コロナワクチンのアンジェス創業「阪大教授」、逮捕状の出た「NMB元メンバー夫」との関係

■18年間の最終赤字合計は430億円なのに


 アンジェスといえば、世界が待ち望む新型コロナウイルスのワクチンを開発中の期待のバイオベンチャーだ。母体の大阪大学をはじめ、タカラバイオ、AGCなどそうそうたる大手企業が参画する開発プロジェクトの中心にいるのは、アンジェス創業者で、内閣府規制改革推進会議委員もつとめたことのある阪大の森下竜一・寄付講座教授。メディアで見ない日はないくらい脚光を浴びているが、ワクチンが本当に完成すると思っている人はどれくらいいるのだろうか。少なくともこれまでのアンジェスを知る人は、あるキー局が下したとされる「森下教授の出演はNG」という判断に首肯することだろう。

 アンジェスは1999年に「メドジーン」という社名で設立され、わずか半年後に「メドジーンバイオサイエンス」に社名変更。バイオベンチャーブームの先駆けとして02年に東証マザーズへ上場したが、当時の社名は「アンジェスエムジー」だった。04年に「アンジェスMG」に、17年にMGがとれて単に「アンジェス」となった。社名をコロコロ変えてきたが、上場以来18年の激動のあゆみはそれどころではない。

 アンジェスは上場直前期の01年12月期こそ1億円あまりの黒字だったが、翌期から19年12月期までの18年間ただの一度も黒字になったことがない。18年間の最終赤字合計は430億円。これほどの赤字でなぜ会社が生きているかといえば、ひとえに資金を調達できてきたからだ。会社は赤字では倒産しない。

 しかし、当然赤字垂れ流しの会社に銀行の融資は難しい。実際、アンジェスには借入金というものが存在しない。そこで「リスクマネー」を供給してきたのが資本市場だ。いったいいくらのカネを資本市場はアンジェスに注いできたのか。それにはやや専門的だが、この18年間の決算書の「財務キャッシュフロー」を合計すればよい。結果は529億円。直近の売上高わずか3億円のアンジェスに株式市場はこれまで実に529億円ものカネを投じてきたのだ。なぜか? 森下氏が語るアンジェスの可能性を信じたから、ということになるだろう。

 第一三共、田辺三菱製薬、大日本住友製薬、アステラス製薬、米バイカルインク……1つひとつのプロジェクトのパートナー企業をみると周囲は今度こそうまくいくかもしれないと信じてしまう。しかし、現在開発中のDNAワクチンを除いて、これまでの取り組みのほとんどがいまだ事業化に至っておらず、集めたカネを溶かし続けてきた。この結果、投資家の間でアンジェスの本業はバイオベンチャーではなく「株券印刷業」と揶揄されるほど。いわゆる「IR芸」で資金を集めることが目的になってしまっているようにもみえる。

 さらにこれから詳しく触れるが、森下氏にはある人物との接点が見え隠れする。

 目下、警視庁担当の事件記者はたいていアイドルグループ「NMB48」元メンバー・木下春奈(22)のインスタグラムをウオッチしているはずだ。2011年に第1期メンバーとしてデビューし、同期には山本彩などがいる。16年10月にNMBを引退し、18年6月に「実業家男性」と結婚してシンガポールでセレブライフを満喫している様子を頻繁に投稿しているが、お相手の男性には警視庁組対3課から逮捕状が出ており、その様子が木下春奈のインスタから透けて見えるからだ。

■官報で「旅券返納命令」


 その男性、そして先に触れた「ある人物」とは結城貴氏(仮名)。いまとは違う元の姓もあり、さらに下の名も別にあったのだが、「奈良にある特別な寺で修業したことにしてもらって得度し、貴と変えた」(知人)。戸籍上の名前を変える手続きは簡単ではないが、「僧侶になったというと家庭裁判所の許可が取りやすい」(同)のだという。元の姓名の時に、太陽光発電設備販売会社の経営者として、13年10月、みずほ銀行から2億円の融資金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕・起訴された過去がある。

 ホスト風のルックスと派手なカネ遣いがメディアでたびたびメディアにも取り上げられていた。事件後「有名になりすぎた」として改姓改名したが、肝心の改心はせず、今度は東日本大震災の復興事業を騙り悪さをする。

