毒々しい母には虚弱な息子?――持統天皇と草壁皇子

 子供の人生を奪い、ダメにする「毒親」。近年、盛んに使われだした言葉だが、もちろん急に親が「毒化」したわけではない。古代から日本史をたどっていくと、実はあっちもこっちも「毒親」だらけ――『女系図でみる日本争乱史』で、日本の主な争乱がみ〜んな身内の争いだったと喝破した大塚ひかり氏による連載第4回。スケールのでっかい「毒親」と、それに負けない「毒子」も登場。日本史の見方が一変する?!

 前回、急激な階級移動は大きなストレスとなり、そのストレスから生じた不安が差別や非行につながること、また、そうした人が親になると、「自分の欲求達成の手段として子供を利用するように」なり、子供が選択肢を奪われ、家族殺人の可能性が高まるというエリオット・レイトンの『親を殺した子供たち』(木村博江訳)の話を紹介しました。

 中国の武則天(則天武后)は、多くの親族を殺したことで有名ですが、実は彼女の母の楊氏は落ちぶれ皇族、父の武氏は成り上がり農民だったことも。

 この武則天が即位した690年、日本でもひとりの女帝が誕生していました。

 天智天皇(626〜672)の皇女で、大海人皇子(?〜686。のちの天武天皇)の妻だったう(へんが盧でつくりが鳥)野讃良皇女(645〜703)こと、持統天皇です。

 この持統がまた毒親……と言うにはスケールの大きな毒女でした。

 夫の大海人皇子を助け、異母弟の大友皇子(648〜672。※1)率いる近江朝廷を倒した(672年、壬申の乱)彼女は、夫が死ぬとただちに継子の大津皇子(663〜686)を謀叛の罪で死に追いやります。

 大友も大津も現存する日本最古の漢詩集『懐風藻』(751年)に風采・度量共に並外れるとされる偉丈夫です。しかも大津の母は持統の亡き同母姉。もしも姉が生きていれば皇后になったのは姉だし、皇太子になったのは大津です。夫を天皇の地位につけ、腹を痛めた草壁皇子(662〜689)につなぎたい持統にとっては邪魔者です。大津の謀叛も彼女の仕掛けたわなであるという説や(※2)、最近では、壬申の乱の首謀者も彼女だったという説もあります(※3)。

 それもこれも一人息子の草壁を皇位につけたい一心からで、即位年齢が30代から40代であった当時、天武死後の政務は25歳の皇太子・草壁でなく、42歳の持統が皇后として称制(天皇の政務を代行)しました。その間、天皇は不在。大津の謀叛と死はその時の出来事だったわけです。

 ところが、そうまでして皇統を継がせたかった草壁は、彼女の意に反し、28歳で死んでしまうのです。686年に夫を亡くしてわずか3年後のことです。

■クーデターで天皇となった父、その犠牲となった母から生まれた持統


 そんな持統もまた、成り上がり父と、見方によっては凋落母をダブルで持った娘でした。

 彼女の父の天智天皇はもとは“中大兄”と呼ばれ(『日本書紀』では一貫して皇子がつきません)、同腹の中では長兄であったものの、聖徳太子の子の山背大兄王や、異母兄の古人大兄皇子と比べると、皇位継承の可能性は低かったのです。

からも分かるように、山背大兄と古人大兄は蘇我蝦夷の妹の腹です。当時の蘇我の勢力の大きさはこの系図からもうかがえるところで、蝦夷のいとこに当たる推古天皇が、「自分は蘇我から出ている」と言ったのは有名な話です(『日本書紀』推古天皇三十二年十月一日条)。

 ところが643年、山背大兄は蘇我入鹿によって滅ぼされます。さらに645年6月、中大兄は皇極天皇がいる大極殿へ乱入し、時の権力者である蘇我入鹿を暗殺、その父・蝦夷を自殺に追い込むことで(乙巳の変)、皇太子への道が開けたのでした。

 古人大兄はこの時、皇極天皇に侍しており、『日本書紀』には“或本に云はく、古人太子といふ”との注記があります。「古人皇子が皇太子であったことは他にみえないが」「舒明天皇の皇子で年長者でもあったから、皇太子と目された伝えがあっても不思議ではない」(※4)とあって、乙巳の変の直前、古人大兄は皇太子であった可能性が高いのです。が、この古人大兄も、変から3ヶ月後、中大兄によって謀叛の罪で殺されます。

