向精神薬とアルコールで現実逃避する人たち…コロナ失業で不安、鬱の症状が

■仕事がなく一人で部屋にいると不安に押しつぶされる


 新型コロナの影響による失業や収入の減少により、不安から逃れるために向精神薬やアルコールを乱用して心身を壊す人たちがいる。彼らはごく一部の例外なのか、それとも今後増える可能性のある新たな社会問題になるのか。当事者や専門家に話を聞いた。

 ***

 不景気が深刻化すると違法薬物の検挙者が減少する。リーマンショックが起きた2008年の検挙者数は1万5千人近かったのに、5年後の2013年には1万3千人強まで減少した(厚生労働省の薬物事犯検挙状況)。同省の一般職業紹介状況によると、有効求人倍率は2008年で0.88倍、2013年も0.93倍で1倍を超えるのは同年11月までかかり、14年からは増加している。

 元売人の男性はリーマンショック当時は売り上げが激減したと話し、その理由を「皆が仕事を失うから、薬物なんて誰も買う余裕がなかったんだろう」と振り返る。

 現在、新型コロナで飲食や観光などの業種が大打撃を受けていることは広く報じられている通りで、この男性に今日の薬物事情を調べてもらったところ「違法な薬物の代わりに向精神薬と飲みやすいアルコール度数の高い酒とを合わせてトリップしているようだ」と教えてくれた。

 彼らは薬物を買う金がないからそのようなことをしているのだろうか。現在、向精神薬依存と診断され治療に取り組んでいるAさんは「これまで違法薬物に手を出したことはないし、出そうと思ったこともない」と話す。違法薬物の類にまったく興味はなかったそうだ。

 Aさんは現在20代後半。春まで東北地方のスナックでアルバイトをしていたが、コロナの感染拡大とともに出勤数は減少。果ては緊急事態宣言の発令で勤め先が休業し、自宅アパートで朝から晩まで引きこもる生活だったという。

■部屋は空き缶と薬の包装材が、家具や壁に傷も…


「これまでは将来について深く考えていませんでしたが、休みの間ずっと家にいるとネットやゲームをするのにも飽きて将来について考えるようになったんです」とAさん。図らずもコロナで時間が空いたことで、このままでいいのだろうかと考え始めた。そして、自分には資格もキャリアもないことに改めて気付き自分の将来を悲観した。

 20歳の頃から不眠や不安感という症状を和らげるため、心療内科に通い睡眠薬や抗不安薬などの向精神薬を服用していた。不安感が増し、医師に処方を変えてもらったが眠れない。医師からは薬の量を増やすのは望ましくないと言われ、別の診療所などを巡り薬の量を増やしたという。

 それでも不安感が治まらず、気を紛らすため酒も飲むようになった。スナックで働いているが、それほど酒に強くはない。また、休業中で金銭に余裕があるわけでないAさんは安いという理由でストロング系チューハイを買った。

 向精神薬と一緒に飲むと一瞬で意識がなくなり気付くと翌日の昼だった。それから向精神薬とストロング系チューハイを煽り、薬が切れたら心療内科を巡回する日々が続いた。

 しかし、そんな生活は長く続くはずがなかった。診察代や薬代、飲酒代で貯金が底をついた。薬も酒もない暮らしに戻ると、これまで向精神薬と酒で誤魔化していた不安感が一気に襲ってきたという。その上、これまで感じたことのなかった倦怠感や頭痛などの身体的な苦痛にも苛まれるようになった。

 たまらず当初から通っていた心療内科の門を叩き、医師から診断されたのは向精神薬依存症。不眠や頭痛などの離脱症状に耐え、現在は身体的な苦痛は治まったという。

 そうして自身の部屋を冷静になって見回すと、空き缶と薬の包装材が散らばり、記憶にないまま暴れたのか、ところどころ家具や壁に傷も付いていた。

「幸い車を運転するようなことはなかったようですが、薬と酒に依存していたままだったら何かとんでもないことをしてしまったかも知れません」(Aさん)


■「何か刺激が欲しかったのだと思います」


 他方、40代前半のBさんはこれまで向精神薬を服用した経験はなかった。ことし2月に勤めていた北陸地方の飲食店が廃業したことで無職に。失業保険は支給されているし、貯金も一応はあるが自身の年齢と今後の就職について考えると不安を覚え寝つきが悪くなり、心療内科で抗不安薬などを処方してもらった。

 ある日の夜、晩酌をしながら見るともなくSNSを見ていたところ、ストロング系チューハイでオーバードーズをしたら気持ち良くなったという書き込みを目にした。ちょうどBさんが飲んでいたのはストロング系チューハイ。その日はもう寝るだけで用事はない。処方された睡眠薬を口に含み、一気に飲み干した。

 しばらくすると、酔いとは違う酩酊感が込み上げ、何もしなくても楽しい気分になってきた。不安も何も霧散し、幸福な気分に浸っているうちに意識が飛んだという。

 そこからの転落は、先に書いたAさんとほぼ同じなので割愛する。

 Bさんは当時の心境を「この年になって恥ずかしい話なんですが、失業してから鬱々とした日々を送っていたので何か刺激が欲しかったのだと思います」と話す。

 上記の2人を心が弱いと非難するのは容易だが、非難すれば解決する問題でもない。

 国立精神・神経医療研究センターの全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査(2018年)によると、「現在の精神的症状に関係のある薬物」として睡眠薬・抗不安薬が覚せい剤に次いで17.1%となっている。また、厚生労働省の精神疾患のデータでは精神疾患の患者数は2017年で419万人を超え、2人のような状態に陥る人への対策は急務と言えるだろう。


■乱用者は今後増大する恐れ


「不安からオーバードーズに陥ることはよくあります」と話すのは精神科医の片田珠美氏。

 片田氏によると、新型コロナの流行以前にも、処方された抗不安薬だけでは不安を抑え切れず、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬とアルコールを同時に摂取する患者は少なくなかったという。今後、コロナの感染拡大によって健康や命を奪われたり、景気悪化によって仕事や収入を失ったりする不安から乱用者は増大するのではないかと推測する。

 実際、片田氏のもとには現在、新型コロナに感染するのではないか、コロナの影響で職を失うのではないかという不安から受診する患者が増加しているといい、不安を紛らすための向精神薬の乱用に拍車がかかる可能性もあると話す。

「客と触れ合う機会の多いサービス業従事者は、感染への不安が強いでしょう。とくにコロナ禍によって売り上げの落ち込んだ飲食業や観光業では、仕事や収入を失うのではないかという喪失不安も覚える人が多いのではないでしょうか」(片田氏)

 向精神薬は違法薬物とは異なり、医師から処方された合法薬物だ。それだけに問題はより厄介といえる。

畑中雄也(はたなか・ゆうや)
1980年生まれ。出版社、新聞社勤務を経て現在は食品製造業を経営。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年8月20日 掲載

関連記事(外部サイト)