「ツーブロック禁止」で…昔の「暴君教師さま」の拷問のような校則解釈

「ツーブロック禁止」で…昔の「暴君教師さま」の拷問のような校則解釈

ツーブロックの代名詞的存在の伊勢谷友介

 東京都の一部都立高校が禁止としている「ツーブロック」。東京都議会で取り上げられた際に教育長は、「その理由といたしましては、外見等が原因で事件や事故に遭うケースなどがございますため、生徒を守る趣旨から定めているものでございます」と答弁。理由にならない理由に「ブラック校則」とさらなるブーイングもあがってきたのだが……。ある意味では過保護で平和な時代だからこそ成立する「ツーブロック禁止校則」。一方、かつて複数の「暴君教師さま」によって、“極めて恣意的な”校則の運用が行われていた時代があった。指導という名の体罰を受け続けた徳光正行が綴る。


■「なんだその髪型? 似合ってないし、へんてこだな」


 年をとってからやってはいけないこと。「説教・昔話・自慢話」。これは敬愛する高田純次さんがおっしゃったお言葉です。実に的を射た名言であると感銘を受けました。私も齢48なのでそれをしないように心がけ、できるだけ実践しているのですが、昨今話題になっている「ブラック校則」「ツーブロック禁止」などという言葉を目にしますと、「昔話」だけはさせて頂けたらと思ってしまうわけでございます。

 昭和の校則だとか教師というものは、本当に今では考えられないくらい凄まじかった。本コラムをお読みいただいている私と同世代もしくは先輩の読者のみなさまで頷かれる方は少なくないでしょう。

 私が通っておりました中学校は私より数年上の方々の校内暴力に悩んでいたらしく、私の代や前後の世代に大変厳しい校則と強靭な肉体とメンタルを持つ体罰教師のみなさまが配置されておりました。中には尾木ママさんのような穏やかな先生もいらっしゃいましたが、そういう人格者は職員室カーストでかなり下の方に追いやられて、暴君のような体育教師やどうでもいいような教科の教師が幅を利かせ実効支配しているなと子供ながらに見て取れましたね。

 では具体的にどんなことが起こりどんなことをされたのか実例を挙げていきたいと思います。

「男子は襟足を伸ばすことを禁じ清潔な髪型にする」的な校則があり、登校時の学校の正門などで教師が目を光らせていました。ある朝、私を含めて数人がその検閲に引っかかってしまい、すぐに散髪を要求されたのです。


■「明日までに切ってこないと、バリカンで坊主…」


 しかし馴染みの理髪店はその日はあいにく休みだったので「猶予をください」と申し出たのですが、暴君教師さまは「明日までに切ってこないと、バリカンで坊主にする」の一点張り。恐れおののいた私は仕方なく母親に襟足の部分だけを切ってもらい翌日登校しますと、その暴君教師さまは「なんだその髪型? 似合ってないし、へんてこだな」と笑い声を上げたのでした。

 続きまして、私の中学校は学帽を被って登校することを義務付けられていたのですが、そこは思春期の男の子。朝、整髪料で整えてきた髪型をあまり崩したくありません。そこで思いついたのが、学帽を後頭部あたりにちょこんと載せる被り方でした。

 しかしその被り方が気に食わなかったのか、(また別の)暴君教師さまは「ちゃんと被っている奴らに示しがつかない。明日からの1週間、正門前で正座して全生徒に朝の挨拶をしろ」と強要してきたのです。これもやはり恐怖に支配されていたので、素直にその言いつけを守り早めに登校して、制服(学ラン)のまま、冷たいアスファルトに正座をして「おはようございます」と後輩を含む全生徒に朝の挨拶を致しました。

 クスクスと笑われることは屈辱でもあったのですが、その笑いに呼応してこちらが微笑みを返すのを暴君教師さまは見逃しませんでした。「徳光〜、なに笑ってんだ〜」怒声を響かせると、なんと正座をしている私の腿の上にお乗りになったのです。

「グェ〜」

 苦痛により思わず声が漏れてしまいましたが、「なんだその声は、お前が『校則』を守らないからこんな目に遭うんだ」とさらにゲンコツを1発頂戴いたしました。

 さらに「学業に関係ないものの持ち込み禁止」という禁を破ってしまい、少しエッチめの本を持ち込み友達と交換していることが、抜き打ちの持ち物検査でバレた時のこと。私とその友達は廊下に正座させられ、頭ごなしに説教を食らうこととなりました。


