今度は国民民主に入党の「山尾志桜里」 狙うは菅直人の選挙区? 大きな火ダネに……

今度は国民民主に入党の「山尾志桜里」 狙うは菅直人の選挙区? 大きな火ダネに……

国民民主党の“火ダネ”

■党内で大騒動は必至、の声


 フジテレビ系列の東海テレビは7月11日、電子版のニュースとして「山尾志桜里議員の入党と県外選挙区への変更を報告…国民民主党愛知県連の幹事会で」の記事を配信した。

 ***

 記事の内容を紹介するには、改めて山尾志桜里・衆議院議員(45)の略歴を振り返る必要がある。

 山尾議員は1974年7月生まれ。小学校は東京都武蔵野市にある私立聖徳学園小学校。中学校は練馬区の東京学芸大学附属大泉中学校(2009年に閉校)。高校も世田谷区の東京学芸大学附属高校で、大学は東大法学部と、常に東京都内の学校に通っていた。

 2002年に司法試験を合格すると、04年に検察官に任官。東京や千葉の検察庁に勤務するが、07年に人生の転機が訪れる。

 当時の民主党が愛知7区(6区に属しない瀬戸市、大府市、尾張旭市など)の候補者募集を行ったのだ。これに山尾氏は応募、選出されたため検察官を退官した。

 つまり彼女が“落下傘候補”であることは一目瞭然だ。小学校から大学まで都内の学校に通った山尾議員は、愛知7区に地縁も血縁も全く存在しない。

 だが、当時の民主党には強い追い風が吹いていた。山尾議員は、いわゆる“小沢ガールズ”としてマスコミの注目を集め、09年の総選挙では初出馬にして初当選を果たす。

 この選挙で政権交代が実現し、鳩山由紀夫氏(73)が首相に就任した。だが、その後の民主党は有権者の支持を失い、12年の総選挙では自民党がリベンジ。山尾議員も落選の憂き目に遭う。

 それでも2年後の14年には国政復帰を果たした。しかし好事魔多し。17年に週刊文春が不倫疑惑を報道し、民主党を離党。同年の衆議院選挙では無所属で立候補し、辛くも3選を果たした。

 その後、立憲民主党に入党するが、次第に党の方針と齟齬が生じるようになる。今年に入ってからは、新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)の議論などで枝野幸男代表(56)を批判する姿も目立つようになった。

 3月12日、特措法改正案の採決で立憲民主党に造反し、18日に離党届を提出、24日付けで受理。そして今度は6月16日に国民民主党に入党届を提出、7月8日に受理されたのだ。


■山尾議員のライバルは誰か?


 ところが山尾氏の入党が、国民民主党で思わぬ波紋を呼んでいるという。政治担当の記者が解説する。

「実は国民民主党の代表を務める玉木雄一郎さん(51)[香川2区]も09年の総選挙で初当選していますから、山尾さんとは“同期”で親しいんです。今回の入党についても、彼女から相談され、玉木さんがOKしたそうです」

 国民民主党の関係者は「桜井充・参議院議員(64)[宮城県選挙区]が自民党会派に鞍替えしたのも大きかったでしょう」と明かす。

「当選4回の桜井さんは昨年、国民民主党を離党しました。玉木さんからすると、桜井さんの抜けた穴を、山尾さんで“補填”したつもりなのだと思います」

 ところが、山尾議員の入党に地元が猛反発を示した。

「先日、国民民主党の総務会が開かれ、そこで山尾さんの入党が議論されました。ところがリモート参加していた愛知県連の関係者が『愛知県の選挙区からは出馬してほしくない』と言いだしたんです」(同・国民民主党の関係者)

 なぜ県連が“山尾アレルギー”を示したのかと言えば、彼女が地元での政治活動を軽視していたことに尽きるという。

「国会議員なら通常、週末は地元に帰って活動し、国とのパイプ役として尽力します。ところが山尾さんは、地元を事実上、ほったらかしにしています。一応、彼女なりの理屈があって、『新しい政治スタイルを確立する』ということらしいのですが……。ただ、地元の県議や市議に言わせると『もう勘弁してくれ』というのが本音だと思います」(同・関係者)

 冒頭でご紹介した東海テレビの記事を見てみよう。ポイントを引用させていただくと、以下のような具合だ。

《11日、国民民主党愛知県連の幹事会が開かれ、衆議院愛知7区選出の山尾志桜里議員が入党したことや愛知県外の別の選挙区に国替えとなることが報告されました》

《党本部は入党を認める際、山尾議員と選挙区は党の決定に従うとの取り決めをしていて、地元の地方議員の間にこれまでの言動に対する不信感が募っていることなどを考慮し、愛知県外の別の選挙区に国替えする方針です》

 先の関係者は、「入党は認めるが、選挙区は執行部の指示に従えということです」と解説する。

 となれば、山尾議員が次にどの選挙区で出馬するか注目されているという。

「山尾さんが通った小学校は武蔵野市でしたし、父親は内科医で、開業先は三鷹市です。彼女が持っている地盤は、選挙区で言えば東京18区や22区になります。ただし、東京18区には立憲民主党の菅直人さん(73)がいます。本人の希望は、やはり東京の選挙区のようです。もし18区から出たいなどと言いだしたら、大モメになるでしょうね」

 東京には25の小選挙区があるが、国民民主党や立憲民主党の候補者はほとんど決まっているという。山尾議員が東京の選挙区から出馬するのはなかなか厳しそうだ。

「そうなると、山尾さんには自民党が圧倒的に強い選挙区で頑張ってもらう。それしかないのかもしれません。まだ国民や立民の候補者が決まっていませんからね。具体的には、菅義偉官房長官(71)の神奈川2区、河野太郎防衛相(57)の神奈川15区、そして小泉進次郎環境相(39)の神奈川11区といったあたりでしょうか。でも、果たしてそういった選挙区で彼女が納得するかどうか。率直に言って山尾さんは国民民主党の“火ダネ”です。選挙区を決める時に絶対、トラブルが起きると思います」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年7月17日 掲載

関連記事(外部サイト)