「中学スマホ持ち込み」容認へ 87%の学校が反対、悪影響は?

「中学スマホ持ち込み」容認へ 87%の学校が反対、悪影響は?

今回の方針は教育現場の崩壊を招きかねない

 自らがスマホに毒されていない、と胸を張って言える人はどれだけいるだろうか。

 家から駅まで歩きスマホ。電車内ではネットサーフィン。会社では隙を見つけてLINE。家に帰っても家族と話もせず、YouTube視聴……。程度の差はあれ、それが現在の世相というものであろう。

 確かに便利で、楽しい。しかし、さまざまな弊害は周知の通り。大人ですらスマホ漬けの現状だから、子どもには、せめて子どもであるうちだけは、可能な限り距離を取らせたい……これが常識的な感覚というものではないだろうか。

 しかし、7月末日、文科省は全国の教育委員会などに、「学校における携帯電話の取扱い等について」なる通知を出した。そこには、これまで「原則禁止」だった生徒の中学校へのスマホ持ち込みを、事実上、容認する方針が示されているのだから、熱中症でなくても、頭がクラクラしてしまうのである……。

 文科省は2009年に、携帯の取り扱いについて通知を出している。そこでは、中学校への携帯の持ち込みを原則禁止とし、やむを得ない事情がある生徒については、保護者が学校へ申請した上で例外的に認めていた。至極まっとうな内容だが、何があったのか。

「児童や生徒を取り巻く社会環境の変化を受けたものです。児童や生徒の間で携帯電話の普及が進んできました」

 と説明するのは、文科省児童生徒課の担当者。

 中学生の場合、約67%がスマホ・携帯を所持ないし利用しているという調査がある。

「また、災害や犯罪に巻き込まれた際など、登下校時、緊急時の連絡手段として携帯を用いることへの期待も高まってきました。さらに、大阪北部地震を受け、昨年、大阪府でも中学校において、持ち込みを認めるガイドラインを作っています。こうした変化を踏まえ、10年前に出した通知を見直すべきではないか、という議論が起き、昨年5月、有識者会議を設置しました」(同)

 その「学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議」は、計10回の議論を重ね、そして出た結論がこの7月の新しい「通知」となったのだ。

 より正確に言えば、通知は中学校について、持ち込みの「原則禁止」は維持している。が、その上で、各教育委員会や学校がOKと判断する場合は、「使用ルールの作成」「管理方法や紛失時の責任の明確化」「フィルタリングの設定」「携帯の危険性などの指導」という「4条件」を守ることを求めている。つまり、これまで各保護者が個別申請するごくごく例外的だったものを、努力規定のような「4条件」を満たせば、学校や教育委員会単位でOKに。よって、新聞各紙には、〈中学スマホ容認 了承〉(読売)〈中学へ携帯持ち込み 容認〉(朝日)などの見出しが躍ったというわけである。

 生徒がスマホから唯一離れることができる聖域・中学校への持ち込み容認。これを聞いて、

「何考えてるんだ!と思いますよ」

 とため息をつくのは、神奈川県内の公立中学校で教鞭をとる現役教師である。

「これまでスマホの取り扱いには苦労させられてきました。持ち込みでそれが増えると思うと……」

 持ち込み可となれば、現場レベルでは二つの対応が考えられるという。ひとつは、生徒自らにカバンなどに保管させ、電源を切らせる。もうひとつは登校後、全員分を預かり、職員室などに保管。下校時に返却するというものである。


■6千万円分を管理


 しかし、

「前者の場合なら、中には、電源を切らずに隠し持って授業中に使う生徒が出てきますよね。そうでなくとも、休み時間や放課後に教師がいなくなれば、バッグから取り出して触りだすのは目に見えている。今でも、学校に内緒で持ってきて、授業中、こっそり他クラスの生徒とLINEをする、あるいはゲームをする子はいる。教師や友達の変な写真を隠し撮りして、SNSで回し合い、いじめに発展するなんてことがあるんです。原則禁止の状態でさえそうなのに、この上、みんなスマホを持ってくるなんてことになると、生徒指導の負担がどれだけ増えるのか」(同)

