に新型コロナウイルスに対する抗体があれば、反応して着色するので目に見えるという原理です。やや専門的になりますが、臨床的には、過去の既往感染歴なのか、新規の感染なのかを区別しなければなりませんので、IgGとIgMという2種類の抗体を組み合わせて検査する必要があります。ただし、この方法について現時点では1つ注意が必要です。


■ワクチン開発を難しくする要因


大場:2.の血清抗体の場合、新型コロナウイルス発生状況から2 週間以上経過し、上気道からのウイルス量が低下し、PCR検査で証明することが難しくなっている人に対する「補助的」検査と位置付けられていますね。どのような注意が必要なのでしょうか。

増富:現時点でのWHOの公式見解は、「新型コロナウイルスに対して感染したヒトが生体内で抗体を産生しているのかどうかはわからない」というものです。つまり、2番目の方法はそもそも、「コロナウイルスに対する抗体を産生している」前提ですので、新型コロナウイルスに対する人の免疫反応に関する、今後の基礎研究の結果を見守る必要があります。

大場:抗体が「陽性か陰性か」がどのような意味をもつのか、感染から回復した人たち皆が本当に免疫を獲得できているのか、2度目の感染は本当にないのか、まだ不明な点が多いということですね。製品によって精度がまだ確立されていない状況下で、すでに抗体検査を使って、地域・国民ベースの感染状況を把握する取り組みが各国で取られているようですが、重要なのは数の議論ではなくて集団免疫がどこまで形成されているかです。

 今回の新型コロナウイルスの感染によって抗体が獲得されにくい可能性もあるとなると、ワクチン開発を難しくする要因にもなりかねないですね。

増富:抗体ができない、あるいは、できにくいとなると、検査方法の開発戦略も、ワクチン開発の戦略も根本から変わってきますよね。ともあれ、新型コロナウイルスに関しては「こんなこともまだ解明できていないの」と思うレベルのところから研究しないといけないんだということがわかります。いずれにしても、「PCR」検査に代わる迅速かつ簡便な検査法を世界中が待ち望んでいると思います。

 少し話は変わりますが、過去に接種したワクチンと新型コロナウイルスの重症化リスクの関連で、最近、BCG接種率と新型コロナウイルス致死率減少の間に関係性があると言われているようですね。もし本当ならば、なぜ、BCG接種を受けた人たちが重症化しにくいのか、その「メカニズム」には興味があります。


■呪術的で危ない


大場:結論から言うと、信頼度の低い話だと思います。BCG定期接種をしている国々と、そうではない国々との間に確かな差があるようにみえます。(https://twitter.com/AkshatRathi/status/1245626716430561285/photo/1)。

 現在、検証作業もやっているようですが、WHOの公式見解では、新型コロナウイルス感染予防のためのBCG接種は、エビデンスがないから「推奨しない」と宣言しています。実は、このような相関関係は後付けでいくらでも作ることができるのです。

 有名なところでは、マーガリンの消費量と離婚であるとか、チョコレート消費量とノーベル賞受賞数であるとか。調べてみると、イギリスとフランスは定期接種を止めてからまだ15年ほどしか経っていませんから、大半の大人は接種済みと考えられます。

 EUの中でも低い致死率のドイツは、定期接種を止めたのがすでに22年前。感染者数、死亡者数が日本よりはるかに少ないオーストラリアは44年も前ですから、少なくともBCG接種が原因ではないでしょう。ついでにBCG定期接種国イランの致死率は、現在、アメリカを上回っています。(THE BCG WORLD ATLAS 2nd Edition http://www.bcgatlas.org/)。

 ちなみに、国内の直近での新規結核発症者数(平成30年データ)は、年間1万6000人近い状態で、世界的にも「中蔓延国」扱いです。

 日本人は目に見えない「免疫力アップ」にとりわけ敏感なので、エセ医学に容易に騙されやすいところがあります。科学的な「メカニズム」が証明されないうちにBCG接種の新型コロナウイルス予防効果を論じるのは、呪術的で危ないですね。浅はかな大人たちがその気になって、本来の接種対象である「ゼロ歳児」への供給を妨げる行動をとることだけは絶対にやめていただきたいと思います。

週刊新潮WEB取材班

大場大 おおば・まさる
1999年 金沢大学医学部卒業、2008年、医学博士。2016年より東京オンコロジーセンター代表を務める。2009年−2011年がん研有明病院。2011年−2016年、東京大学医学部附属病院肝胆膵外科。2019年より順天堂大学医学部附属順天堂医院肝胆膵外科非常勤講師。専門は、外科学、腫瘍内科学、消化器病全般。

増富健吉 ますとみ・けんきち
1995年 金沢大学医学部卒業、2000年、医学博士。2001年−2007年 Harvard大学医学部Dana-Farber癌研究所。2007年より現職。がん細胞の増殖と、コロナウイルスを含むRNAウイルスの増殖に共通の仕組みがあることを突き止めており、双方に効く治療薬の開発が可能かもしれないと考えている。専門は、分子腫瘍学、RNAウイルス学、RNAの生化学、内科学。

2020年4月26日 掲載

関連記事(外部サイト)