組が解散したら金は? 出世は? 「神戸山口組の乱」平定でヤキモキな長期服役者

■かつては純金メダルと500万円、毎月40万円の手当てが


「神戸山口組の乱」が平定され、神戸山口組最高幹部らの引退、中枢組織である山健組などの分裂・脱退などが報じられている。当然、関係する組織に所属し、獄中で長期服役する者の中には気が気ではない日々を送っている組員も少なくない。それもそのはず、彼らはたいてい組のために身体を張って敵対組織と抗争し、結果として獄中にいるわけだが、その身体を賭したはずの組がなくなるという事態に直面しているのだから。元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏が語る。

 ***

「山一抗争の後は、あれほどの規模の抗争はなかったけれど、それでも組同士の抗争は年中あって、そのぶん長い懲役に行っとるもんがいるわけです。親(分)自らが抗争に出向くということはほとんどないから、親持ちがほとんどなわけで、刑務所を出た時に果たして、自分の組があるか否かというのは切実な問題ですよ」

 と話すのは、竹垣悟氏。竹中組から山一抗争を経て5代目山口組中野会、6代目山口組系初代古川組舎弟頭補佐を最後に05年カタギとなり、現在は暴力団員の更生を支援するNPO法人「五仁會」を故郷の姫路で営んでいる。

「5代目の時は、ほんの一時期でしたが、懲役から帰ってきたら純金メダルと500万円が本家から支給されておりました。金メダルはすぐになくなったと記憶していますが……。これに加えて各直参が祝儀を持ってきてくれる。そして所属してる組からは、毎月30万円とか40万円くらいの手当てがあるわけです」

「当時は今とは違って暴力団への風当たりはそこまで強くはなかったけれど、それでも抗争事件で殺人罪で起訴され、判決ともなれば20年近い懲役になりますよね。その間に嫁やら彼女やらが逃げてしまう可能性があって、もちろんそういったことはヤクザの間では共有されてますから、本人にちゃんと渡るようにしてたはずです」

■暴排によって、放免祝いもその後の出世も見込めない


 しかし、2011年までに全国へ拡大した暴力団排除条例(暴排)などが包囲網を築き、彼らを追い詰めていく。

「服役していた組員をねぎらう放免祝いとかって昔のヤクザ映画見たらようけ出てくると思いますけど。私も冒頭の写真見てもうたらわかるように、竹中正久親分が出所する時に出迎えに行ったんです。でも、暴排であれもできません。出所祝いとして祝儀をもらうのもアウト。あと、検挙前の地位と比べて出所後にえらい出世するのも暴排で禁じられています。犯罪者ではありますが、『組事』と言って組織のために身体を張った功労者ですからね。長期服役を終えたら幹部に取り立てられるというのは常識やったんですが……」

「懲役に行っとるもんがおったら、普通は戻ってくるのを待ってから解散するとかそういう風にするんやけど、最近はそうでもなくなっています。ただね、刑務所いうところは人間交差点やし、なかなか自分を偽れないから人間を見定めるには好適な場所です。スカウトの場になるわけです。力のある組織のもんが“この者は”と見立てた人物がいたら、カネを送るように外部へ指示したりというのもあります。夏やったら素麺代、冬やったら餅代。ああいう状況で手を差し伸べられるのは本当にありがたいからね。あるいは、組がなくなって途方に暮れてるところで、社会にいる家族をサポートしてやったりとか。中にいるもんは義理がたく感じるものです」

■山口組を割って出て生き残った組は過去にありませんから


「組が割れてもうて、親が割って出た方におったら基本的に『ナントカ祝い』いうんはないですよ。そもそも、山口組を割って出て生き残った組は過去にありませんからね。これはちょっと違う例やけど、1997年に宅見若頭が射殺された時にヒットマンは4人おって、そのうちの1人が20年の刑期を終えて今年の5月に出所したことが報じられましたね」

「その元ヒットマンAは当時、中野会に所属しとったわけですが組はもうありません。で、出迎えたのは神戸山口組系池田組(その後、独立組織としての活動を選択)に在籍するAの養子に当たる人物やったと。神戸山口組の副組長は、2代目宅見組の組長やからややこしいわけですが。ただ、元ヒットマンAは池田組に行くのかというとそうでもなくて、本人はカタギになったということのようです」

 ヤクザは暴排によって、賃貸物件等に入居できず、銀行口座を開設できず、銀行から融資を受けられず、生命保険に入れず、レジャー施設や宿泊施設で入場を制限される。

 組のために身体を張っても元の地位から一気に偉くなることはままならず、何なら組ごとなくなっていて骨すら拾ってもらえないのではという状況で、組事として抗争を仕掛けるのは考えればそれだけ割に合わないように映る。それでも去る8月15日夜、岩国の神戸山口組系の暴力団幹部が6代目山口組を名乗る男から発砲されている。

「ハジかれ(発砲され)た組の方は神戸山口組を抜けることになったようです。まあ割に合わないっていうのはその通りなんですが、それを考えないのがヤクザで、親の空気を読むということなんでしょうね」

週刊新潮WEB取材班

2020年8月21日 掲載

関連記事(外部サイト)