新型コロナウイルスで未解決事件の捜査停滞 「時効を停止すべき」と遺族が訴え

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの影響で、時効が差し迫っていない未解決事件の捜査は停滞
  • 約11年前、息子をひき逃げ事件で失った小関代里子さんは時効停止を訴えている
  • 「逃げ得が許されない社会になってほしい」と、昨年6月から署名活動を始めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております