岐阜「金津園」で出稼ぎ禁止令 神奈川の女性がコロナ感染、組合はすぐに対応するも…

岐阜「金津園」で出稼ぎ禁止令 神奈川の女性がコロナ感染、組合はすぐに対応するも…

なぜ件の女性は「X」へ出稼ぎに行ったのだろうか?(※写真はイメージ)

 6月9日、岐阜県岐阜市は、20代の女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。現在までに、女性が「岐阜駅周辺の風俗店」勤務であることや、神奈川県と岐阜とを行き来していたことも明らかになっている。

 店名や具体的な職種については伏せられているものの、「岐阜駅周辺の風俗店」といえば、西日本最大級のソープランド街・金津園を誰もが連想するだろう。コロナ陽性を受け、岐阜特殊浴場防犯組合では〈新型コロナウイルス感染症患者発生の件〉と題する文書を、6月11日前後に、組合に所属する各風俗店に通達している。

 文書には〈神奈川県も東京都もまだまだ新規の患者が発生している地域です。そのような地域からの従業員の受け入れは控えて頂くようにお願いします〉と記され、事実上の“出稼ぎ禁止令”が出たと言える。同時に〈「岐阜駅周辺の風俗店に勤務の女性」という事以外、公式に場所及び人物の特定はされておりませんので、組合として発表できる事はありません〉ともある。

 これについて岐阜県特殊浴場防犯組合の組合長は、次のように答えた。

「岐阜県では5月15日をもって緊急事態宣言が解除され、私どもも営業を再開しました。コロナ対策がマニュアルにのっとって行われているか、県のほうから確認するよう要請があったので、その目的で文書を出したまでです。その際に組合の役員会で『受け入れは控えたほうがいいんじゃないか』との意見があったので、控えて頂きたい旨も併せて載せました。こちらは組合ですから、強制力はありません。あくまで組合員への“お願い”です」

 感染者について公表されている情報は、あくまで女性が「岐阜駅周辺の風俗店」勤務だったというだけ。組合として金津園勤務だったか否かについて明言しないのだが、さる金津園の関係者は言う。

「感染していた女性が、ソープランド『X』(仮名)の子だったことは、みんな知っていますよ。神奈川県からの出稼ぎだったという情報と、報じられた〈6月5〜7日は勤務していた〉というスケジュールから特定され、ボーイさんの間で噂になっていましたから。『X』は2011年頃から営業している格安店で、料金は1時間2万円ほど。ノースキン(避妊具を付けずに性行為を行うこと)を売りにしている店です」

 こちらの「X」、関係者の間ではあまり評判がよろしくないようだ。

「金津園って、他のソープランド街よりも性病検査が厳しく行われているほうです。『X』のようなノースキンの店の場合、通常は月2回、中には月4回、検査を行うところもある。ところが『X』は、ぜんぜん検査しない。数年前から、梅毒になる女の子が多く出ているんですよ」(同・関係者)

「X」は、東京・歌舞伎町のスカウト会社が立ち上げた店だ、という話もある。それゆえ、どんどん新しい女性が店に送り込まれるのだが、彼女たちはきちんとしたケアを受けられず、いわば“使い捨て”状態になっているというのだ。そもそもスカウト経由で女性を斡旋する行為は、管理売春になるのではとの問題もある。こうした劣悪な環境では、新型コロナウイルスの感染対策もしっかりと取られていなかったであろうことは、想像に難くない。

 コロナ発生を受けての店の対応にも、関係者は不満を募らせている。

「『X』のほうから『うちで出ました』と公表してくれればいいのに、それをしないんです。おかげで金津園の風俗店すべてが『この店でコロナが出たのではないか?』と疑われ、迷惑しています。そのくせ、ほぼシステムが同じ『X』の系列店は、今も営業中。こちらもスカウト経由での出稼ぎの女の子が多くいた店です。系列店同士でスタッフの行き来はザラにありますから、下手をしたらクラスターが起きかねませんよ」

 さらに「出稼ぎ禁止令」を出した組合にも、こんな事情があると明かす。

「実は、組合長は4月末に交代したばかり。周囲に“示し”をつけるために、“出稼ぎ禁止令”を出した事情もあるようです。あとは、東京で緊急事態宣言が発令された後、金津園への出稼ぎを推奨するような求人を出した不謹慎なグループもあった。そういった店にクギを指す意味もあったのでしょうね」(同・関係者)


■出稼ぎするワケ――“鬼出勤”を嫌う関東の客


 そもそも、なぜ件の女性は「X」へ出稼ぎに行ったのだろうか。風俗店のない地域の女性ならまだしも、「神奈川と往復していた」という情報から判断するに、彼女の自宅は神奈川にあったはず。近隣には堀之内(神奈川県川崎市)や吉原(東京都台東区)といったソープランド街があるから、遠く金津園まで働きに出る必要はなかったはずだ。そんな出稼ぎ事情について、この道ひと筋25年、40代のベテラン風俗嬢Aさんに話を聞いた。実際に数年前まで金津園に出稼ぎに行っていたこともあるという。