 こうして、皇極後に即位した皇極の弟の孝徳天皇と、続く斉明天皇(皇極天皇が再び即位=重祚)のもと、中大兄は皇太子として世を治めます。

 彼が668年まで即位しなかったのは歴史の謎と言われ、年齢からして乙巳の変後の即位は不可能にしても、斉明天皇が崩御した661年に即位しなかったことが、とくに疑問視されています。その時、中大兄は36歳。当時の常識からしても即位が可能な年齢であるにもかかわらず、即位しなかった理由については、諸説あって定まっていません。

 一つ言えるのは、中大兄こと天智の立太子と即位にはかなりの無理と犠牲があったということです。

 その犠牲者の一人が、ほかならぬ彼の妻、持統の母の蘇我遠智娘でした。

 持統の父の中大兄がクーデターによって皇太子となり、さらには天皇となった人であるのに対し、母の遠智娘は、当時、天皇以上の権勢を誇っていた蘇我の出身。自害した蝦夷は彼女の祖父の兄に当たります。

 しかも649年、彼女の父の蘇我倉山田麻呂大臣(以下、麻呂)が、夫の中大兄によって無実の罪で死に追いやられたのです。

 麻呂は蘇我氏打倒を目指す中臣鎌子(のちの藤原鎌足)の発案によって、中大兄と姻戚になっていました。入鹿と不仲な、いとこの麻呂の協力を得ようと鎌子は目論んだのです。しかし麻呂の長女は結婚寸前、麻呂の弟の日向に強奪されてしまいます(※5)。代わりにその妹が中大兄の妻になるのですが……。麻呂の協力により乙巳の変が実現した4年後、日向は兄・麻呂が謀叛を企んでいると中大兄に密かに報告をしました。太子となっていた中大兄はそれを信じ、官軍に攻撃された麻呂は自害。8人の妻子が殉死します。遠智娘の兄弟姉妹、母も含まれていたかもしれません。それだけでは済まず、官軍は麻呂の首を斬り、死体も斬刑となりました。自害だけならともかく、より重く屈辱的な形に処せられたのです。

 ところがこのあと麻呂の資財を没収したところ、良書の上には“皇太子の書”、重宝の上には“皇太子の物”と記されていた。

 それを見た中大兄は麻呂の潔白を知り、日向を大宰府の長官に左遷しました。が、自分に協力的だった麻呂でなく、婚約者を奪った日向を信じるのもおかしな話で、これは通説通り、麻呂が邪魔になった中大兄の策謀でしょう。

 中大兄の妃・遠智娘は心痛の余り、父を斬刑にした物部二田造塩の名を聞くことすら嫌がったため、近侍の者は“塩”を“堅塩”という別名で呼ぶほどでした。そうまでしても遠智娘の心は治らず、

“遂に傷心に因りて死するに致りぬ”

 という事態になってしまう。

 皇太子はそれをひどく哀しんだ、と『日本書紀』には記されています。

 当時、持統は数えで5歳。

 父のせいで母方祖父が無実の罪で殺された上、そのショックで母までが死に、それを父が嘆き悲しむという惨状の中で育ったのでした。

 武則天の毒ぶりがつらい生い立ちと関連したように、持統もトラウマものの少女時代を送ったわけです。

■毒親育ち?の草壁皇子の早逝


 そんな持統は、一人息子の草壁に大きな期待を寄せていたものの、先に触れたように草壁は、689年、28歳の若さで死んでしまいます。

 死因は不明で、『日本書紀』の死亡記事も、

「十三日に、皇太子草壁皇子尊が薨去された」(持統天皇三年四月十三日条)

 と、実にあっさりしたものです。

 これは、謀叛人であるにもかかわらず、大津皇子の死亡記事が、

「立ち居振る舞いは気高く、弁舌爽やか。(伯父であり母方祖父でもある)天智天皇に愛された。成人すると分別に富み、学識に優れ、とくに文筆を好まれた。詩賦の興隆は大津から始まった」 (朱鳥元年十月三日条)

 と、容姿人格の素晴らしさや功績が記されているのと対照的です。

 現政権に有利なことが描かれているはずの『日本書紀』でさえこの調子です。

 漢詩集の『懐風藻』でも大津は伝記に加え、4首の漢詩が収められるのに対し(大友も伝記と2首所収)、草壁は採るべき漢詩もなかったのか、一つもありません。

『万葉集』(771年ころ)には、草壁の死を悼む柿本人麻呂や舎人らの歌が収められてはいるものの、人麻呂の歌は皇子が天下を治めていたら花のように繁栄していただろうといった草壁の皇位の正統性を追認するようなおべんちゃら的なものだし、舎人らの歌23首は皇子不在の宮殿や庭の寂しさばかりで、草壁の人柄を伝える歌が見事なまでに1首もない。ちなみに同じ人麻呂による挽歌でも、草壁死後、即位した持統のもとで太政大臣として政務を執っていた高市皇子へのそれは、高市の勇ましさや功績が連ねられています。

 要するに、草壁には特筆すべき長所も功績も何一つとしてなかったのです。

 28という享年の若さはあるものの、それを言うなら大友は25、大津は24の若さでした。

 唯一、草壁の横顔を彷彿させるのは『万葉集』に収められた草壁自身の和歌です。

 歌は、石川郎女を巡る大津との三角関係の状況下で詠まれています。大津皇子と石川郎女は相思相愛で、大津が、

「あなたを待って立ち続け、山のしずくに濡れてしまった、山のしずくに」(“あしひきの 山のしづくに 妹待つと 我立ち濡れぬ 山のしづくに”)巻第二・107

 と詠むと、郎女は、

「私を待って、あなたが濡れた山のしずくに、なれたらいいのに」(“我を待つと 君が濡れけむ あしひきの 山のしづくに ならましものを”)巻第二・108

 と答えるほどラブラブなのに対し、草壁皇子の歌には郎女は返歌をしなかったのか、歌は残されていません。

 性=政であった古代、政治闘争は三角関係によって表されることが多いものです。これらの歌も大津と草壁が政敵であるため、このように配列・構成されたものかもしれません。つまり別の時期に詠まれたものを、三角関係が浮き彫りになるように配列された可能性もあり?とは思うものの、歌も大津が上なら、女の心をつかんでいるのも大津。

 草壁が早死にしたのは、能力がないにもかかわらず、皇位継承の重荷を負わされ、母・持統の毒に当てられたから……そんなふうに思われるのです。


■吉野の盟約という脅し


 持統が毒親であると思うのは、継子の大津を死に追いやったり、凡庸な我が子・草壁を皇位につけようとしたり……というだけでなく、子や孫へのコントロールの強さゆえです。

 スーザン・フォワードの『毒になる親』によれば毒親の特徴は子への強いコントロールが持続することにあり、持統にもそのにおいを感じます。

 即位年齢が若くて30歳頃だった当時、年少の子や孫をバックアップするのは当然と思われるかもしれません。

 けれど、持統以前の天皇(大王)は、子や孫がその年に満たなければ、兄弟や正妻(皇后)に皇統を相続させるなどし、我が子や孫に無理に皇統をつなぐことはしなかった。それを持統は、草壁死後は皇太子を定めず、継子の高市皇子を太政大臣にして実務を執らせます。そして6年後、高市皇子が死ぬと、天武の遺児たちが残る中、即位の根拠の薄い孫の軽皇子(683〜707。のちの文武天皇)を15歳という異例の若さで即位させるべく生前譲位するのです。即位の根拠が薄いというのは、軽の父・草壁が即位しないまま死んでいるから。この時の紛糾ぶりについては『懐風藻』に詳しく、持統は“皇太后”と記されることなどから、実は即位はしておらず、高市皇子が天皇だったという説もあるほどです。一般的には、高市皇子は「天皇大権の代行者としての身分が考えられる」(※6)とされています。

 こうして孫を即位させて退位した持統は、もともとは退位した天皇の称号に過ぎなかった太上天皇に、天皇と同等の地位を持つことを律令に規定、自身も力を得ることで天皇をバックアップします。生前譲位はやはり女帝の皇極が同母弟の孝徳に譲位した先例があるものの、これは乙巳の変という非常事態があってのことで、太上天皇による執政は持統が初めて。それもこれも自分の血を引く子孫に、自分の目の黒いうちに皇統をつなぎたい一心からです。

 その器量もないのに期待をかけられる子や孫にすれば重荷に違いないし、未熟な天皇を熟練の太上天皇が後見するという先例は、天皇権力の形骸化にもつながります。実際、藤原不比等の協力を得た持統以後、天皇家の外戚として藤原氏は権勢を増すことになります。が、そうした犠牲を払ってもなお草壁の血を継ぐ孫に皇統をつなげたかったのです。あるいは持統自身が権勢を握りたかったという可能性もあるでしょう。百人一首にも採られた持統の、

“春過ぎて 夏来たるらし 白たへの 衣干したり 天の香具山”(『万葉集』巻第一・28。※7)

 は、そんな持統の強い権勢欲の現れではないかと私は見ています。

『日本書紀』には、東征した神武天皇が、すでに支配者のいた大和を攻めあぐねていた時、夢の告げに従って香具山の土を盗み、その土で土器80枚を作って敵を呪詛したところ、大和を制覇できたとあります(※8)。香具山の土は大和国そのものを象徴する。この香具山が見える位置というのは、夫・天武といた吉野や飛鳥浄御原宮などではなく、自身が遷都した藤原宮からでしかあり得ません。つまりこの歌は、持統が藤原京から香具山を眺め、「私の香具山、私の国が見える」と、やっと自分のものになった国を眺めて満足している歌であるというのが私の解釈です。

