韓国への渡航禁止で美容整形好きの日本人女性が困るウラ事情

美容整形を申し込む人が増加 美容整形で有名な韓国に渡航できなくなったことも影響か

記事まとめ

  • 新型コロナの影響で外出自粛が続く中、美容整形を申し込む人が増えていると報じられた
  • 「美容整形で有名な韓国に渡航できなくなったことも大きい」との指摘も
  • ボトックスなどを韓国で定期的に受けていた女性が日本の病院に通い出しているとも

韓国への渡航禁止で美容整形好きの日本人女性が困るウラ事情

■日本側はビジネスチャンス!?


 諺の「風が吹けば桶屋が儲かる」はよく知られているが、今の日本は「新型コロナが猛威を振るうと、美容整形クリニックが儲かる」となっているのをご存知だろうか。

 ***

 日本経済新聞(電子版)は5月12日、「美容整形『多くは不急、今は控えて』」の記事を掲載した。記事を作成したのは共同通信だが、本文の一部をご紹介しよう。

新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛が続く中、美容整形を申し込む人が増えている。複数の美容関係者が明らかにした。在宅勤務や休校、マスク着用で、手術後の顔の腫れや容姿の急変を他人に知られずに済むためとみられる》

《日本美容医療協会と日本美容外科学会(JSAPS)はホームページで「美容医療は多くの人にとって不急」と掲示。同学会の大慈弥裕之理事長は「医療資源の確保と感染拡大防止は、医療従事者として努力すべきこと。今は施術を控えてほしい」と話した》

 美容整形を取材する記者は、「美容整形で有名な韓国に渡航できなくなったことも大きいようです」と指摘する。

「グルメやコスメ、韓流タレントなど、韓国が好きな日本人女性は珍しくありませんが、その中には現地での美容整形にハマった人も相当数にのぼると言われています。何よりも価格が安いのが人気のようです。ところが新型コロナウイルスの影響で、日本人は韓国への渡航が難しい状況になっています。特にボトックス注射や脂肪吸引を定期的に韓国のクリニックで受けていた女性は、日本の病院に通い出しているそうです」

 韓国の事情に詳しいライターの児玉愛子さんも「私の知人女性も、『日本のクリニックに行かなきゃいけない』と言っていました」と明かす。

「彼女は50代の専業主婦で、顔のたるみを消す『リフティング』など色々、韓国の美容整形クリニックで、定期的に施術を受けていましたね。ちなみに彼女のご主人も、妻の“趣味”はご存知です。こういう女性はかなりの数にのぼるはずですから、日本の美容整形業界に与えるインパクトは相当なものがあると思います」

 そもそも、なぜ、日本人女性は韓国のクリニックに向かうのか。

「ドラマ『冬のソナタ』はNHK-BS2で2003年、NHK総合では翌04年に放送され、日本でも国民的なブームを巻き起こしました。この頃から韓国の美容整形は注目されていましたが、理由は2つあると思います。まず1つ目は費用が安いということです」(同・児玉氏)

 児玉氏によると「クリニックにもよりますが、日本の3分の1という価格帯も珍しくありません」という。日本で10万円の施術が、韓国では3万円というわけだ。これは確かに安いだろう。

「韓国は日本の隣国で近く、もともと航空チケット代も他国に比べれば安かったわけです。加えて近年はLCC(格安航空会社)が登場し、更に値下がりしました。10万円で施術費も航空チケットも宿泊費も間に合うケースもあるわけです。美容整形に関心を持つ日本人女性が、韓国のクリニックに行ってみようと考えるのは、ある意味で当然だと思います」(同)

■安全性に疑問も


 美容整形の中には、定期的な施術が必要なものもある。例えばヒアルロン酸などを肌に注射する「水光注射」や、涙袋の形成、唇の「グロス注射」などだ。

 どうせクリニックに通うなら、LCCを使って韓国へ渡り、ショッピングやグルメを楽しんでから、最後に施術を受けて帰国する――こんな風に考える女性は少なくないのだろう。近年は日本人だけでなく、中国人女性も美容整形のために韓国を訪れるという。

「本当の大手術になると中国人でも安全性と技術力の高い日本のクリニックを訪れるようですが、低価格帯の場合は韓国のクリニックが人気なのは日本と同じです。私がソウルで定宿にしていたホテルは一時期、美容整形ツアーで韓国を訪れた中国人女性で満室でした。ロビーでも廊下でも顔中を包帯でぐるぐる巻きにした人ばかりで、正直言って、ちょっと怖かったです(笑)」(同)

