真っ黒カレー「神保町 キッチン南海」閉店へ 創業者の南山茂社長が思いを語る

記事まとめ

  • 神田神保町で、真っ黒なカレーを提供してきたキッチン南海は6月26日をもって閉店する
  • 作家や編集者のファンも少なくなく、文芸評論家の福田和也氏は「文化財である」と絶賛
  • 閉店の理由はビルが築90年で老朽化したためで、創業者の南山茂社長が、思いの丈を語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております