「加山雄三」の母、「板東英二」の妻も…民間に流出した「旧華族」の血

「加山雄三」の母、「板東英二」の妻も…民間に流出した「旧華族」の血

11宮家、皇室離脱が決まり赤坂離宮で開かれた別れの晩餐会に集まる(1947年10月)

■皇室が一大財閥であることを知らされた国民の間に…


 昭和22年、GHQの皇室改革によって11の宮家が皇籍を離脱、華族制度も廃止され、戦前の特権を失った人々は「没落貴族」と評された。その結果、彼らは否応なしに「平民」との自由な「血の交流」を始めることになった。「ごきげんよう族」と呼ばれた人々の戦後は、高貴な血を引く女性たちの解放の歴史でもあったのだが、これを主としてその情熱の面から辿ってみた。

※2001年6月28日号に掲載された記事を再編集したもので、肩書や年齢は当時のママです。

 ***

「虚脱状態」「四等国」「一億総懴悔」「GHQの命により」「タケノコ生活」「浮浪児」「洋モク」「DDT」……。

 昭和20年の流行語は、どれも解説を加える必要がないほどに分かりやすい。

 その中から、敢えて流行語大賞を選ぶとすれば、

「ギブ・ミー・チョコレート」

 やはり、これであろう。

 ジープに乗った米兵たちに哀願すれば何かがもらえる。しかし、そのためには多少なりとも英語を覚える必要がある――というわけで、9月半ばに発売された『日米会話手帖』は、3カ月間で360万部も売れた。

 1冊80銭の教則本が大増刷を重ねていた10月30日、GHQは皇室の財産を発表し、国民を仰天させた。

 それによれば、皇室の財産総額は実に15億9000万円。念が入ったことに、この額には金塊や宝石などは含まれていないと付け加えられた。

 皇室が一大財閥であることを知らされた国民の間に、言うに言われぬ感情が渦巻いたのは想像に難くない。

 11月18日、皇室財産の凍結指令が出され、12月2日には梨本宮守正王が戦犯として逮捕された。

 年明けの21年元日には、天皇による、いわゆる「人間宣言」があり、5月には世田谷の「米よこせ」デモが宮内省食堂を検分するという事態にまで発展する。

 日本は天皇を中心とする神の国だったはずなのだが、神をも恐れぬGHQが、宮中改革を企図しているのは誰の目にも明らかであった。


■角栄の「刎頸(ふんけい)の友」、小佐野賢治が語る


 21年6月18日、東京裁判で、キーナン検事がそう言明したことにより、天皇制は存続することになったが、他の皇族や華族たちの運命はまさに風前の灯であった。

 結局、22年5月3日の日本国憲法の施行に伴い、913家の華族はすべて消滅。10月14日には、秩父・高松・三笠の3直宮家を除く11宮家も皇籍を離脱した。

 梨本伊都子の自伝には、各宮家がそれまでに受け取っていた歳費の額が記されている。

 東久邇宮11万円、久邇宮7万7000円、朝香宮7万1000円、閑院宮5万8000円、梨本宮3万8000円……といった次第で、総理大臣の年俸が1万円余であったことを思えば、これは破格といってよい額であった。

 自由だ民主だと草木もなびき、やんごとなき人々は、その特権を失って我々の隣人となったわけだが、その結果はどのようなものだったのか。

 22年7月、三笠宮妃の父である高木元子爵が窮乏を苦に自殺を遂げ、華族の没落が話題となったが、落胆している男性陣を尻目に、ここでも活躍したのはやはり女性たちであった。

 田中角栄の「刎頸(ふんけい)の友」として知られた国際興業社主の小佐野賢治。

 昭和のフィクサーなどと呼ばれたこの人物は、ロッキード事件で国会に喚問されると、「記憶にございません」を連発した。が、旧華族出身の女房のことは自慢だったらしく、女房のことを訊ねると、いくらでも記憶を喚起した。