 韓国のクリニックも公式サイトは母国語だけでなく、日本語と中国語のページも用意しているという。

 かつては日本でも「韓国美容整形ツアー」があったというが、今は個人旅行でクリニックを訪れるのが一般的のようだ。それだけ情報の入手が容易になったということなのだろう。

 児玉さんは第2の理由として「韓国のクリニックは即効性が高い」ことを挙げる。美容整形における即効性とは聞き慣れない概念だが、どういうことなのだろうか。

「日本の美容整形クリニックは、基本的に慎重です。患者さんが希望しても、健康上のリスクがあると判断すれば、拒否されることも珍しくありません。ところが韓国の医師は顧客第一と言いますか、患者の希望を無条件に対応してくれるんです。非常に分かりやすい美人顔にしてくれると感謝する声もあるんです」

 児玉さんも韓国でシミ取りを体験してみたことがあるのだが、日韓の違いを痛感する出来事があったという。

「日本のクリニックは肌への刺激を考え、低出力のレーザーを使い、少しずつシミを取っていきます。ところが韓国人はせっかちなタイプが多いということもあり、高出力のレーザーで、一気に取るんです。仕上がりの満足度も韓国のほうが総じて高く、ファンになる日本人女性も多いんです」

 ところが児玉さんの場合、韓国流の強引なシミ取りを体験してみると、最初は綺麗に消えた。ところが数日後には顔が赤く腫れ上がり、それが落ち着いたと思ったら、新しいシミができてしまった。

「改めて日本のクリニックでシミ取りをお願いしたんですが、その時、韓国での体験を話したんです。すると、私を担当してくれたお医者さんは『韓国では似たようなケースが少なくないんですよ』と教えてくれました」

 脂肪吸引も日本のクリニックは安全第一で量を抑える傾向があるが、韓国のクリニックは“ごっそり”取ってくれるのだという。

 いいことずくめという印象を持った向きもおられるだろう。コロナ禍の今は日本のクリニックに通うとしても、日韓が自由に行き来できる日が来れば、多くの女性が韓国へ飛ぶに違いない――。

■朝鮮日報は社説で批判


 だが、児玉氏は「韓国では安全性に問題のあるクリニックもありますので、注意が必要です」と警鐘を鳴らす。

「日本人と中国人の患者を当て込み、無許可のクリニックが粗製濫造されたのです。患者数を誇大に広告するなど様々な問題が指摘され、韓国国内で社会的な問題になりました。低レベルのクリニックに患者を取られた、まともなクリニックの院長がテレビで抗議するなど、大きく報道されたこともありました」

 韓国観光公社の公式サイトによると、2019年に韓国を訪れた日本人は約327万人。うち男性は約112万人、女性は約211万人と、圧倒的に女性が多かった。

 読売新聞は2018年9月、「韓国で整形 光と影 日本人急増 年6000人 Kポップに憧れ 手軽に」の記事を掲載した。(註:全角数字を半角数字に改めた、以下同)

《美容整形を目的に韓国の医療機関を受診した日本人が、昨年1年間で約6000人に上り、9年前の20倍近くに急増したことが、韓国当局への取材でわかった。距離的な近さや手術代の安さに加え、「Kポップ」アイドル人気が背景にあるとみられる。一方で、手術を巡るトラブルも起きており、日本の国民生活センターは「本当に必要かよく考えてほしい」と呼びかけている》

 少し前の記事だが、朝鮮日報は2014年12月、「患者の命を奪った無分別な美容整形、法で規制を」との社説を掲載した。

《今月19日、ソウル市瑞草区のある整形外科で、4時間にわたり顎を削る手術を受けた21歳の女子大生が、手術後も意識を回復することなく死亡した》

《関係する医師らの証言によると、ソウル市江南周辺の大手美容整形外科では、工場なのか病院なのか区別ができない状況となっているのが実情だという。その現状はこうだ。まず数十人の医師が患者の部位ごとに手術の時間と1日当たりの手術の回数が割り当てられる。手術室にはタイマーが設置され、例えば二重まぶたの手術は30分、目を大きくする手術は1時間、鼻の手術は2時間以内に手術を終わらせることが求められる。ひどい場合はより多くの患者を受け入れるために、複数の患者を同時に手術するケースや、最初から診察室で手術までやってしまうようなこともあるという》

 日本の検索エンジンでも、韓国の美容整形は安全性に疑問があるとする記事が簡単に表示される。

 韓国のクリニックに興味を持った女性は、危険性を訴える記事にも目を通したほうがよさそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2020年6月15日 掲載

関連記事(外部サイト)