コロナ感染者、東京都よりはるかに情報公開している足立区 247人のデータから見えるもの

■積極開示の意義は?


 7月12日午後3時半すぎ、AbemaTVのニュースサイト「ABEMA TIMES」は「東京都で新たに206人の感染確認 4日連続で200人超え 20代、30代が7割」の記事を配信した。

 ***

 日曜の昼下がりということもあり、「206人」という感染者数にツイッターで言及した人も少なくなかったようだ。いくつかを引用させていただく。

《今日も206人か…日曜日でこの数字。来月はとんでもない数になるな…》

《今日の感染者数は206人か、緊急事態宣言はよ》

《換気のよい夏のこの時期に増えている。想像以上に増加しているのでは》(註:改行を省略した)

 東京都は公式サイトに、区市町村別の感染者数を発表している。ベスト10を表にしてみたので、ご覧いただきたい(註:7月10日現在の累計値)。

 やはりと言うべきか、新宿区が図抜けている。新宿と言えば歌舞伎町。テレビのニュース・情報番組を中心に強い関心が集まっているが、そうした現状が数字でも裏付けられたわけだ。

 ならば新宿区は、こうした状況を、どう広報しているのだろうか。公式サイトを閲覧すると、まず赤字で書かれた《特別定額給付金について(別ページへ移動)》という文字が目に入る。

 一方、特別定額給付金に負けず劣らず関心があるはずの《区内感染の公表について》は、保育施設や特別養護老人ホームで発生したクラスター感染の状況を公表しているに過ぎない。

 要するに、新宿区の居住者など、新型コロナウイルスに感染した1056人のリアルな状況を伝える資料は何もないと言っていい。

 世田谷区も公式サイトで感染者数を発表している。7月14日現在、陽性者の累計は624人に達し、退院や療養期間を経過した患者数は507人、そして亡くなった方は18人にのぼったことが分かる。

 だが、根本は新宿区と変わらない。中野区も似たようなものだ。ならば東京23区のうち、詳細な公表を心がけている自治体は、どこになるのだろうか。

 23区の中で、かなり努力している1つが、足立区だ。上でご覧いただいた7月10日現在の表には顔を出していないが、累計感染者数は213人で13位。これは東京都における累計感染者のうち約3%を占める。

 足立区の公式サイトを見てみると、最初にリンク先が紹介されているのは《毎日更新》と明記された《区内での新型コロナウイルス感染症患者の発生状況》だ。

 クリックすると、感染者に番号が付いているのが目に飛び込む。7月14日現在、リストのトップに表示されているのは《264》だ。

 項目を見ると、《診断日》は《7月13日》、《居住地》は《区内》となっている。もし《区外》だった場合は、勤務先や学校などが区内にあるということを意味している。

 年齢は40代で、性別は男性。症状は《発熱》と書かれている。《回復・死亡》という欄もあるが、ここは空欄だ。

 もうお分かりだと思うが、感染者に関する情報は――あくまでもプライバシーに配慮しながら――しっかりと公開されているのだ。


■足立区の“リスト”から浮かぶ真実


 新宿区や世田谷区の公表状況は上でご覧いただいたが、そもそも東京都の発表はどのようになっているのだろうか。

 都の公式サイトには「都内の最新感染動向」というコーナーがある。例えば7月14日現在、累計の《陽性者数》は8189人となっており、うち《入院》は679人。《宿泊療養》は104人で、《自宅療養》は273人。そして《死亡》は325人となっている。

 例えば都が広報した(7月14日19時30分現在)の《都内感染者数(東京都発表)》を見てみよう。

 一応、都も足立区と同じように《No.》が振られている。この広報資料で冒頭に記載されているのは《7943》だ。

 このNo.7943は年代が20代で、性別は男性だと分かる。だが、他の《居住地、属性、渡航歴、接触歴等は、現在、調査中です》と書かれているだけだ。

 No.7943だけではなく、最後に記載されている《8085》番まで全く同じだ。リストは年代と性別を除き、巨大な空欄が表示されているだけなのだ。

 現在、調査中というのなら、後の広報資料に加筆が行われているのだろうか。調べてみると、それも違う。6月20日に広報された資料も同じように大半が空欄であり、それが埋まっている形跡は全くない。

 足立区の場合は、感染者の1人1人に番号が付けられ、その“個人情報”がしっかりと公表されている。

 例えば、《195》番は区内に住む30代の男性で、7月4日が診断日。彼は発熱があり、肺炎と味覚障害も確認されていた。だが、現在は《回復》した――こうしたことが全て分かるのだ。

 他にもある。《133》番は区内に住む80代の女性で、4月30日に診断が下った。女性は発熱と咳があり、急性呼吸器症状と重篤な肺炎も認められた。そして《死亡》と記載されている。

 東京都と足立区の公表内容が全く違うことがご理解いただけただろう。そこで、足立区が公開している情報を詳細に分析してみた。

 区内で初めて感染が発覚した――つまりNo.1――は3月3日。以来、7月11日までに247人がリスト化された。感染者の性別は男性が137人、女性が110人だ。

 年齢は《10歳未満》から《90代》まで10個に区分されている。感染者の多い順に並べてみると、次のようになる。

【1】20代(52人=21・05 %)
【2】30代(38人=15・38%)
【3】50代(35人=14・17%)
【4】40代(34人=13・77%)
【5】70代(32人=12・96%)
【6】60代(28人=11・34%)
【7】80代(9人=3・64%)
【8】10代(7人=2・83%)
【9】90代(6人=2・43%)
【9】10歳未満(6人=2・43%)