 小佐野の妻英子は、旧佐倉領主である堀田正恒元伯爵の次女であり、「学習院一の美女」と謳われた女性である。

 そんな由緒正しい絶世の美女が、なぜあんな怖そうなオジさんと……謎である。まあ、愛し合っていたのであろう。

 我々の先輩記者は、ともかくも小佐野の家を直撃した。昭和38年の夏のことである。

「旧華族の娘と結婚した理由? そんなもんはありゃしねえよ」と小佐野は答えた。

 では、どんなもんがあったのか。以下は、いまは亡きフィクサーの結婚観である。


■“おもうさま”“おたあさま”、人を数えるのも“おふたかた”“おみかた”


「華族もへったくれもないよ。フトコロがさびしかったら、しょうがねえじゃねえか。“ざあます”なんてのは、おれは嫌いだよ。“べらぼうめえ”でも、物持ってた方がいいに決まってるよ。おれは元宮内次官の白根さんという人と親しかったんだ。その自根さんが世話してくれたんだ。昭和25年ぐらいかな、結婚したのは」

――華族の娘さんをもらうのに抵抗は?

「ねえよ。ねえし、それに女なんていくらでもいるじゃねえか。なにも抵抗まであるものなんかもらわなくたって、ぜひもらってくれというものだけをもらえばいいんだから、抵抗なんてねえよ。仕事に女房が役立つなんてこともねえなあ。貴族を喜ぶのはイギリスだろ? アメリカはそんなのないよ。そりゃあ戦後、アメリカを相手に活躍した華族の奥さんもいたろうけど、そんなのは例外だよ。とにかく、“さようでござあます”は、おれは嫌いなんだ」

 この時、横で聞いていた英子夫人が、

「それでも、ひょこっと“ごきげんよう”なんて言葉が出てしまうんですよ」

 と言いつつ、「慣れるまでの苦労」について語ってくれたのだから、この結婚、案外うまくいってたのかもしれねえな。まあ、人の家のことだから、どうでもいいけどよ。

 堀田元伯爵家に近い人物は、こう解説してくれた。

「戦後はもう貴族言葉を使っている家は少なかったんだけれど、堀田君の家へ行くとやっていましたね。朝起きて顔を合わせると、親子で“ごきげんよう”って挨拶してね。“おもうさま”“おたあさま”でしょ。人を数えるのも“おふたかた”“おみかた”という調子。でも、モロに金がなかったんだなあ。堀田家の系譜は佐倉(千葉県)の殿様。兄弟が11人いましたが、堀田姓を継いだのは2人きり。あとはみんな金持ちのところへ養子に行っちゃったんですよ。小佐野さんが堀田家の面倒をみたのは確かですね。“国際興業の方に足を向けちゃ寝られない”と言ってたもの」


■黒田稔元男爵の次女洋子のお相手は板東英二


 もうお分かりだろう。特権を失った貴族たちは金を、金持ちたちは家柄を求めて、「血の結合」を図ったのである。

 似たような例はいくらでも挙げることが出来る。

 梅渓(うめたに)通虎元子爵の次女峰子は、かつての読売のドン、正力松太郎の長男亨と結婚したし、3女の保子は華道の家元池坊専永の元へ嫁いだ。

“17代将軍”徳川家正の3女である順子は、三井鉱山参与などを務めた関根勇吉と結婚している。

 明治の元勲岩倉具視の子孫は、昭和40年時点で、すでに250人もいた。

 そのせいか、「カゴ抜け詐欺」で逮捕された出来損ないまで輩出してしまったが、元勲の曾孫に当る男爵の娘、小桜葉子は俳優の上原謙と結婚。ボカア、シアワセだなあーと歌っている歌手は、従って500円札に刷り込まれていた人物の玄孫ということになる。

 スポーツ選手と結婚したのは黒田稔元男爵の次女洋子。お相手は中日ドラゴンズのエースだった板東英二だ。

 エースではなかったという説もあるが、TVタレントとしてはエース級といっていいだろう。

 明治神宮の宮司を務めた甘露寺受長元伯爵の長女績子(ことこ)は、昭和32年、近藤商事という会社を営む近藤荒樹と結婚。

 あまり聞いたことのない会社だが、ナメてはいけない。近藤の息子は池田勇人の長女と結婚、つまり総理大臣の親戚であり、妻を亡くした近藤に元伯爵の娘を紹介したのも池田の妻なのである。

