【戦後75年秘話】名機「紫電改」の墜落と列車事故の真実 少女を救っていた操縦士

 兵庫県加西市の第三セクター「北条鉄道」の網引駅から西へ300メートルほどの線路脇に列車からでは気づかないような一本の慰霊碑が建っている。高砂市の戦史研究家の上谷昭夫さん(81)ら「鶉(うずら)野平和祈念の碑苑保存会」の尽力で建立され、今年3月31日に除幕された。

 既に東京などが空襲に見舞われていた1945年3月31日午後4時頃だった。旧国鉄北条線(現北条鉄道)の網引駅近くを走っていた満員の北条駅発粟生駅行きの上り列車が突然、脱線転覆。2歳児を含む乗客ら11人が死亡、車掌が腕を切断するなど重軽傷者多数の惨事となった。

 この悲劇、不運が重なった。近くにある旧海軍の鶉野(うずらの)飛行場の上空を飛んでいた戦闘機「紫電改」が墜落した。地面すれすれで立て直そうとした際に機体の後輪がひっかけたレールが大きく歪んだのだ。直後に通過した列車は脱線、もんどりうって転覆して畑に転がり落ちた。紫電改も麦畑で大破、全身打撲でパイロットも死亡した。

 列車は少し前の法華口駅で切り離しに手間取り、定刻を3分遅れて発車した。遅れなければ墜落は列車の通過後だった。

 紫電改は戦後も1960年代、ちばてつやの漫画『紫電改のタカ』として少年マガジンに連載されたほどの名戦闘機だ(この頃、小学生だった筆者はフジテレビの『0戦はやと』に夢中になりこちらはあまり見なかったが、ともにかなり軍国主義的な内容だった)。

 第二次世界大戦末期、海軍が起死回生を賭した戦闘機。エンジン出力はゼロ戦の倍、米国のグラマン戦闘機並みの2000馬力あり上昇・下降能力や小回りの利く旋回力、防弾性などに優れていた。川西航空機(現新明和工業)が誕生させた「紫電」の改良型で約420機が製造された。

 1945年3月、松山沖で紫電と紫電改が米機グラマンの大軍を迎え撃ち58機撃墜したことが大々的に報じられ敗戦必至の国民を鼓舞した(米軍の発表では14機)。

 そんな時期の列車事故も警察・検察などは事情を知るため運転士らの責任が厳しく問われることはなかった。そして、列車事故を引き起こした紫電改の墜落原因は操縦ミスなのか、欠陥機体だったのか、整備不良なのか。こちらはうやむやどころか伏せられた。なぜか。

 この日、テスト飛行を終えた紫電改はすでに翼から車輪を出して着陸態勢に入っていた。その時だった。幼い女の子が滑走路を横切ったのだ。「危ない」。パイロットは操縦棹を引き、必死に機体を持ち上げた。だが数十メートル上がった直後、ぱたりとプロぺラが止まり降下してしまう。なんと原因は燃料切れだった。貴重なガソリンを実戦に残すため、テスト飛行ではぎりぎりの燃料しか積まない。燃料分のテストを終えたパイロットが着陸直前に少女をかわそうと必死で舞い上がった途端にガソリンが切れたのだ。ほんの少しの余裕すらなかった。

■明かされなかった真相


 断末魔の日本帝国を象徴する「ガス欠墜落」。だが当時、日本の軍事物資がそこまでひっ迫していることが米国に知られてはまずい。軍は厳重な緘口令を敷く。三日後に列車事故を報じた当時の新聞には紫電改の墜落もパイロットの死亡も全く出ていない。

 半世紀以上経って不可解な事故に関心を持ったのが上谷さんだった。上谷さんは北条鉄道に勤め、法華口駅の駅長もしていた。事故のことは鉄道仲間などから聞いていたが「誰が紫電改を操縦していたのだろう」と海上自衛隊を訪ねて旧海軍の名簿から1945年3月31日の殉職者を調べた。名簿に二十歳で亡くなった「五田(ごんだ)栄」の名があった。「上飛曹」で第1001海軍航空隊に属していた。上谷さんは「間違いない」と辿ってゆく。

