アベノマスク予算は466億円、スカイツリーは400億円 500億円使うとしたら……

アベノマスク予算は466億円、スカイツリーは400億円 500億円使うとしたら……

アベノマスク

 新型コロナ対策として政府が始めた、“アベノマスク”の配布。ところが、1世帯につき布マスク2枚という中途半端な数に始まり、小さいだの、カッコ悪いだの、とにかく不評だった。ようやく郵送され始めたと思ったら、今度は汚れがあったり、髪の毛やら虫の混入で回収騒ぎに。このマスクのために組まれた予算は、なんと466億円! そもそも500億円あったら、他に何ができるのだろう。具体的に考えてみた。

 ***

 500億円の現生を見たことがある人はなかなかいないだろう。

 1万円札の厚さは0・1ミリ。100万円の束で1センチだ。これを500億円分積み上げると、500メートルになる。SNSでは、“アベノマスク”はスカイツリーの建設費400億円よりも高価なことが話題になっているが、そのスカイツリーの展望台の最高地点が451・2メートルである。

 では、500億円を運ぶには? 1万円札で1億円分が約10キロ。500億円ともなれば、5トンである。日野の2トンでだって、一度には運びきれない量である。

 ちなみに、北海道岩見沢市の2020年度予算がちょうど500億円で、これには市役所の新庁舎建設や温泉施設の全面改修なども盛り込まれているという。

 では、500億円を使うとすると……。

 パッと使い切るにはやはり建設事業だろう。社会部記者が言う。

「スカイツリー以外にも、似たような建設費の建物はあります。北海道日本ハムファイターズの本拠地である札幌ドームは422億円。オリックス・バファローズの京セラドーム大阪(大阪ドーム)は498億円です。ちょっと予算オーバーですが、江戸東京博物館は530億円です」

 結構な巨大建物が作れるようだ。

 乗り物だとどうだろう?

「世界一高価なスパーカーと言われるランボルギーニ・アヴェンタドールSVJは、1台5567万円ですから900台で501億円ですね。日本が誇るトヨタ・センチュリーは1台1960万円です。昨年、天皇陛下の祝賀パレードに使用された特注のオープン・センチュリーには改造費含め8000万円の予算が組まれました。仮に8000万円として、625台を購入できます」(同)

 こうなると、御料車もあまり高価に感じられなくなってくるから不思議だ。


■たけしが稼いだ500億円


「飛行機もけっこうします。“ドリームライナー”ことボーイング787-8の価格は2億2460万ドル(15年時)です。だいたい250億円ほどですから、2機購入できます。豪華客船の建造費も500億円くらいかかるようです。ちなみに新幹線は1両3億円と言われ、16両編成で50億円ですね」(同)

 500億円あれば、新幹線は10編成が揃うようだ。

「また陸上自衛隊が誇る最新鋭の10式戦車は、10年度で1輌9億5000万円でした。現在はもう少し安くなっていると思いますが、5輛は買える計算ですね。ちなみに10式戦車は開発に487億円かかっています。500億円あれば、新しい戦車が開発できるかもしれません」(同)

 もうちょっと小ぶりなものはないだろうか。

「17年11月にクリステーズのオークションにかけられた、レオナルド・ダ・ヴィンチ作と伝えられるキリストの肖像画『サルバトール・ムンディ』は4億5031万2500ドルで落札されました。日本円でおよそ500億円は、美術品史上最高額です」(同)

 とても自宅に飾る気になれない。

 500億円にはこれほどの価値があるらしい。だが、それを1人で稼いだと豪語したのはビートたけし。昨年末に放送された「チマタの噺SP〜たけし噺2019〜」(テレビ東京)でのこと。

「オレ、今まで500億(円)は稼いでるよ。税務署が(税金で)250億持っていっても、200何億(円)は残ってるはず……」

 もっとも、元妻にほとんど持って行かれたという。とはいえ、税務所が持っていった250億円を全てアベノマスクに使ったと言われたら、たけしも怒るに違いない。

 ちなみに今年3月31日にアイリスオーヤマが国内でマスク生産に乗り出すことを発表したが、宮城県角田市の工場(6月稼働)に設備投資した金額が10億円だった。さらに同社は4月22日、経産省の国内投資促進事業費補助金を活用することで、月産6000万枚だったマスク生産を、月産1億5000万枚に増やすことを発表。さらに、中国に依存していた不織布の製造も始めることも発表している。投資総額は、たったの30億円である。

週刊新潮WEB取材班

2020年4月28日 掲載

関連記事(外部サイト)