 金満家の近藤社長は生前、

「他の縁続きになる華族から経済の話をされると、時々困った気持ちになる」と本誌にこぼしていた。要するに、タカられていたのである。

「そういう身分の方で、“金を貸してくれないか”と、ご相談に見える方もずいぶんあるんですが、どうも話がシャバ離れしてるんですな。貨せといっても、担保があるわけじゃなし、それでいて要る金はデカくて、びっくりするような額を言われます。100万円の担保で1500万貸せって、そんなのは貸借にはならんのでね。利息のことなど何も考えていないわけですからね。そら、そういう話は、結局さしあげるっていうことですな。それでなきゃ収まらん話になるんです」


■昭和天皇の義兄に嫁いだ、6畳一間の「お姫様」


 天皇崩御から2週間後の平成元年1月9日、足立区竹の塚の木造アパートに住む独り暮らしの老女がひっそりと息を引き取った。

 老女から、「苦しい」と訴えられた1階の住人はすぐに救急車を呼んだが、救急隊員よりも先にやって来たのは創価学会の信者たちだった。

 その夜、老女は搬送先の病院で他界した。享年80。気の毒ではあるが、真冬だし、ここまではよくあることだ。

 しかし――老女を単なる学会信者だと思っていたアパートの住人たちは、本誌『墓碑銘』欄担当記者の来訪を受けて驚愕した。

 2階に住んでいたのは誰あろう、大正天皇の侍従、松浦(まつら)靖(はかる)の娘にして久邇宮邦久王の元妻、松浦董子(ただこ)その人だったのである。

 久邇宮家は良子(ながこ)皇后(当時)の生家であり、邦久は皇后の兄である。

 次男であったため、臣籍降下して久邇侯爵家の当主となっていたが、昭和3年に邦久と結婚した董子は、昭和天皇の義兄に嫁いだことになるのだ。

 本誌記者もまた驚愕した。

 何しろ、その養子の終(つい)の棲家となったのは、築年数も定かではない、老朽化した6畳一間のアパートだ。

 バブルの最盛期だというのに、家賃はたったの3万円。しかも董子は生活保護を受けていたのである。

 葬儀にも参列した皇室ジャーナリスト、河原敏明の話。

「初婚の相手である久邇邦久侯爵には癇癪の持病があった。先に嫁いだ島津公爵の娘は、夫の病気のせいですぐに逃げ帰り、その後に嫁いだのが董子さんです。この結婚により、彼女は良子皇后の義姉になったわけですが、邦久氏は昭和10年に風呂場で亡くなってしまう。そのことで、董子さんは“妻なら夫が風呂から出てこなかったら、見に行けばよかったではないか”と皇后に叱られたそうです」


■「ロングドレスを着たりして、育ちのいい人だとは思っていました」


 邦久の死後、董子は20年間未亡人として過ごすが、31年、旧皇族である賀陽恒憲夫妻の勧めに従い、自民党代議士の山本猛夫の後妻になる。

 しかし、この結婚も3年ほどで破局(離婚は10年後)。

「薫子さんから直接聞きましたが、山本は浮気がひどく、選挙などの宣伝に彼女を利用したというのです。離婚後の人生は悲惨でした。病院の付添い婦となり、生活保護をもらう有り様で……」(前出・河原)

 子供のない董子の生きがいは創価学会への信仰だった。が、最終的には頼りにしていた実兄からも縁を切られてしまった。同じアパートに住む隣人によれば、それでも気品だけは最後まで失っていなかったという。

「風呂がついていないので銭湯に通い、よくファミレスで食事をしていました。銭湯に通うにしても、ロングドレスを着たりして、育ちのいい人だとは思っていました」

 ちなみに、松浦董子の母、節子(さだこ)は東京府知事を務めた久我(こが)侯爵家の次女であり、戦後、「侯爵令嬢銀幕に登場」と騒がれた女優、久我美子の大叔母に当たる。

 小佐野賢治の妻が「学習院一」なら、久我美子は旧華族913家中随一の美女といえるかもしれない。あの気品は、やはり血だったのである。

 とはいえ、旧華族の娘がスクリーン・デビューしても、必ずしも気品ある役柄を与えられるとは限らない。

 元子爵、小笠原長生の孫に当る松井康子は、学習院大1年の時に映画界入りしたものの、ビンク映画に出たため、実家から出入り禁止を申し渡された。

 家族の切なる願いも虚しく、作品『妾』がヒット。なかなか色っぽい女性で、「ピンクの山本富士子」と呼ばれ、脇役ながら『愛のコリーダ』にも出演した。

 水商売に走った女性もいる。

 GHQの実力者ケーディスの愛人だった元子爵夫人、鳥尾多江が銀座に出した『鳥尾夫人』はあまりにも有名だが、新橋にも元子爵家令嬢がママをしているバー『藤つぼ』があった。