 新電力会社の「A電力」は「電力を通じて福島を活性化」をうたい文句に16年10月に設立された。家庭などで電気の購入先を東京電力などからA電力に切り替えると電気代が安くなるうえ、売り上げの一部が福島に還元されるという触れ込みで、福島県楢葉町が出資する「一般社団法人ならはみらい」が株主になったほか、ソニー元会長の出井伸之氏も顧問に就任した。

 アパート管理業者の有力業界団体とタッグを組んで電力会社切り替えを進めるなど一見もっともらしいが、「すべて銀行融資を引き出すための舞台装置」(社会部記者)。受けた融資はすぐに実質経営者である結城氏(当時はさらに別の姓を名乗っていた)の高級外車などに形を変え、木下との結婚直後の18年8月にA電力は破産した。

 警視庁が「業務上横領などの容疑で捜査に着手した」(同)ものの、察知した本人はシンガポールから帰国しなくなってしまい、今年2月には官報において、現在の結城貴の氏名で「旅券返納命令」が通知される事態となった(写真)。

 官報には、昨年10月、東京簡裁から旅券法違反事件の被疑者として逮捕状が出され、今年1月に警察庁から外務大臣に通報があったと記されている。もちろん返納期限の3月9日までにパスポートが返納されることはなかった。このままではシンガポールの滞在ビザが来年早々にも切れるとされるが、最近その結城氏が親しい知人限定で公開しているインスタに興味深い投稿があった(写真)。

「これから年内に5カ国のパスポートを取得する。名誉市民権って売ってるんよね。」

「一つ目のバヌアツは7月取得 ヘンリーパートナーズに頼むとそこの国に行かなくても郵送で名誉市民権とパスポートが送られてくる」

「一国目をバヌアツにした理由は自分だけの島、無人島を取得出来ること。国王への道は遠いけど島王にはまずなれる。ここに森下先生からバイオの技術者をアレンジしてもらってクローンの開発を進める。10年前から言うてるけどとりあえずその為に後進国に投資しまくって自分の領土を拡げる」(写真)。

 バイオの「森下先生」とはもちろん森下竜一教授のことだ。以前からの知り合いかのような口ぶりだが、事情通によれば、結城氏が実質的に支配していたとされる「ポイントマーケット」という会社の大株主には森下教授の名前が登場しているのだ。

 ポイントマーケットは店舗や施設を利用した利用者の滞在時間がポイントに変わるシステムを提供し、と同時に加盟店には購買データと行動データを提供するという事業で、またまたもっともらしい。そして、福島電力の幹部が取締役に在籍するなど結城氏は足跡をしっかり残している。

 森下教授は昨年にポイントマーケットの社長と対談しており、ホームページでも公開されている。
https://www.point-market.co.jp/_assets/pdf/190529-2.pdf

 森下氏は今とまるで異なり、アンチエイジングフェアを主催する日本抗加齢協会の副理事長職をメインに活動していたようだ。


■森下、結城両氏の回答は?


 森下氏に結城氏との関係などについて、聞いてみると、以下のような回答があった。

――まず、アンジェスがこれまでことごとく事業化に失敗しているという指摘については?

《アンジェスに関しては、既に昨年期限条件付き承認制度により、HGF遺伝子治療薬コラテジェンを上市しておりますので、事業化に一つは成功しております。コラテジェンは、世界初の血管再生遺伝子治療薬で、日本初の遺伝子治療薬になります。創業以来事業化に成功していないのではないかという批判をネット上でも見ますが、私は事実ではなく、少なくともコラテジェンに関しては事業化に成功していると認識しています》

《他の高血圧DNAワクチン、新型コロナに対するDNAワクチンは、現在進行中です。新型コロナに対するDNAワクチンの開発が難航するかどうかは、正直わかりませんが、我々としては最大限の努力をしています。他のDNAワクチンは、アンジェスでは手掛けておらず、なんともいえません。過去の他社でのDNAワクチンの開発に関しては、対象とするウイルス流行が収まったため、上手くいかなかったと認識しています》

――結城氏のインスタグラムに登場することについては?

