「成り上がり」と「落ちぶれ」が生む毒親――中国史上唯一の女帝・武則天の毒親

■急な階級移動が毒親を作る


 子供の人生を奪い、ダメにする「毒親」。近年、盛んに使われだした言葉だが、もちろん急に親が「毒化」したわけではない。古代から日本史をたどっていくと、実はあっちもこっちも「毒親」だらけ――『女系図でみる日本争乱史』で、日本の主な争乱がみ〜んな身内の争いだったと喝破した大塚ひかり氏による連載第3回。スケールのでっかい「毒親」と、それに負けない「毒子」も登場。日本史の見方が一変する?!

 毒親や毒親育ちを生む温床に「落ちぶれ」がある??と、かねがね感じていました。

 正確に言えば、祖父母や両親、もしくは親族などから、「うちの家系がいかに昔は栄えていたか、それが今はこんなに落ちぶれて」といった情報を繰り返し聞かされることで、その人は意識的・無意識的にかかわらず、「なんとかして自分の代で盛り返そう」という強い使命感を持つようになるのです。

 こんなふうに思わされる時点で大変なプレッシャーで、周囲の親族たちは「毒」になっている。そうして毒にさらされたその人自身も、子を持つと、同じようなプレッシャーをかけるのです。こうした例を私はいくつも見ています。年を経て、思い通りにいかず、そのプレッシャーに耐えきれなくなった人が、自殺的な死を遂げたり、「親を殺したい」と思わぬまでも、恨んだり憎悪する……。

 が、エリオット・レイトンの『親を殺した子供たち』(木村博江訳)によると、子供による家族殺人が起きるのは、「急激な凋落ぶり」を経た家庭だけでなく、「にわか成金」と呼ばれるような家庭も少なくないといいます。落ちぶれだけが問題ではないんですね。そして、「その階級の変動から生じた不安が、人種差別や性差別をうながし、非行少年を生むなど、さまざまなかたちをとってあらわれることも、数多くの研究で実証されている」のだと、エリオットは言います。

 激しい階級移動というのは物凄いストレスを人にもたらすんです。

 エリオットによれば、成り上がるにせよ落ちぶれるにせよ、家族殺人が起きる家には共通項があって、それは、

「上昇指向の強い中流階級で起こる傾向が強い」

 ということ。急激な凋落を経験した親は「何とか昔に戻りたい」と上を目指し、「にわか成金」は激しい上昇指向があればこそ現在があるものの、上流階級には下に見られ、欲求不満がたまっていく。さらにここに親が「支配的」という条件が加わって、階級移動のストレスに苛まれる彼らは子供に依存して、

「自分の欲求達成の手段として子供を利用するようになる。こうした家庭では子供が選択肢を奪われ、両親の支配から逃れられないところまで追いつめられる。そして暴力や虚偽が家族文化のなかで容認された場合――個人の問題解決手段として暴力が大っぴらに使われはじめた場合――家族殺人の可能性をはらんだ環境ができあがる」(エリオット前掲書)

 肉体的・精神的虐待によって、逃げ場をなくした子供は、家族殺人に走るというわけです。

 この本が日本で出版されたのは1997年。

 スーザン・フォワードの『毒になる親』(玉置悟訳)が日本で翻訳されたのがその2年後ですから、この本には毒親という語はないものの、親を殺した子供たちの親がいかに支配的で、子供を追いつめていくかに筆が割かれています。もちろん毒親育ちのすべてが家族殺人を犯すわけではなく、むしろ極めて少数なのですが、家族殺人を犯した子供のすべてがハードな毒親育ち、とは言えるわけです。

「階級的な変動の激しさ」が毒親・毒親育ちを生むという観点を得ると、なるほどこれは……と思える親子が歴史上にはたくさんいます。この人、毒親だよな……と思って、生い立ちを調べると、激しい階級移動が隠れていたりする。

 戦国時代に毒親が多いのもうなずけます。戦国時代ほど階級移動の激しい時代はないですからね。とりわけ武士階級に親殺し・子殺しが多いのは、「暴力」がエリオットの言う「家族文化」になっていると考えれば合点がいきます。

 階級移動というのは人間にとってそれほどまでにストレスであり、悔しさや怒りや恨みの感情を発生させる。実は大した家柄ではないとしても、親や祖父母が「昔は凄かった」と繰り返し子供に伝えるのは、現状への不満からなんでしょうが、子供は素直に受け止めますから、「自分が何とかしないと……」と無意識のうちに思ったり、「自分はひととは違う人間なんだ」という特権意識を持ったりする。しかし現状はどうかと言えば、ふがいなかったりする。それで欲求不満を覚えるという、親の欲求不満が感染したような状態になるんですね。

