嘱託殺人被害者の知人女性が独白する「生き地獄」 安楽死はどう議論すべきか

「私は林さんとも、“先生”ともツイッターのダイレクトメッセージでやり取りしていました。いま思えば、今回の事件に繋がる内容もありましたね……」

 複雑な胸中を明かすのは、“くらんけ”というユーザー名で、ツイッターでの発信を続ける20代の女性だ。

 彼女の語る“先生”とは、7月23日に京都府警が嘱託殺人容疑で逮捕した大久保愉一(よしかず)容疑者(42)。共犯の山本直樹容疑者(43)を伴って、ALS患者の林優里さん(51)を殺害したとされる。

 昨年10月末、大久保容疑者はくらんけさんにこんなメッセージを送っていた。

〈〇〇氏(林さんのユーザーネーム)はご存じですか?〉〈以下極秘でお願いします〉〈わたしのツイをみて、人生に終止符を打ってほしいと〉〈近々〇〇氏の家にいくことになりました〉

 そして、

〈とにかく魂だけでも救ってきますわ〉

 林さんが実際に命を落としたのは、それから1カ月後のことだった――。

 社会部記者によれば、

「大久保と山本のふたりが京都市内にある林さんのマンションを訪れたのは、昨年11月30日の午後5時半頃です。彼女は2011年にALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断され、当時は寝たきり状態。24時間態勢で介護を受けていました」

 事件当日、林さんはヘルパーに“知り合いが来る”と伝え、面識のない大久保容疑者と山本容疑者を自宅に招き入れた。ふたりは10分ほどで彼女の部屋を後にしている。

「その直後に林さんの容態が急変し、主治医が駆けつけるも119番通報した時には林さんは呼吸停止状態。その日の夜に死亡が確認されました。死因は急性薬物中毒。京都府警が捜査に乗り出し、マンションの防犯カメラ映像をもとにふたりを割り出したのです」(同)

 京都出身の林さんは、同志社大学を卒業後、アメリカ留学して建築を学び、帰国後は都内の設計事務所に勤務。ALS発症以降は実家のある京都に戻り、現場となったマンションでひとり暮らしをしていた。

 他方、容疑者のひとり、山本容疑者の口座には犯行の前に彼女から約130万円の現金が振り込まれていた。

 山本容疑者は都内のED(勃起不全)治療専門クリニックで院長を務めており、彼を知る人物によれば、

「港区のタワマン住まいで、ビジネスに明るいドクターという印象。ED治療のクリニック以外に、ヨウ素を原料にしたがん治療薬を製造する会社を立ち上げ、海外からの投資も募っていた。そのビジネスはマユツバでしたが、彼自身は温厚で、押しに弱い性格。安楽死に強い思い入れがあったとも聞かない。共犯者に引っ張られて犯行に加担してしまったんじゃないか」

 その“共犯者”こそが、宮城県名取市で呼吸器内科や精神科のクリニックを営む大久保容疑者だった。彼はブログやツイッターでたびたび、あるキャラクターへの憧れを綴っている。

〈やっぱりオレはドクターキリコになりたい〉〈もうじきニッチな商売を始める。合法的ドクターキリコとでもいうべきか〉

 手塚治虫の代表作『ブラック・ジャック』に登場するドクターキリコは、元軍医で、苦痛に苛まれる患者にカネで安楽死を施し、“死神”と呼ばれる異端の医師だ。安楽死に強いこだわりを持つ大久保容疑者が、自身を重ね合わせたとしても不思議はない。

 先のくらんけさんはこう語る。

「確かに、先生の行為は現行法上、許されることではないのかもしれません。しかし、林さんはまだ治療法が確立されていないALSを患って苦しみ、“死にたい”と強く願っていました。そこに現れたのが先生だった。振り返ってみると、この“事件”が起きたのは当然の流れだったように思えるのです」

■「こんなに辛いのに!!」


 林さんが自ら死を望むほど闘病生活に苦悩していたことは、彼女のブログからも明らかだ。

〈普通にしてるのに眉間にしわの辛そうな顔。唾液が垂れないようにペーパーと持続吸引のカテーテルもくわえ、操り人形のように介助者に動かされる手足。惨めだ。こんな姿で生きたくないよ〉〈自分では何ひとつ自分のこともできず、私はいったい何をもって自分という人間の個を守っているんだろう?〉

 くらんけさんが続ける。

「林さんは私が安楽死関連のツイートをしているのを見てフォローしてくれました。彼女はとても我慢強い性格で、いつも“しっかりせなアカン!”と自身を鼓舞していた。それなのに、昨年の夏頃から落ち込んだ様子のツイートが増え、1週間ほど更新が止まることも。亡くなる直前には“いますぐ死にたい”と頻繁に書き込むなど、心身ともに参っているようでした」

 林さんがくらんけさんへのメッセージで心情を吐露することもあった。

〈「なんであんたたちそんな楽しそうなの?! 人がこんなに辛いのに!!」ほとんどの人は諦めてますが友人たちにはしつこく訴えてしまいます。「そうじゃないの、私がどれほど辛くて悔しいかを聞いて欲しいの!!」でもやっぱり患者にしかわからない〉

 日本ALS協会の会長で、患者でもある嶋守恵之氏は、本誌(「週刊新潮」)に寄せたコメントで彼女への理解を示す。

「気持ちはよくわかります。身体が動かないのは自分だけで、この苦しみは自由に動ける人には決してわからないと思うこともある。声も出せないので、時には大声で泣く赤ちゃんさえ羨ましくなります。動けないし飲食もできず、いったん落ち込むと気分転換することも難しいです。家族の笑顔に恵まれている私は幸運だと思います」

 林さんが病苦と孤独に苛まれる日々を“生き地獄”と捉えたとしても、それを責めることはできまい。

 そんな彼女が、くらんけさんと親交を深めていったのには理由がある。

 実は、くらんけさんも6歳で神経系の難病を発症し、20年以上にわたって闘病生活を送ってきた。病状が進行した現在は、両足や手首から先はほとんど動かせない。そして、彼女はある選択肢に行き着く。それがスイスでの安楽死だった。

 スイスでは医師が自殺を幇助する行為が容認されており、彼女は昨年“ライフサークル”という自殺幇助団体に入会し、安楽死に向けた手続きを進めた。

 申請には本人の希望を記した嘆願書や、医師による診断書などが必要となる。しかし、彼女が治療を受けている病院は診断書を書くこと自体が“自殺幇助”に当たるとして拒否。結局、知り合いの医師に依頼して診断書を書いてもらい、昨年10月、ついに団体から“幇助可能”とされたのだ。いわば“安楽死の権利”である。

「両親はいまだに葛藤しているものの、私がスイスに渡航することは了承してもらいました。コロナの影響でまだスケジュールは未定ですが、年内には渡航する予定です。ただ、現地に渡っても医師の診断を受けている期間はキャンセルが可能なんですね。私もそれまでに生きる理由が見つかれば安楽死をしないかもしれません」(くらんけさん)

■生きることに絶望


 くらんけさんは林さんだけでなく、大久保容疑者ともメッセージの交換を重ねた。

「スイスのライフサークルから幇助可能とされた私のことを、先生は“師匠”と呼んでいました。彼は呼吸器内科医として肺疾患で苦しみながら亡くなっていく高齢者をたくさん看取ってきたそうです。そして、患者から“死なせてくれ”と言われても何もできない自分を歯がゆく感じていた。とはいえ、林さんの自宅を訪れると知らされた時も、まさか嘱託殺人を計画しているとは思いませんでした。“うちで引き取る”という言葉もあったので、林さんを転院させて緩和ケアを行うのだと思っていました。ただ、去年の11月13日に彼女から“ライフサークルに支払った費用を教えてほしい”と尋ねられたんです。ほぼ同額なので、いまにして思えば、先生たちに渡す金額の参考にしたのかもしれません」

 その後、林さんと連絡が取れなくなったが、

「てっきり病気が原因で亡くなったのかと……。先生とのやり取りは続けていましたが、逮捕の1〜2週間前に彼のアカウントが削除されたんです。復活したと思ったら“警察が来てお縄になったらどうしよう”“こんな妄想をするようになったら終わりだな”といったツイートが投稿されては削除される。その頃には、私のメッセージへの返信もなくなりました」

 まもなく逮捕された“容疑者”と、息を引き取った“被害者”の双方を知るくらんけさんは、

「先生が100%悪いとは思いません。もちろん、罪の意識もあったでしょう。いままで何もできないまま多くの患者さんを看取ってきたことへの罪滅ぼしという意味合いもあったはずです。しかも、林さんは生きることに絶望していた。ふたりの気持ちを考えたら、先生を有罪にしてしまって本当にいいのでしょうか」