「出稼ぎをする理由にはまず、『地元での身バレ防止』があります。それから、色恋営業(客と恋愛関係になり店に呼び込む営業)をするタイプの女の子だと、出稼ぎのほうが安全。関係がこじれてストーカー化した場合、店を辞めて逃げてしまえばいいわけですから。それと、地域特有の文化なのですが、関東のお客さんは“鬼出勤”している風俗嬢を嫌がるんです」(Aさん)

“鬼出勤”とは「風俗を本業とし、ハードな出勤スケジュールで働くこと」を指す。Aさんによると、関東では素人やお嬢様風の女性が好まれがちで、出勤日が多い風俗擦れしていそうな女の子は、客から敬遠されてしまうことが多いというのだ。一方で、なぜか関西の男性は、そういった感覚は薄いという。結果、稼ぎたい関東の女性が“鬼出勤”をするために、金津園をはじめとした関西方面に出稼ぎに行くということが起こるのだ。

 Aさんも、時に出稼ぎの“鬼出勤”で稼いできたというが、近年こうした出稼ぎの女性は増えているという。

「私が出稼ぎを始めたのは2008年頃から。以降ずっと全国を回っています。当初はスカウト会社の斡旋だよりでしたけれど、最近はインターネットの普及で地方の情報が手に入りやすくなり、勤務先の風俗店を探しやすくなりました。今ではネットの風俗求人に『出稼ぎ』の言葉も多く見られますね」

 報道によれば、件の女性は「仕事がある際に岐阜に滞在していた」とされる。

「出稼ぎのやり方は人それぞれ。1カ月近く出稼ぎ先に滞在する子もいれば、土日だけ出稼ぎして、平日は地元で過ごす子もいます。店によっては出稼ぎ女性のためにアパートやマンションを借りて、“寮”を用意しているところもあります。が、寮費でぼったくられることも……。とある店では、家賃相場5万円の部屋で12〜13万円の寮費を取っていました。光熱費込みの価格とはいえ、女の子を搾取しすぎですよね」(Aさん)

 Aさんに言わせれば、東京や神奈川からの出稼ぎを禁じたところで、感染防止にはならないという。

「私が働いた印象では、金津園で働く風俗嬢の半分は、名古屋や大阪からの子でした。これまで金津園で出稼ぎしていた東京や神奈川の子たちは、岐阜駅から快速電車で20分の距離の名古屋に、出稼ぎ先を変えてしまうだけでしょう。で、お客さんは名古屋からも金津園に来るわけですよ。第一、本気で稼ぎたい子は“出稼ぎ”しない。岐阜市に住民票を移して働くんです。月に何百万円も稼げるのなら、住民票を移すくらい簡単です。現住所を岐阜にする子が東京・神奈川へ遊びに行けば、同じ話ですよね」

 また、集団感染が相次いだホストクラブとの関係についても、

「コロナを発症した『X』の子は、歌舞伎町のホストクラブに通っていたという噂があります(※公式情報での感染経路は不明)。ホストクラブは今、最も危険な場所のひとつです。ところが風俗嬢には、ホストクラブに多額のお金をつぎ込んでいる“ホス狂い”の子がとても多い。歌舞伎町に通うそんな風俗嬢は、東京や神奈川からだけではありません。名古屋や大阪など、金津園に近い都市からも行っています。東京と神奈川の子だけを規制したところで、意味がないと思うのです」


■Aさんは現在、個人営業で活動中


 ちなみにAさんは現在、店には出勤せず、馴染み客への“個人営業”で稼いでいるそう。その理由も「ホストクラブに通っていそうな若い子と待機室で同席するのが怖いから」だそうだ。

「お客さんの足元を見て値段を交渉しています。具体的には、年齢、職業、知り合ったお店で選んでいたコースなどですね。今週末にお相手するお客さんは、私が働いていた名古屋のマットヘルスで出会ったので、相場を考えて『泊まりで5万円』で交渉しました。店での手取りは2万円ほどだったので、それくらいが妥当かなと」(Aさん)

 出稼ぎを取り締まろうとも、他に働ける場所があれば、女性たちはそこへ流れていく。Aさんのように個人営業で働くケースもある。そして彼女たちに相手をしてもらう男たちがいる。はからずもコロナ禍が人間の尽きぬ欲望を浮き彫りにした……ということだろうか。

文=万亀すぱえ

週刊新潮WEB取材班編集

2020年6月24日 掲載

関連記事(外部サイト)