 そういう意味では、今回紹介する人なんかも、母親に「昔は良かった」「ママの先祖はそれはそれは高貴でね……あなたにはその血が流れているのよ」と、さんざん言われたあげく、頑張ったのではないか。ふつうの人ならそんなふうに洗脳されても、良くてそこそこ、悪くて挫折してストレスで命を縮めたり、親を恨んだり、そこに暴力が絡めば親殺しに走ったりすると思うんですが……彼女の場合、度外れた能力の持ち主であったため、親の期待――この手の親は、子がどんなに頑張っても満足しなかったりするものなのですが――をはるかに上回り、世界史上でもまれな女傑となった。

 それが、則天武后(623?〜705)だと思うんです。

■落ちぶれママと成り上がりパパを持つ武則天


 則天武后とは高宗の皇后の地位を重視した呼び方で、皇帝としての彼女を評価しようとする最近の中国では「武則天の呼称でよばれることが広まった」(※1)そうなので、ここでは武則天と呼ぶことにします。また、彼女はその時どきの地位により呼び名も変わりますが、武則天で統一します。

 この武則天が、中国史上、唯一の女性皇帝であるのは有名な話です。

 彼女の治世下は安定していて、人材登用も盛ん。父母の服喪も統一するなど男女平等を目指し、州ごとに大雲寺(大雲経寺)を設置して仏教の普及に力を入れるなど、その功績が最近では評価される傾向にあります(※1)。

 とはいえ、武則天といえば、権勢のためには、邪魔になった夫の妻たちや政敵ばかりか、子や親族まで殺した悪女として長年、貶められてきました〈系図〉。

 話の出所は、中国の歴史書『資治通鑑』(1084年)。それによると、皇后になりたいがために、生まれたばかりの我が子を殺したと言われます。

 皇后の座を狙っていた武則天は、当時、皇后だった王氏が出産の見舞いに来た直後、我が子を殺すことで、王皇后にその罪をなすりつけたというのです。『資治通鑑』の成立は武則天の死後300年以上経っているし、私はあやしい気がしますが、彼女はその後も実子をはじめとする多くの親族を殺したと伝えられ、『資治通鑑』によると「自分の血筋につながる人だけでも二十三人を殺している」(※2)というんですよ。

 でも。

 こうした残虐行為のほとんどは『資治通鑑』の伝えるもので、正史の『旧唐書』(945年)にはない話が多いことからして、悪意に満ちた男目線の創作ではないかというのが私の考えです。

 伝えられる武則天の悪行の多くは、桀・紂や日本の武烈天皇(※3)のように、王朝を途絶えさせた王は妊婦の腹を割くなど、暴君として描かれるのと同じようなものではないか。そこに男尊女卑の思想が加わって、権勢のためには乳児を殺すだの、巨根好きだのといった貶めが加味されたのではと思うのです。

 だとしても、すでにいる皇后を廃して自らが立つとか、三男の李顕を15年も幽閉したというのは『旧唐書』にも伝えられる史実で、彼女が度外れた権勢欲と激しい性格の持ち主であることは確かでしょう。

 こうした激しい性格は、そのつらい生い立ちが関連すると言われます。

 武則天の母の楊氏は40過ぎの高齢で武氏の後妻となって娘を3人生みました。夫にはすでに成人に近い年齢の先妻腹の息子たちがいましたが、「彼らはいっしょになって、陰に陽にこの楊氏たちを邪険にあつかった」といい、結婚15年目に夫が死ぬと、とくに勝ち気な次女の武則天が「とりわけきついいじめを加えられた」(※1)。

 なぜ、そんなにも、武則天の異母兄たちは継母に当たる楊氏や、彼女の生んだ異母妹たちにつらく当たったのでしょう。

 異母兄たちのいじめの原因は、後妻である楊氏との甚だしい身分差にあります。

「隋室の流れをくむ楊氏と、山西の田舎に出た彼らとでは、家柄において天と地ほどの差がある。日ごろそれを鼻にかけ、お高くとまった楊氏を、彼らが面白く感じるはずはない」(※1)

 武則天の母の楊氏は名門の令嬢で、父の武氏は田舎者の成り上がりだったのです。

 落ちぶれた母と、成り上がりの父と。

 これって、エリオットが家族殺人を犯す子供の家庭として挙げる条件が、一つの家に揃ってしまった、ということですよね?