■7月以降、高齢者の感染は減少


 10歳未満から30代までを合計してみると103人で、全体に占める割合は41・7%となる。これに対して40代から90代は144人で、こちらは58・3%だ。

 発生から現在まで、全体の期間では若者層も高齢層も感染率は拮抗している。だが、対象期間を限定すると違う傾向が見えてくる。

 例えば7月頃から都は「若者の感染が多い」との説明を繰り返してきたが、これは事実なのだろうか。

 そこで足立区のリストを7月の前と後で2つに分け、感染者数を集計した。最初に3〜6月を見てみよう。感染者の合計は187人で、全体の75%を占めている。

▼3〜6月
【1】50代(29人=15・51%)
【1】20代(29人=15・51%)
【3】70代(28人=14・97%)
【3】40代(28人=14・97%)
【5】30代(27人=14・44%)
【6】60代(26人=13・90%)
【7】80代(8人=4・28%)
【8】10歳未満(6人=3・21%)
【9】10代(3人=1・60%)
【9】90代(3人=1・60%)

 10歳未満から30代は65人で、全体の34・76%に過ぎない。これに対して40代から90代は122人、65・24%となった。やはり高齢層の割合が高いことが分かる。

 では次に7月の状況をご覧いただこう。

▼7月
【1】20代(23人=36・51%)
【2】30代(11人=17・46%)
【3】50代(6人=9・52%)
【3】40代(6人=9・52%)
【5】80代(4人=6・35%)
【5】70代(4人=6・35%)
【5】10代(4人=6・35%)
【8】90代(3人=4・76%)
【9】60代(2人=3・17%)
【10】10歳未満(0人=0%)

 トップの20代だけで36・51%に達しているのだから、これだけでも若者中心の感染拡大だと簡単に分かる。

 念のため同じ計算を行うと、10歳未満から30代は38人で60・32%。40代から90代は25人で39・68%となった。

 3〜6月の数字と比較しても、若者層の急増が分かる。20代は6月まで15・51%を占めるに過ぎなかったが、7月になると36・51%まで増加した。また10代も1・6%から6・35%と伸びた。

 これに対し、40代から90代までの高齢層と、10歳未満はいずれも割合が減少した。新型コロナの感染を避けようとした可能性がある。


■死なない若者、死ぬ高齢者


 足立区は7月10日、公式Facebookに「区内の新型コロナウイルス感染症患者が増加しています」との記事を掲載し、注意喚起を行った。

《東京都全体の傾向と同様に、7割弱が10代から30代の若い世代です》

《区内新規感染者の感染ルートの主な傾向は、以下の通りです。
・都心区の「夜の街」関連の従業員や来店客
・友人等との集団での飲食など》
(註:全角数字を半角数字にするなど、デイリー新潮の表記法に合わせた。以下同)

 都が、いや、小池百合子都知事(67)が何度も夜の街クラスターを訴えるのも、それなりの理由があったことが分かる。

 もし夜の街で感染者を封じ込めることに成功したら、少なく見積もっても、数十パーセントは感染率が下がるだろう。

 次に見たいのは、感染者のうちどれくらいが回復し、どれくらいが死亡したかという問題だ。

 まず247人のリストのうち、59人は「回復」や「死亡」が記述されず、空欄になっている。つまり治療中なのだ。

 結果が記録された188人のうち、170人が回復している。247人を分母にすると68・83%となり、188人を分母とすると90・43%となる。

 一方、亡くなられた方は18人。同じように計算すると、7・29%か9・57%という結果になる。

 足立区のデータを、まず都のデータと比較してみよう。7月13日現在、都の陽性者数は7721人。そのうち「退院等(療養期間経過を含む)」は6169人のため、全体の79・89%にあたる。

 一方、都の死亡者は325人のため、4・2%となった。退院率の優劣は判断が難しいが、足立区の死亡率は都の平均を上回っている。

 世界のデータとも比較しておこう。NHKのニュースサイトNHK NEWS WEBが7月12日に報じた「世界の感染者 1272万28人 死者56万5178人 新型コロナウイルス」の数字を使ってみる。

 まず見出しから総感染者における死亡者の占める割合を計算してみると、4・44%となる。更に記事で紹介されているアメリカとブラジルも算出してみよう。

 アメリカは感染者が324万7684人で、死亡者は13万4777人。割合は4・14%となる。ブラジルは183万9850人に7万1469人で、割合は3・88%となる。

 諸外国はPCR検査を拡充させているのに対し、日本は絞って検査を行っていた。そのことから日本の死亡率は高くなる傾向は以前から指摘されていた。専門家の予測が具体的な数字で裏付けられた格好になる。


■亡くなられた人々の詳細データ


 更に足立区で亡くなられた18人の内訳をご紹介しよう。まず性別は男性が9人、女性が9人で同数だ。

 年齢は最多が70代の7人、次に60代の6人、80代の5人となり、それ以外の年齢層で亡くなった感染者はゼロだ。

 若者は多くが感染するが死なない。一方、高齢者は罹患すると死亡リスクが高い――従来から指摘されていることではあるが、数字で見せつけられると重みが増す。

 足立区が「感染者」の情報を1人ひとり丁寧に紹介しているのに対し、都は全体の数字を発表しているに過ぎない。

 率直に言って、足立区が開示したデータだけでも、これだけのことが分かるのだ。東京都も同じ水準のリストを公開したほうがよさそうである。

週刊新潮WEB取材班

2020年7月16日 掲載

関連記事(外部サイト)