さいたま市が行った児童10万人「医療者への拍手」強要 形式的な“感謝”に意味は

さいたま市が行った児童10万人「医療者への拍手」強要 形式的な“感謝”に意味は

“意味あるの?”(写真はイメージ)

「医療関係者への感謝を示そう」。コロナ禍でトレンド入りしたフレーズの一つだ。それ自体は否定すべきものではないが、大いに首を傾げたのは、それを10万人の「子ども」に強制的に行わせた「大人」がいること。大人数、拍手、指導とくれば、思い浮かぶのは……。

 ***

 教育関係者の間で知られた話に、「仏様の指」がある。

 荷車がぬかるみにはまって苦しんでいる男がいた。ある人は励まし、ある人は手を持って引っ張り上げようとし……。最後に仏様が通りかかり、見えないように、すっと男の背中を押してぬかるみから出してあげた。男は自分の力で出られたと思い込み、自信を持つようになった。

 これに照らせば、渦中の教師たちのしたことは……。曰く、「教育的意義はあった」と胸を張るが、後味の悪さは否めないのである。

 問題の“教育”が行われたのは、さいたま市でのこと。通常登校が再開された初日に当たる6月15日、市の教育委員会の主導で、午前10時、全ての市立学校の生徒・児童約10万人が一斉に立ち上がり、手を胸の高さに上げて30秒間、拍手をした。その様子の一部はZoomを使って市内の医療機関に「中継」されたという。

「正直、医療関係者にとって、あんまり“励み”にはならなかったでしょうね」

 と苦笑するのは、元大阪大学大学院助教授で、MP人間科学研究所の榎本博明代表である。

「形式的な儀礼を受けた、と思ってしまったんじゃないか。子どもにとっても、登校して初日にいきなり拍手しろと言われても、深く考える余地がない。“拍手で感謝したことになるのか”とか、“みんな一斉にやることに意味があるのか”とか、さまざまな疑問が思い浮かんだ子もいたかもしれません。先生たちだって、“意味あるの?”と思った人もいるかもしれない。でも、気持ちのない生徒や白けている先生だって、ぼくはやりません、うちのクラスはやりません、とはいかなかったでしょうね。『同調圧力』の中では……」


■初の女性教育長


 榎本氏が続ける。

「綺麗ごとかもしれませんが、本来、教えるということは、そうした疑問をぶつけあうことです。そして子どもたちが“それは大事だ”と自分ごととして考え、感じたことを自分なりのやり方で伝えていく。教師はその手助けを、さりげない形で行う。上から押し付けるのではなく、考えるヒントを与え、子どもの内面に迫ることこそが、本来の役割ですよね」

 そもそも本当の感謝の念は、子どもの心に自然に芽生えるものだ。

 今回、さいたま市でこの拍手を発案したのは、市で初めてと注目されている女性の教育長だったとか。何かやらなきゃとの焦りがあったのだろうか。しかし、その「何か」とは、目に見えるもの、即物的なものだけではないだろう。

「近頃の教育界は、素早く形になるものばかりを求める傾向にあります。そのようにプレッシャーがかかっているからでしょうけど」

 と榎本氏は言う。

「実用的な知識やスキルの習得に重きを置くようになってきたのもその一つ。しかし本来は、その裏に物事に対する深い学びがなくてはいけない。それを希求する習慣を身に付けさせなければ、薄っぺらいのに“何かやった”と自信だけは満々な人間を生み出すようになってしまうでしょう」

 自らへの称讃を強要し、満足するどこぞの「首領様」。形式的な「感謝」を指導して、教育をした、と胸を張る教師たち。似通って見えるのは気のせいだろうか。

「週刊新潮」2020年7月9日号 掲載

関連記事(外部サイト)