「海軍ではまず、川西航空機から納入された紫電改を空技廠の第1001海軍航空隊の精鋭パイロットがテスト飛行するんです。五田さんは石川県、能登半島の出身と判明しましたが母一人、息子一人の母子家庭だったようで肉親はいなかった」

「列車で亡くなった人の遺族たちは遺体を引き取りに来ているから、薄々、紫電改が原因だったことはわかっていたはず。しかし厳しい軍の緘口令で他言できなかったのです」と上谷さん。結局、戦後も長くこの列車事故の真相は明らかにされていなかった。

 4年ほど前、上谷さんは兵庫県に住む、当時の紫電改担当の元整備兵、西山勝氏からも聞き取りをした。

「紫電改のガソリンタンクは1100リットル入るが30分のテスト飛行分ぎりぎりしか入れてないこともわかった。目撃した西山さんの話では間違いなくガス欠でした。その証拠に落下した戦闘機は普通炎上するのに紫電改は全く炎上しなかったのです」

 上谷氏は旧国鉄の重大事故記録も調べた。列車をけん引していたのは蒸気機関車C12-189。「木製の客車は木っ端みじんでしたが頑丈な機関車は修理され、すぐに使われました」。死んだ人より軍需物資や軍人の輸送が大事だった。戦後も長く使われ、解体されたが巨大な第一動輪が大阪市の鉄道博物館にあることもわかった。

 上谷さんは「五田パイロットはガソリンが切れるのでテスト飛行を終わろうとしたのでしょう。優しい心が横切った少女を救い、自らは墜落死した。運悪く列車が遅れて大事故につながった。操縦が悪かったのでも機体や整備が悪かったのでもなく事故原因はガス欠です。あとほんの少しガソリンがあれば飛行機事故も列車事故もなかった。しかし軍の機密として村の人には緘口令が敷かれ、戦後も事実が長く葬られて来たのです」と語る。

 網引駅には紫電改が絡む事故の経緯を説明した掲示板が立つ。「列車事故の真相」も少しずつ語られ、書かれるようになったのは上谷さんが関心を持った平成後だ。

 鶉野飛行場跡の備蓄倉庫には紫電改の精巧な実物大模型が納められ第一、第三日曜日には屋外で公開される。平和教育に力を入れる同市が1500万円かけて茨城の会社に製作させた。飛行場跡には特攻で命を散らした姫路海軍航空隊基地の白鷺(はくろ)隊63人の慰霊碑がある。取材時に集まっていたのは他府県の教員たち。「新型コロナで京都や奈良の修学旅行をやめて、こういう所に体験学習に来させたいという学校が増えているんです」とは加西市の井上銀次郎主任。

 紫電改は「局地型戦闘機」として米軍を迎え撃つ新兵器であり、南洋で米艦船に体当たりする特攻には使われなかった。五田パイロットはテスト中の事故で市民を巻き込んでしまった。同じ落命でも特攻機で散華した隊員のような「英霊」にはなれなかった。しかし五田パイロットは、燃料が切れかけていたのに少女を救うために舞い上がって犠牲になったのだ。石川県の母は一人息子の死にどんな想いだったのか。今回、事故の目撃者の元整備兵、西山氏は高齢で取材できなかった。

 金属が枯渇し、鍋、釜から寺の鐘まで強制的に集めて兵器を作ったはいいが動かす燃料もない。哀れな窮状を必死に秘密にして国民を緘口令で縛った軍や為政者。
「燃料切れ墜落」は五田栄パイロットの肉親が既にいなかったとはいえ、緘口令が続いたわけでもない戦後の昭和時代も長く真相が明らかにされなかったことも不気味だ。我々が知る戦時下の真実などほんの一部でしかない。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年8月31日 掲載

関連記事(外部サイト)