コロナ感染者を“殺人鬼”扱いの大阪「泉南市議」 酔っぱらってFacebookに投稿した説

大阪府泉南市の市議がコロナ感染者を“殺人鬼”扱い 飲酒してFacebookに投稿か

記事まとめ

  • コロナ感染者を“殺人鬼”扱いした大阪府泉南市の市議が、Facebookで発言を謝罪した
  • “殺人鬼”の投稿は23時47分にされており、酒を飲んでいた可能性が指摘されている
  • この市議は酒が大好きで、視察旅行でも飛行機の中で酔っ払っているらしい

コロナ感染者を“殺人鬼”扱いの大阪「泉南市議」 酔っぱらってFacebookに投稿した説

コロナ感染者を“殺人鬼”扱いの大阪「泉南市議」 酔っぱらってFacebookに投稿した説

ご本人のFacebookより(現在は削除)

 4月24日、自身のFacebookに新型コロナ感染者を「高齢者にとっては殺人鬼に見える」と投稿した大阪府泉南市の梶本茂躾(しげみ)市議(72)が、市議会の各派代表者会議に出席し「配慮のない言葉を使ったことを反省している」と謝罪した。ところが、大阪府民や泉南市民から、「反省していない。議員辞めろ」との声が寄せられたという。

 ***

 梶本市議は、2006年4月の泉南市議補選で無所属で出馬。初当選を果たした。当選回数は4回で、14年から15年にかけて副議長を務めたこともある。

 泉南市で初めてコロナ感染者が確認されたのは4月10日のこと。この日、梶本市議はフェイスブックにこう投稿した。

《【4月10日23:47】残念、泉南市でました。女子高生。学校休校続いていますので、あっちこっち動き回ってないか心配です。市内の地域は、特定できないですが、泉南市に接触者が何人かいるとしたら私ら高齢者は、泉南市迂闊に歩けません。感染者は、私ら高齢者に取っては殺人鬼に見えます。感染者の個人情報や、人権を守るのか高齢者は姥捨て山に行けと言うのか、考えさせられます。》

 この投稿で大炎上。

《殺人鬼とか…この方大丈夫なん?》

《こいつは、罹患者を殺人鬼呼ばわりし、高齢者に対する施策を何もしてくれないと議員でありながら、しゃーしゃーと言い放った不要議員!今すぐ辞職すべき!》

《ふざけるな!年齢関係なく皆が一丸となって頑張る時だろうが!誰かが傷つくような発言はやめろ!》

 梶本市議は、メディアの取材に対し、「地域の高齢者から、感染者は怖いという意見を聞いた。あれくらい書かないと反応がないのではと、あえて過激な文章を書いた」と釈明した。


■10月まで居残る


「梶本市議が市議会で謝罪する模様がテレビで放映されました。それを見た私の支持者から何件も抗議電話がありました」

 と語るのは、さる泉南市議である。

「『なんであんなに不貞腐れた態度をしているんだ』『まったく反省の色が見えない』『早く辞めさせるべきだ』『辞職勧告決議は、効力があるのか』という内容でした。しかし、梶本市議は、『辞職勧告されたって、絶対辞めない』と言って笑っていますよ。彼は、今年10月に行われる市議選のことしか頭にないようですね。選挙に向けて、高齢者問題を強調したくてあんな過激な言葉を使ったのでしょう。感染者を殺人鬼扱いするなんて、これはもう議員としてではなく、人として間違っています。殺人鬼呼ばわりされた女子高生やその親は、かなりショックを受けたのではないでしょうか。心配ですね」

この市議は、“殺人鬼”の投稿があった23時47分という時間に注目している。

「梶本市議はお酒が大好きで、毎日のようにウイスキーやブランデーを飲んでいます。深夜に投稿した彼のFacebookは誤字脱字が多いのが特徴です。投稿した時間帯は、間違いなくアルコールが入っていたと思いますね。酔って、気が大きくなってあんなことを書いたのではないでしょうか。とにかく常識がない人で、酔っぱらうと深夜の2時とか3時に平気で議員仲間に電話をかけることでも有名です。みな電話には出ませんけどね、着信は残りますから。議員たちと視察旅行に行く時も、飛行機の中で酔っ払っています。離着陸時はシートベルト着用なのに、それを無視して立ち上がり、キャビンアテンダントを呼んだこともありました」

 市議会でも評判はよろしくない。

「市議会の報告会などで、他の議員が質問をしていると、よくヤジを飛ばします。大阪では茶々を入れると言うのですが、司会者が『茶々を入れるな』と注意すると、怒って、懲罰委員会にかけるぞ、と逆ギレしたりします。こんなトラブルは日常茶飯事で、皆も困り果てていますよ」

 これでよく4回も当選したものだ。

「泉南市は元々繊維の町で、かつて市内には多くの繊維工場がありました。梶本市議は、市議になる前は父親の代からあった繊維工場を経営していました。彼の親戚にも繊維工場の経営者がいますから、彼には繊維関連の票があったのですよ」

 梶本市議は、「梶茂繊維産業」と言う会社を経営していた。実はこの会社、2005年2月に火事を起こしているのだ。当時の朝日新聞(2月4日付)の大阪夕刊がこう報じている。

《4日午前1時ごろ、大阪府泉南市信達牧野の繊維加工会社「梶茂繊維産業」(梶本茂躾社長)付近から出火、鉄骨一部2階建ての工場延べ約4千平方メートルが全焼した。けが人はなかった。この火事の影響でJR阪和線が日根野―和歌山間で始発から午前7時半すぎまでの約2時間半、上下線とも運転を見合わせた。計63本が運休または部分運休し、約4万7千人に影響した。

 泉南署などによると、同工場は24時間稼働で、毛布やじゅうたんなどを製造。出火当時は3人が働いていたという。工場の外側に積まれていた繊維原料が激しく燃えており、同署は放火の可能性もあるとみて出火原因を調べている。》

 繊維工場が全焼したため、会社は閉めることに。その翌年市議補選に出馬したのだ。

ベテラン市議がこう言う。

「火事の後、保険会社から保険金が出たので、自分で火をつけたのではないか、と冗談まじりに言う人もいましたよ。そんなことを言われるくらい、彼には人望がなかったということです。24日の議員運営委員会で、全会一致で辞職勧告決議案を提出することを決めました。これが可決するのは間違いないと思いますが、梶本市議が受け入れるかどうか。10月まで居残るんとちゃいますか」

週刊新潮WEB取材班

2020年4月29日 掲載

関連記事(外部サイト)