 実は、林さんは、ジャーナリスト・宮下洋一氏のツイッターアカウントにも、18年4月にメッセージを送っている。

〈ALS患者です。発症して7年になります。体は動きません。食べることも話すこともできないけど、人工呼吸器は着けていません。視線入力のPCで書いてます。ディグニタスでの安楽死を受けたいと考えていますが、付添い人が必要です。付添い人が自殺幇助罪に問われるか?という問題にぶち当たっています。どうすればそれを判明できるか、何か助言を頂けますか?裁判を起こすしかないのでしょうか?〉

 宮下氏は17年12月に、世界6カ国の安楽死事情を詳細に取材したルポ作品『安楽死を遂げるまで』を上梓しており、林さんも読者のひとりだった。メッセージにある“ディグニタス”は、この本に登場するスイスの自殺幇助団体である。

「林さんに限らず、私のところには難病の患者さんから多くのメッセージが届きますが、返信は一切していません。私は医師でも弁護士でもなくジャーナリストなので、彼らに助言をする立場にないからです。一方で、たとえ医師であっても、安楽死が認められていない日本で今回のような事件を起こせば罪に問われる。それは当然のことですし、これまで安楽死を取材してきた私としても、酷い事件だと感じています」(宮下氏)

 安楽死を容認するオランダには“かかりつけ医制度”があるという。

「つまり、長らく患者を診てきた医師が、患者の容態を考慮して、また、その価値観や死生観までも理解した上で最期を看取るわけです。そうすることで残された家族も納得する。今回の事件では、逮捕されたふたりの医師がどこまで林さんのことを理解していたのか疑問が残ります。少なくとも、彼女のご遺族は彼女の死を悔やんでいる。安楽死は本来、家族が同意し、誰も傷つかない状況が理想です。その意味でも、今回の事件は安楽死と呼ぶに相応しくありません」

 実際、林さんの父親も容疑者への憤りを隠さない。

「ALSと診断された時、優里はただただショックを受けていました。ベッドから転げ落ちて、自分で起き上がれなかった時など私に抱きついて号泣していた。それでも、優里から弱音を聞いたことはありませんでした。安楽死については全く聞かされてないし、相談を受けていたら思い留まるように説得した。犯人のことは……、許せないです」


■一人称の視点


 京都府警は犯人逮捕に際し、東海大学医学部付属病院で起きた安楽死事件に対する1995年の横浜地裁判決を考慮している。この地裁判決は、〈耐えがたい肉体的苦痛がある〉〈死期が迫っている〉〈他に苦痛を緩和する方法がない〉〈患者の明らかな意思表示がある〉の4要件を満たせば、日本では基本的に認められない“積極的安楽死”が例外的に許容されるとした。

 だが、法律でも厚労省のガイドラインでも最高裁判例でもない、四半世紀前の地裁判決だけが安楽死の“基準”となっている点には、やはり疑問が残る。

「日本では安楽死どころか、尊厳死すら認められていません。ガラパゴス化した終末期議論を打開しないと同様の事件が繰り返されてしまう」

 危機感を募らせるのは、日本尊厳死協会の長尾和宏副理事長である。

 ここで言う安楽死とは医師が致死薬を患者に投与する“積極的安楽死”のことで、患者の意思に基づいて延命治療を控える“消極的安楽死”、いわゆる尊厳死とは全く別物である。

「今回の事件は嘱託殺人であり、言語道断です。しかし、いまの私たちに必要なのは被害女性の“一人称”の視点に立つこと。林さんには親も主治医もケアマネジャーもいましたが、それでも死を望んで外部に助けを求めました。どうか彼女と同じ立場で考えてほしい。そうすることでしか、この問題に関する議論を成熟させることはできません」(同)

『安楽死で死なせてください』の著者である、脚本家の橋田壽賀子氏も、

「国が法整備をせず、曖昧にしてきたせいで今回のような事件が起きてしまった。たとえば本人と家族の意思を確認し、医者や弁護士などの審査を経て許可が下りれば安楽死が認められる。そうした選択肢も考慮すべきじゃないでしょうか」

 他方、先の嶋守氏はこう指摘する。

「難病患者の死ぬ権利についての議論には不安を覚えます。生きるための励ましや社会支援がおろそかにならないか心配だからです。難病患者でも生きられる環境を整えることが大切だと思います」

 無論、命という究極のテーマについて誰もが納得する答えを見出すのは難しい。ましてや現実の法整備となれば、困難を極めるだろう。しかし、安楽死をタブー視して議論すら封じる社会では、いずれまた悲惨な事件が繰り返されかねない。問題への理解を深め、血の通った議論を進める努力は必要だろう。第二、第三のドクターキリコを出さないためにも。

「週刊新潮」2020年8月6日号 掲載

関連記事(外部サイト)