■実は結婚前からある華族の男性と付き合っており…


「目黒の実家の敷地は200 0坪。部屋がいくつもあって、台所から奥の部屋に料理を運んでいる間に、みそ汁が冷めてしまうほどの広さだったのですよ。使用人は家族一人ひとりに付いていました」

 店の方は6坪。10人も入れば満員だ。

 女子学習院で唯一パーマをかけていたという塩田多栄子ママは、昭和17年、外科医の塩田輝重と結婚。

 日医大の学長だった義父は、浜口雄幸首相が東京駅で狙撃された時、日本で初めて輸血をしながら手術をしたことで有名な外科医の権威だった。

が、8年、夫が脳腫瘍で他界したことから、親戚中の反対を押し切って夜の蝶になる。

「開店以来、ずっと順調でしたのよ。そのおかげで、渋谷にマンションを買うことも出来ました」

 平成7年、得意客の高齢化に伴い、『藤つぼ』は惜しまれつつも閉店。本誌のかつての名物コラム『クラブ』の担当者によれば、ちょっと古風で気品のある、年配者向けの店だったそうである。

 韓国の王族、李鍵公は日韓併合後に公家(こうけ・準皇族)となり、戦後、日本国籍を取得して桃山虔一と名乗った。

 その李鍵公の元に嫁いだのが、松平胖(ゆたか)元伯爵の長女、佳子である。佳子は秩父宮妃の従姉妹に当たる。

 佳子は昭和6年に結婚し、3人の子を産む。再び河原敏明が語る。

「結婚して1年余りが過ぎ、長男に恵まれた虔一は、これで公家は安泰だと喜んだのですが、やがて太平洋戦争が始まり、空襲の被害に備えて血液検査をしたところ、自分の子供ではないことが分かったのです。実は佳子は結婚前からある華族の男性と付き合っており、結婚後もその男と密会していたのです」


■明治天皇のご落胤を名乗る、炭鉱夫の息子と同棲


〈殿下(虔一)は驚倒せんばかりだったが、国を挙げて戦っている時に、事をあらだてては皇室が大きく傷つく。出身が異国だっただけに遠慮も働き、(中略)屈辱に耐えたのである。しかし、戦後の妻の態度に堪忍袋の緒が切れた。(中略)いまはこれまで、と二十六年ついに離婚に踏み切ったのだった〉(『美智子さまと皇族たち』河原敏明著)

 儒教の国だけに、韓国に知れたら、教科書問題どころの騒ぎではない。

 離縁された佳子は『佳(よし)の路』という店を出すなどして奮闘するが、39年に店を畳み、忽然と姿を消す。

「銀座2丁目の『佳の路』には私も行ったことがありますが、桃山佳子さんとは昭和54年に偶然に再会しました。彼女は明治天皇のご落胤を名乗る、橘天敬という炭鉱夫の息子と同棲していたのです。橘とは雑誌の対談で会いました。その時“100万円出すから俺の本を書いてくれ”と言われ、橘が住んでいたマンションに行ったところ、そこに佳子さんがいたのです」

「彼女は橘のことを尊敬しており、彼に仕えているような感じでした。その後、橘は宗教を始め、品川区の雅叙苑マンション内に祭壇のようなものを作ったりしていました。その橘が亡くなると、彼女は立川の方にある宗教に通っていましたが、いまは松平姓を名乗って横須賀に住んでいるようです」

 愛人の先輩を射殺した元子爵令嬢、綾小路章子の例もあるから、不倫やインキチ宗教に走るくらい、どうということもないような気もするけれど、次週は日本版「ビューティフル・ピープル」の、まさかと思うような脱線の数々をお届けしよう。(敬称略)

2020年9月5日 掲載

関連記事(外部サイト)