 そんな権勢欲の強い彼女の毒ぶりを思わせる一つに「吉野の盟約」があります。

 吉野の盟約とは、壬申の乱から7年後の679年5月、天武と、その即位と共に皇后になった持統が、持統腹の草壁、草壁と腹違いの大津、高市、忍壁と、持統の父である天智の子の川島、施基の計6皇子を吉野宮に集め、異腹・同腹を問わず結束することを誓わせた盟約です。

 この文言がなかなかに恐ろしいのです。

「天つ神と国つ神と天皇よ、お聞き下さい。我々兄弟、長幼合わせて十人余りの王は、おのおの別の母の腹から生まれました。けれど同腹・異腹を問わず、共に天皇のおことばに従い、助け合って、逆らいません。もしも今後、この盟約に背けば、命を失い、子孫は絶えるでしょう。忘れません。違反しません」 (『日本書紀』天武天皇八年五月六日条)

 これを草壁から順に、他の5皇子も次々誓わされるんですから、はっきり言って脅しにしか見えない。

 とくに「この盟約に背けば、命を失い、子孫は絶えるでしょう」というくだりが怖い。

 まぁ私が大学で習った中世の起請文(神前での誓い事)なんかも、「この誓いに背けば、白癩・黒癩の病に冒されるであろう」といった神罰が末尾に記されるのが常で、誓いというのは破った時の罰則がつきものです。つまりは脅しなんですが、吉野の盟約は日本での、この手の怖い誓いの最古の部類に入るんじゃないでしょうか。

 もちろん、ここには、それまであいまいだった皇位継承の基準をはっきりさせることで、二度と壬申の乱のような大乱を起こすまいという強い決意がある。それまでは、兄弟相続と親子相続が併存し、親子相続にしても腹ごとに“大兄”と呼ばれる年長の候補者がいる上、豪族の合議が大きな力を持っていたため、皇位継承争いが絶えませんでした。それを草壁を代表者とすることで、父子相続で、かつ年齢よりも母の身分を重視するという方向性を示したわけです。

“腹”を強調しているのもこの誓いの特徴です。

 前近代、とくに母系的な要素の強かった古代では、同じ父の子でも、どの母の子かによって地位や立場が違ってくる。腹が違えば他人同然、むしろ「父方の親族は王位を争ういわばライバル同士」で、「母方の親族こそが我がミウチ」(※9)でした。

 そんな中、草壁らは生まれた腹を問わず、結束することを誓わされた。天皇もまた、

「我が息子たちはそれぞれ別の腹から生まれている。けれどこれからは同母兄弟のように慈しもう」

 と誓い、6人の皇子を抱きながら、

「もしこの誓いを破れば、たちどころに我が身は亡びよう」

 と誓います。そして皇后もまた天皇と同様の誓いをするのです。

 この誓いは間違いなく皇后(持統)の発案でしょう。

 天武にとっては大津はもちろん、草壁や大津より劣り腹ながら、壬申の乱で活躍した第一皇子の高市も、我が子です。

 草壁を筆頭にしてメリットがあるのは皇后ですし、『日本書紀』には壬申の乱も天武と皇后が“与に謀を定む”(※10)とあることからして、また異様なまでに“腹”を強調していることからしても、すべては持統を中心に据えた誓いだったのではないか。天武を含め、皇子たちはそのコントロール下にあったと考えます。

※1 明治期、弘文天皇と諡号。即位説もある。
※2 中西進『古代史で楽しむ万葉集』(角川ソフィア文庫)
※3 倉本一宏『壬申の乱』(吉川弘文館)など。
※4 新編日本古典文学全集『日本書紀』3(小学館) 頭注
※5 『藤氏家伝』鎌足伝
※6 新編日本古典文学全集『日本書紀』3 頭注
※7 百人一首では“夏来にけらし”“衣ほすてふ”と伝聞形になっている。
※8 『日本書紀』神武天皇即位前紀
※9 水谷千秋『謎の大王 継体天皇』(文春新書)
※10 『日本書紀』持統天皇称制前紀

大塚ひかり(オオツカ・ヒカリ)
1961(昭和36)年生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒。個人全訳『源氏物語』、『ブス論』『本当はひどかった昔の日本』『本当はエロかった昔の日本』『女系図でみる驚きの日本史』『エロスでよみとく万葉集 えろまん』『女系図でみる日本争乱史』など著書多数。

2020年5月15日 掲載

関連記事(外部サイト)