■究極の毒母・楊氏


 武則天が、親族を殺したのは、異母兄や父方の親族によるいじめはもちろん、エリオットの言う「急激な凋落」と「にわか成金」を同時に両親に持つという、ストレスフルな生い立ちが大きく影響しているのではないか。

 しかも成り上がりパパが落ちぶれママのプライドを満足させていたならともかく、早死にした上、自分より出身階級の低い夫の親族たちにいじめられたとなれば、ママの怨念はいかばかりか。

 14歳で太宗の後宮に入ることになった武則天には、「これを機に、陰湿な異母兄たちのいじめから離れられる、そして逆転した立場で見返してやれるかもしれない、そのような期待がはたらいていた」と氣賀澤氏は指摘していますが(※1)、彼女をそんな気持ちにさせたのは楊氏ママにほかならないでしょう。

 その太宗も52歳で崩御してしまいます。27歳(※4)だった武則天はまだ子もない身。彼女はいったん尼になり、今度は太宗の息子の高宗と男女の関係になります。

 その時期ははっきりしない点が多いといい、いきさつも不明のようですが、武則天にしてみれば再び権勢への野望が燃えさかったことは想像にかたくありません。

 それ以上に、楊氏ママの期待は武則天に集約していったはずです。

 王氏というれっきとした皇后がいながら、武則天が皇后を目指すというような無茶をしたのも、母の入れ知恵があったのでは? とさえ思ってしまいます。

 彼女は娘が王皇后の廃位を画策していた時、相談に乗り、娘のために何度も高官の長孫無忌の屋敷に赴き、働きかけていました(結局、無忌は言うことを聞かず、659年、左遷され自害させられる)。

 のみならず、気に入らないことがあれば娘に告げ口をしてもいます。

 武則天が皇后となったあとのこと。一族が集まる宴会の席で、楊氏は彼らに、

「誰のおかげで出世できたと思うか」

 と尋ねました。

 楊氏としては娘のおかげという感謝を期待しての発言で、子の功績を自分の手柄にする毒親の典型です。

 が、甥の武惟良らの答えは彼女の意に反するものでした。分不相応な地位になったため、日夜、間違いを犯すのでは……とハラハラしている――と、ありがた迷惑と言わんばかりだったのです。

 腹を立てた楊氏ママはこれを娘に告げます。

 怒った武則天はいとこの惟良や異母兄たちを左遷したり罪を着せたりして死に追いやってしまいました。

 武則天以上にざまぁみろとほくそ笑む楊氏の顔が目に浮かぶではありませんか。

 落ちぶれママであった楊氏は、娘に大きな期待をかけ、娘の手柄を我が物とし自分の欲望を満たし、他人をコントロールしていました。

 かなり危険レベルの高い毒親です。

 普通であれば彼女のような親の子供はつぶされるところで、それかあらぬか、長女は次女の武則天に殺され、三女は結婚後、子供もできぬうちに早世しており、三人娘のうち生き延びたのは武則天だけでした。

 武則天の激しさの陰には、楊氏という落ちぶれママの怨念や恨み、悔しさや欲望があったことは間違いありません。しかも父は成り上がりという、階級移動のストレスを受けた親をダブルで持っているのですから、そりゃあ壮絶な人生になるのも無理はないでしょう。

 武則天は中国の人とはいえ、古代日本に――毒親日本史的な観点からしても――多大な影響を与えているので取り上げた次第です。その影響の実態については、次回以降で。

※1 氣賀澤保規『則天武后』(講談社学術文庫)
※2 今泉恂之介『追跡・則天武后』(新潮選書)
※3 天武以前は大王。武烈などの呼び名も8世紀以降にできた漢風諡だが便宜上使用。
※4 氣賀澤氏の623年出生説による。武則天の出生は624年説、625年説もある。

大塚ひかり(オオツカ・ヒカリ)
1961(昭和36)年生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒。個人全訳『源氏物語』、『ブス論』『本当はひどかった昔の日本』『本当はエロかった昔の日本』『女系図でみる驚きの日本史』『エロスでよみとく万葉集 えろまん』『女系図でみる日本争乱史』など著書多数。

2020年5月1日 掲載

関連記事(外部サイト)