「コロナ鬱」克服術 心が蝕まれ“DV”“アルコール依存”…

【新型コロナ】コロナ鬱対策として精神科医が肉食を推奨 テレビだけをみる状態に警鐘

記事まとめ

  • コロナをめぐり欧米を中心にDV被害が急増、日本では59歳夫が妻を平手打ちして死なせた
  • 在宅勤務になると定年と同じ状況になるため、熟年離婚のような状況がやってくる恐れも
  • コロナ鬱もふえており、精神科医は対策法として、肉を食べることを推奨している

「コロナ鬱」克服術 心が蝕まれ“DV”“アルコール依存”…

「コロナ鬱」克服術 心が蝕まれ“DV”“アルコール依存”…

ステイホームは鬱になりやすい状況を作る(写真はイメージ)

■心が蝕まれ「DV」「離婚」「家庭内殺人」…


 遠くない出口が見える前に、心がすさんで、ついには病んでしまう――。我々はそんな危険にもさらされているが、克服する道はあるという。

 ***

 実際、ロックダウンされている欧米各国の都市を中心にDV被害が急増しているといい、4月5日には国連のグテレス事務総長が各国に向けて、新型コロナウイルス対策に「女性の保護」を盛り込むように訴えたほどである。

 だが、日本にとってもすでに対岸の火事ではない。同じく5日には都内で59歳の夫が、「稼ぎが少ない」と責める妻を平手打ちし、死なせてしまうという痛ましい事件が起きている。精神科医の片田珠美氏は、

「私が聞いた家族の話では、在宅ワークになった父親がコロナへの不安から、ネット上で集めたありとあらゆる情報にもとづき、“これに気をつけろ”“これはするな”と、口うるさく命じるようになったとか」

 と言って、続ける。

「これがエスカレートしてDVに発展する危険性は大いにあります。そうなる場合、一番大きな原因は怒りです。“自分は悪いことをしていないのに、なんでこんな目に遭うんだ”と。政府にぶつけられない怒りを、身近な弱い人にぶつけてしまうのです」

 新型コロナウイルスに感染するのも、DVの加害者や被害者になるのも、どちらも悲劇であるのは言うまでもない。大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授の石蔵文信氏は、

「在宅勤務になると、定年で家にいるのと同じ状況になるから、熟年離婚の原因となる状況が前倒しでやってくることがある。家族が一緒にいることがストレスになる家庭の場合、DVや虐待にも発展します」

 と憂慮する。その場合、

「奥さんが家事や育児の負担が大きいなら、旦那さんが食事を作るとか、積極的に相手の負担を減らすこと。大事なのは相手に依存したり、負担をかけたりしないことです」

 というのが石蔵氏のアドバイスだ。また、精神科医の和田秀樹氏によると、こんな懸念もあるという。

「DVは家に閉じこもった状態が解ければ、ある程度収まるでしょうが、それ以上に問題なのはアルコール依存症です。不安感が強く鬱々としているので、酒でも飲まないとやっていられない。在宅だと安価で飲めたり、人目がないので歯止めがきかず飲めたりするため、外でみんなで飲むよりアルコール依存症になりやすく、一度なると治りにくいのです」

 片田氏によると、コロナ鬱も増えているという。

「私のところに来る患者さんは、もともと鬱病や不安障害を抱えている方が多く、いまテレビやネットを観て不安になり、症状が悪化しています。これまで症状がなかった人でも、コロナへの不安から鬱になる方が多いようで、その大きな原因は喪失不安。つまり、自分の命や家族の命、健康、そして収入や職といった大切なものを失うのではないか、という不安です。多くの死者が出ているのが発展途上国ではなく、最高峰の医療技術をもったアメリカやイタリアだということも、不安を増長させています」

 その症状は、

「人それぞれですが、まず不眠になることが多い。さらに、常に怒りっぽくなったり、なにをするにもやる気が出なくなったり、すべてを悲観的に見てしまったりするようになります」

 休業を強いられた人が鬱になったら、命が守られたことになるのだろうか。


■テレビだけを見るな


「たとえ話ですが、がんの人が最期を家で迎える在宅看取りで鬱になる家族はいませんが、認知症や寝たきりの人を家で世話する在宅介護では、鬱になる人が大勢います。前者は終わりが見えるのに対し、後者は終わりがいつかわからないのが最大の違いで、新型コロナウイルスの状況も、終わりの見えない不安感があるところが、在宅介護と重なります。それがコロナ鬱につながりやすいのです」

 そう話す先の和田氏が、コロナ鬱になるメカニズムを説明してくれる。

「陽に当たらないと、セロトニンという神経伝達物質が減り、余計に鬱になりやすい。家にこもって体を動かさないのも同様で、食事の量が減って、セロトニンの原料となるたんぱく質の摂取量も減る。ステイホームは鬱になりやすい状況を作り出します」

 自粛は必ずしも小池都知事が言うように、自分や家族を守ることにならないということか。それについて和田氏は辛辣で、

「専門家会議が感染症学者ばかりだからいけない。専門バカ会議になっています。栄養学者や免疫学者、精神科医も加え、総合的に判断する必要があります」

 ともあれ和田氏に、コロナ鬱にならない方法を示してもらおう。

「一つは、肉を食べること。気分が晴れるし、肉に含まれる必須アミノ酸のトリプトファンがセロトニンの原料になるし、コレステロール値が高いほど鬱になりにくいというデータもあります。二つ目は、1日15分は、陽の下で散歩など軽い運動をすること。セロトニンのほか、メラトニンというホルモンも増え、睡眠の質が上がります。三つ目は、情報の幅を広げること。テレビでは感染症学者が不安を煽っているので、テレビだけを見ていると鬱になる。四つ目は、思考パターンを変えること。将来こうなるとか、これだけが正しいと思い込む人は、鬱になりやすいのです」

 大切な命を守るためには、閉じこもっているだけではダメなのである。

「週刊新潮」2020年4月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)