■プラカードに「私たちはいやらしい本を……」


 そして説教が佳境に入りそろそろ終了すると思われた時暴君教師さまは、「立て〜」と一言発しました。命令どおりにしようとしたものの、廊下に長時間正座をさせられていたので、足が痺れてしまって思うように立ち上がれませんでした。

 暴君教師さまも人の子、そっと手を差し伸べてくださるのかと思っていたら「何フラフラしてんだ、この野郎!」と往復ビンタが飛んできたのでございます。呆気にとられているとさらにビンタは連発で打ち込まれまして、忘れもしません合計13発の愛の鞭を頂戴しました(往復ビンタだったのに奇数回だったのがひっかかりますが)。

 暴君教師さまの鬱憤が晴れたのかやっと解放されて帰り支度をしに教室に戻りますと、廊下からある運動部のランニングの掛け声が聞こえてきました。

「廊下でランニング?」不思議に思い、目をやると何かを首から提げて俯きながらランニングする部員の姿がありました。「私たちはいやらしい本を読んでいやらしいことをしていました」……。首にかかっているプラカードのようなものにはそう書かれていたのです。
 私とブツを交換した友達以外でも、その日の一斉持ち物検査に引っかかった者にはそれぞれの暴君教師さまの裁量で刑が執行されたとの実感が湧いた瞬間でした。

 さらに挙げだしたらキリがないのでこれで終いにしますが、印象深い体罰を一つ。

 卒業を間近に控え卒業遠足が催された時のことです。その日は学校生活最後ということもあってか各々私服での参加となりました。校則では「男子女子問わず白を基調にした運動靴及びズックでの登校」と義務付けられてはいました、確かに。ただ、「私服だからまあいいか」と思ったわたくしは当時流行りだしていたReebokのハイカットの黒いスニーカーを履いて参加しました。


■「有名人の息子だからって調子に乗ってんじゃねえぞー」


 帰り際に暴君教師さまに「なんだその靴?」と呼び止められて居残りを命じられました。私を含めて数十人、白を基調とした運動靴を履いていかなかった者たちにタラタラと説教が始まりました。ここで私の対応が悪かったのですかね? 卒業を間近に控えていたのもあってか「先生、私服の時も靴の色は白って決まってるんですか?」などと宣ってしまったのです。

 すると暴君教師さま、沸点を超えたのでしょうね。

「とくみつ〜、有名人の息子だからって調子に乗ってんじゃねえぞー」

 怒声を浴びせると前蹴りを一発食らわし、火の着いたタバコを私めがけて投げつけてきました。もう笑うしかない状況でしたが俯いて笑いをこらえていると「てめー、もう帰れ」。啖呵を切ってその場から立ち去りました。嵐が過ぎ顔を上げると、隣にいた女の子がガタガタと震えて動けなくなっていました。今でいう PTSDみたいな状態になってしまったのですかね? その後の人生でトラウマになっていなければ良いのですが……。

 お調子者でいい加減な私にも多分に問題はあったと思いますが、昭和の学校なんておそらくどこもこんな感じだったと思います。「ツーブロック禁止」の是非が話題になるこの時代は、平和なのかもしれません(現役学生の皆さんには切実な問題だと思いますが)。

 さらにこの「ツーブロック禁止」問題について杉村太蔵さんが「バラいろダンディ」(東京MX)で大要こんな風におっしゃっていました。「校則はなぜ存在するのかというと、子供たちがルールを守る練習。世の中に出たときに『これ変なルールだな』と思うことがありながらも、ルールである以上それを守らなければいけない。それを守る訓練というのもどこか教育的にあるのかなと理解しています。世の中の法律でも納得できないものって結構あると思いますから」

 この意見にはわたくしも同調します。こんな校則だったりアホな教師を見ていたりする中で、まさにそれらを反面教師として生きていけばいいと思いますし、世の中世界中見わたしたって性善説なんて存在しないわけですから。学校とは理不尽なことも含めての総合的な学びの場と解釈すると楽になると思われます。

徳光正行
1971年12月生まれ。茅ヶ崎市出身。日本大学芸術学部在学中よりミュージシャンを目指すが、父の病により断念。その後、司会業やタレント業に従事する。また執筆活動にも着手し『伝説になった男〜三沢光晴という人〜』『怪談手帖シリーズ』などを上梓。4月27日に岩井志麻子氏との共著『凶鳴怪談』を出版。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年7月20日 掲載

関連記事(外部サイト)