 他方、後者の「預かり制」にしたらしたで、今度は別の負担が伸(の)し掛かる。

「1台10万円もするものを毎日管理するのはプレッシャーがすごい。もし無くなったり、取り違えたり、傷つけたりすれば、親御さんが血相を変えて怒鳴り込んで来ますから。うちの学校は生徒数600人ですから、学校全体で6千万円分……。専用の金庫を買ってほしいですが、そんな予算はありませんからね。しかも個人情報のかたまりです。それに、部活で遅くなる生徒にはどうやって返すのか。そこまで“残業”しなければならないのか」(同)

 さらには、登下校中も懸念だらけだ。

「どうせ『歩きスマホ』をする。事故に遭わないか、近所から“危ないじゃないか!”とクレームが来ないか……。それも指導しなければいけないとなると」(同)

 流行りの「働き方改革」はどこへ行った?と聞きたくなるほどの負担増である。

「教師の苦労が増えるのはもちろんですが、困り果てる親も出てくるでしょう」

 と言うのは、北海道内の公立中学校の関係者である。

「スマホは料金も安くないですし、勉強の邪魔になる。本音は持たせたくない親も多い。そんな親にとって、子どもからスマホが欲しい、と言われた時、“学校が持ち込み禁止だから”と言うのがひとつの手でしたが、それが使えなくなる。いい迷惑になるんじゃないでしょうか」

 高価なスマホを持たせられる家庭と、安価なものすら難しい家庭との「格差」も浮き彫りになる。

「これまで、学校は勉強する場、関係のないものは持ってくるな、と教えてきました。その努力は何だった?と思いますよ。余計なことをしてくれるな、という感じ。最前線で働いている兵士の背中を鉄砲で撃つような通知ですね」(同)

 この他にも、

「率直に言って、善悪の判断が未熟な中学生にはまだ早い」(大阪府内の私立中学校講師)

「今度は小学校でも、という議論が出てきそうで恐ろしい」(愛知県内の公立中学校教員)

 などなど、聞けば聞くだけ反対の大合唱。こうした現場の声に耳を傾けずに、文科省と有識者会議が変更を決めたとすれば、とんでもない話だが……。

 否。

 有識者会議では、「ヒアリング」として、さまざまな関係団体のメンバーを招き、「持ち込み」に対する意見を聞いている。その中身はすべて文科省のHPに議事録としてアップされているが、実は、そこも懸念の声で溢れていたのである。


■学校の責任


「全日本中学校長会」の担当者はこう述べている。

〈全国の中学にアンケートを掛けた結果、持ち込みを認めるべきだという学校が13%、認めるべきではないというのが87%でした〉

〈結論としては、持ち込みについて、今の時点でオーケーをするのは時期尚早〉

〈登下校中というのは、1日のうち1時間ぐらいの時間。(一方で)SNSによってトラブルが激増していて、ネットいじめのようなこともあって、子どもが自殺するケースも多く見られる。(登下校中に)有事に迫られる対応数よりはるかに多いのではないか〉

〈持ち込みを認めることになると、教員は対応に疲労困憊することとなって、教職がブラックと言われていますけれど、その風評にますます磨きが掛かる〉

〈何かトラブルが起きたら(スマホを)持たせた保護者が責任を持ちますということであれば、学校としては何も言うことはないですけれども、現状そういうことではない〉

 悲痛な叫びである。

 また、「全国市町村教育委員会連合会」のメンバーも、

〈原則禁止を解く必要性は今のところ低いのではないかと捉えております〉

 と結論付けているし、保護者団体の代表として呼ばれた「日本PTA全国協議会」の担当者は、

〈何よりも保護者からのニーズといいますか、声も今のところそれほど大きくない〉

〈公立小・中学校では、通学エリアは基本的に徒歩圏内。自転車では通える範囲。夜遅く、朝早くの人気がない時間帯に登下校するということも少ないことを考えると、(持ち込みの)ニーズも低くなっている〉

 更には、携帯の利用環境に関しての知見を求められた「安心ネットづくり促進協議会」のメンバーも、

〈緊急災害時に、携帯を持っていることが勘違いを起こさせてしまったり、持っているから安心だと思ったら危険だったりということが生じないとも限らない〉

〈登下校時に災害が起きた場合、スマホを持っていたら、倒れてきた壁の下敷きにならないのかといえば、そんなことはありません。持たせておくと保護者が安心できる、ということはありますが、安全とは別の問題なのです〉

