アパホテル「2500円」キャンペーン…歌舞伎町店で起こっていること

アパホテル「2500円」キャンペーン…歌舞伎町店で起こっていること

アパも想定外だった…

■何泊もしながら掲示板で相手を募集


 アパホテルが5月10日から始めた「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」。1泊2500円のプランは世間の関心を大いに集めている。「負けるな」を謳うだけに、利用する人たちのしたたかさにも注目が集まって……。ライターの神田桂一氏によるリポート。

 ***

 僕は、そのときアパホテル新宿歌舞伎町タワーの一室にいた。備え付けの浴衣を着たキャバ嬢は嬉々として話し出した。年齢は20代後半だろうか。

「もうアパホテルに泊まって4日目。キャバが終わってから、掲示板で相手を毎日募集してるの。私が勤めているのは、大衆店かな。家に帰るより、ここのほうが、清潔で豪華で安いし、出勤に便利。家に帰るのはめんどくさい。結構周りのみんなもここに泊まって同じことやってる。コロナでお客さんは減ったけど、お金に特別困ってるわけじゃない。でももっとほしいからやってる。アパに泊まってると、ホテル代払わなくていいから、お客がつきやすい。掲示板の募集はコロナ前からも気が向けばやってた」

 もともとはたまに相手をとる程度だったが、アパに泊まって、お客にもメリットが生まれたことで、毎日募集ということになったのだろう。

「これからもっと人多くなるよ。ホストの同伴組が、泊まっていくからね。今、このホテルのお客ってほとんどそういう目的の人なんじゃないかなあ。あなたも帰るのめんどくさくなったら早く予約しておかないと埋まっちゃうよ」

 立地は歌舞伎町のど真ん中。ゴジラがそびえ立つTOHOシネマズ新宿のすぐそばだ。僕はフリーのライターで、仕事は基本的に自宅ですることが多い。たまに気分転換に外の喫茶店などでやることもあるが、コロナの自粛要請のおかげでどこも閉まっている。

 そんなときである。アパホテルが「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」と題して、5月10日から1泊なんと2500円のプランを始めたのだ。ホテルでカンヅメも悪くない。そう思って、さっそく僕は予約をとって泊まりに行くことにした。

 泊まったところは冒頭に書いた新宿歌舞伎町タワー。入り口に着くと、誰かと待ち合わせしていると思われる男女がまるでホテルから追い出されたようにあふれ出ていた。なんだこれはと思いつつも、そのときはあまり気にすることもなく、フロントに行き、チェックイン。

 さて、原稿を書くかと気合を入れるもついついネットサーフィンをしてしまう。するとツイッターで、このホテルが売春の現場になっているという情報を見つけた。入り口でたむろっていた人たちは、もしかしたらこれのことかもしれない。僕は真相を確かめたくなった。

 後日。真相を確かめるべく、僕は、某出会い系サイトに登録してみた。そこで、掲示板を覗いてみると、「新宿で会いたい」という投稿がたくさん出てきた。試しにそのなかのひとりにコンタクトをとってみる。「会いたいです。場所はどうしますか?」しばらくして返ってきた返事には「アパホテル歌舞伎町タワーまで来てくれますか?」という文言だったのである。他にも「ア○ホテルで会いたい」という直球の書き込みもあった。僕は、メールの相手に会うために、もう一度、アパホテル歌舞伎町タワーまで行くことにした。

 途中、メッセージでやりとりする。アパホテルは、ルームキーがないとエレベーターを使えない仕組みになっている。なので、一階のロビーまで、女性に降りてきてもらわないと部屋まで行けない。だから、こまめな連絡が必要となる。


■夜の街の住人が占拠していた


 そして、エレベーターホールで女性と対面。備え付けの浴衣を着ているが、金髪の派手髪でキャバ嬢とぱっと見でもわかるようないで立ちの女性がそこにいた。身長は150cmくらい。体型はやや細め。派手なネイルをほどこし、化粧はかなり厚い。ノリは完全な陽キャで、陰キャの僕はノリについていくのに必死だった。ふたりで差し障りのない話をしながらエレベーターに乗り、部屋に向かう。

 室内は派手な洋服やらコスメやらでめちゃくちゃに散らかっていた。ちょっと引くほどだ。何日泊まっているのかと聞くと4日だという。4日でこれだけ散らかすのも凄い。そしてタバコの吸いすぎのせいかどうかはわからないが、歯は真っ黒だった。僕は、今日はやる気はない、話だけしたい旨を伝える。そうして、冒頭の会話に突入したのだ。

 1時間ほど話しただろうか。いくばくかのお金を渡して、僕はホテルから去った。やはり、噂は本当だったのだ。ただ、アパホテル新宿歌舞伎町タワーに泊まる人たちはキャバ嬢だけではない。

「ホテルの真裏には、立ちんぼ(呼び込みで客を取る娼婦)がたむろしていることで有名なハイジア(複合ビル)があります。普段はネットカフェで生活している人が多いんですが、彼女たちもこぞってアパホテル入りしています。2500円ならネットカフェよりも安いですからね。それだけインパクトのある値段だということ。しかし、立地が立地だけに普通のお客さんは泊まりづらいでしょうね」(新宿に詳しいライター)

 夜の街でのコロナ感染が今もなお問題視されるなか、実はこういうところでも、感染は広がっているのかもしれない。

 アパホテルの2500円キャンペーンは6月いっぱいまで継続中である。アパグループに聞いてみると、以下の通り、回答した。

〈1泊2,500円〜の宿泊プランは、「コロナウイルスに負けるなキャンペーン」として、新型コロナウイルスが早期に収束する一助となることを願い、当社としてできる協力は全て行おうと、医療従事者の方はもとより、テレワークでの利用や長時間通勤による感染リスクの軽減、生活インフラを支える業務の従事者の宿泊等、幅広い用途にご利用いただけるように、創業日である5 月10 日(日)から6 月30 日(火)まで、アパ直(アパホテル公式サイト・アパアプリ)限定で販売している商品であり、実際そのような目的でご宿泊されたお客様からも大変好評を頂いております〉

〈アパホテルの宿泊約款では、宿泊者以外の客室および客室階への立ち入りは禁止し、定期的に館内巡回もしておりますが、ご質問頂いたようなことが実際にあったとすれば、許されることではないと考えますので、厳しく指導し、即座に退店を申し渡します〉

神田桂一(かんだ・けいいち)
1978年、大阪生まれ。関西学院大学法学部卒。カルチャー記事からエッセイ、ルポルタージュまで幅広く執筆。今年、台湾に関する紀行ノンフィクションを刊行予定。著書に『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(宝島社=菊池良と共著)など。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年6月23日 掲載

関連記事(外部サイト)