《まず、◎◎氏、あるいは、結城氏(2つ名前があるんですか? どちらが正しいかもわかりませんが)、と親しくしていることに関しては、間違いではないでしょうか。お会いした覚えはありますが、年代も異なりますし、バックグラウンドも違いますので、友人と言えるような関係ではありません。はっきりとした記憶はありませんが、世間話の中で◎
◎◎さん(=結城氏の以前の名)という方からクローンの相談は受けた覚えはありますが、荒唐無稽であり、現実的ではないということを説明しました。私は、クローンの専門家でもなく、誰かを紹介できる立場でもありません。人道的にも人のクローンはありえませんし、現時点では技術的にもできないと理解しています》

 ポイントマーケット株式会社との関係は?

《ポイントマーケットの株主ではありますが、結城氏が支配しているという認識はありませんし、事実でもないと理解しています。株主名簿にも、名前はないと思いますが。高福さんが社長で、そこからの関係で特許の相談を受けて、そこから株主になっています。結城氏は、どなたか財界関係の方の会合でお会いしたと思います》

 また、結城氏にも見解を聞いたところ、

《クローンの開発のアレンジについて、大阪大学の森下さんには可能かどうかの確認を自分から直接ではなく、人を介してしたが、無理だという回答をもらった。自分としては海外の複数の島の購入をしたので独自のルートで可能なことを模索している》

――ポイントマーケットについては?

《ポイントマーケットの実質的な経営になんか全くかかわっていない。会社に一度たりとも行ったことすらない。なんなら半年以上日本にも帰っていないのに支配のしようがない。知ってる経営コンサルタントの会社や、有力な上場企業の社長などは複数人1年以上前に紹介はした。社員に知ってる人間も何人かいてるし、人を紹介した手前もあるから成功はしてほしいと思ってる》

――そもそも、森下氏との接点はいかなるものだったのか?

《森下さんとどこで出会ったかについての、詳細については先方の個人情報にもかかわる可能性もあるので、細かいことは言及しないが、経営者の集まりの会で見かけて、バイオについては興味があったから話しかけた。が、こちらについても1年以上会ってもない》

――さらに、旅券返納命令については?

《すでに弁護団から以下のような不服申し立てを行なっており、こちらとしてはレスポンスを待っている状態である》

《不服申立人は、氏名が変わったので、旅券を変更する必要について、申請窓口に聞きにいったところ、新しい旅券に切り替えるように担当者にとその場で言われた。そして、申請内容についても、担当者の言われるがままに記載しただけものである(原文ママ)。このときに、担当者に、過去の履歴がどうだとかそんなことを聞かれることも一切なかった。こちらとこちらにチェックをしてお名前を書いてください、と言われるがまま書いたに過ぎない。よって、不服申立人としては、過去歴を偽る主張をして、新しい旅券をつくったわけではない》

《そもそも旅券の有効期限は、「◎◎◎◎◎」名義(以前の氏名)として十分な期間が残っており、改めて不実の告知を行なって申請をする必要は一切なかった。しかし、名前が変わったという事で、申請窓口に質問に行ったところ、その場で、担当者から指示をされるがまま切り替えの申請を行ったにすぎないのである。不服申立人としては、「結城貴」と改名しており、戸籍も新しくなっていることから、「◎◎◎◎◎」名義(以前の氏名)のときの経歴については、旅券を申請するときに記載する必要はないと思い、記載しなかったものである。申請窓口の担当者からも何も言われなかった》

《不服申立人は、いつでも、追加の申請等には応じる意向はある。よって、不服申立てをする処分の取り消しを求めるものである》

《不服申立ての趣旨及び理由は、上記の通りであるが、不服申立人は、外国などの移動の自由が制限される恐れがある。移動の自由は、憲法上も保障されている権利であるので、不服申立てをする処分は速やかに執行が停止されるべきである》

 森下氏は東京・麻布十番に会員制のワインバーを持つというから単なる学究肌の教授というわけではなさそうだ。コロナワクチンもIR芸のネタにされていないことを祈りたい。

週刊新潮WEB取材班

2020年7月10日 掲載

関連記事(外部サイト)