 と指摘している。何やら、今回の議論の出発点の一つがひっくり返るような発言すら出ているのである。

 会議に出席した「全日本中学校長会」の笛木啓介・生徒指導部長に聞くと、

「毎年、全国の中学校に生徒指導に関するアンケートを実施しているんですけど、生徒の問題行動として挙げられるのは、一昔前は、校内暴力だったり他校との揉め事、煙草や深夜徘徊でしたが、最近は7割以上がSNSのトラブルです。年に1回は、インターネットについての安全教室を開きますが、なかなか追いつきません。しかも、トラブルが100あるうち99は学校にクレームが来る。もともとは保護者の方の責任ですよ、と言ってもわかってもらえない。“学校はどう責任を取ってくれるのか”と。現状でも僕らはお手上げです」

 笛木部長は都内の公立中学校の現職校長でもあるが、

「持ち込みとなればどうなるのか。今回の条件があれば、ひどいことにはならないかもしれませんが、ただ、時期が悪いですよね。今は学校はコロナでそれどころじゃない。もう少し平穏な状況だったら十分な議論ができたと思いますけど……」

 同じく出席した「安心ネットづくり促進協議会」の尾花紀子・普及啓発広報委員会副委員長も、

「今回の結論はよく考えられたものと思います」

 と言いながら、改めて、

「とにかくスマホがあれば安心だと親御さんが闇雲に持たせてしまうことは疑問なんです。地震が起きた時にスマホを持っているから安全というわけではない。むしろキッズ携帯やGPSの方が良いかもしれない」

 そう強調するのである。


■現場に丸投げ


〈子どもたちが(携帯を)学校に持っていく前提の話になっている気がする〉

〈持っていくありきの議論というのは違和感がある〉

 ヒアリングの際、先の「日本PTA全国協議会」の担当者は、気になる発言を残している。

 初めから容認の結論が決まっていたとすれば茶番劇で、「たわけ者」の誹りは免れないが、この「有識者」とは一体、何者なのか。

 委員は5名。座長は森田洋司・鳴門教育大学特任教授だったが、昨年末に死去したため、竹内和雄・兵庫県立大学環境人間学部准教授が引き継いだ。他に、伊藤秀一・東京都江東区教育委員会指導室長、上沼紫野・弁護士、玉田和恵・江戸川大学メディアコミュニケーション学部教授という構成である。

 トップである竹内座長に、この指摘をぶつけてみると、

「そんなことはない」

 と首を振って言う。

「登下校時に、子どもの安全を守れという主張は否定できません。その上で、今回の結論は決して容認ではなく、原則禁止の前提で、持ち込む場合にも、厳しい条件を付けたというものです。僕のところにも“もっと緩めろ”というものまで含めて、さまざまな意見が来ています。これを機にもっと議論してほしい」

 また、文科省も、

「今回の通知は、これに従えというものではなく、現場の教育委員会や学校がこれを受けて、実際の運用を判断する。その前提の上で、あくまで持ち込む場合の、最低限の基準を示したものと理解いただきたい」(前出・児童生徒課)

 と述べるけれど、青少年のインターネット利用に詳しい、ジャーナリストの石川結貴氏は言う。

「慎重論を押し切ってまで容認することに、どれほどの理由があるのか。不信感しか覚えません。そして、一たび容認の通知を出せば、管理や指導については現場の先生に丸投げですよね。『便利さ』の行く末について、さまざまな角度から真剣に考えてほしい」

 文科省や有識者会議にしてみれば、「子どもの安全」と訴えられれば抗しきれない。他方、「持ち込み」に伴う膨大なリスク増への批判も浴びたくない。そこで方針だけ決め、後は現場の判断とした、ということか。

 が、国の方針となれば多くの現場がこれに追随せざるをえなくなるのは自然な流れである。

 公立高校教頭など、教師歴40年超。『すばらしきかな、教師人生』などの著書を持つ、和田慎市氏は言う。

「今回の方針は教育現場の崩壊を招きかねない。いずれにせよ、文科省の方々には、これを機会にぜひ1カ月でも2カ月でも現場に赴いて、ご自身の手でスマホの指導をしていただきたい。頭の良い人たちですから、そうすればさすがに“これはまずかった”と思うはずです」

 持ち込み容認のニュースで伝えられなかった内幕。

 ともあれ、これを決めた方々には、この「提案」どおり、ぜひ中学校の現場で、生徒と格闘していただきたいものである。

 それこそ、スマホで検索しても教えてもらえない、リアルな実態がわかるのではないだろうか。

「週刊新潮」2020年8月27日号 掲載

関連記事(外部サイト)