「安倍辞めない」誤報の東京新聞 紙面で“八つ当たり”

"安倍辞めない"誤報の東京新聞、翌日紙面で八つ当たり? スポーツ面まで使い政権批判

記事まとめ

  • 東京新聞は安倍晋三氏が総理辞任を表明した日の朝刊で"職務継続の意欲表明へ"と打った
  • 翌日の朝刊ではスポーツ面まで使って、安倍政権への批判を展開していた
  • 「総理辞任で一番面喰らっているのは、反安倍の人々でしょう」といった指摘も

「安倍辞めない」誤報の東京新聞 紙面で“八つ当たり”

 安倍総理が辞任を表明した8月28日の朝刊で〈首相、今夕に会見 職務継続の意欲表明へ〉と打ち、赤っ恥をかくことになったのは、東京新聞である。

「民放や他の新聞は“辞任もあり得べし”と見て“継続”には言及しなかった。東京新聞が誤報をやらかすことになってしまいました」(政治部記者)

 実は元は共同通信の配信原稿で、“安倍憎し”のあまりそれに丸乗っかりしてしまったことが真相のようだ。しかし、そこは東京新聞。2800日余りにわたって、朝夕欠かすことなく政権に異を唱え続けてきた彼らは、タダでは起き上がらない。

 翌朝は、

〈一強と分断の7年8カ月〉(1面)

〈アベノミクスも地方創生も 看板倒れ次々〉(2面)

 と、前日の誤報もどこへやら。さらに、スポーツ面まで使って、

〈求心力失い五輪見通せず〉

 挙げ句、社会面では、

〈疑惑難題答えなく 禍中突然退場〉

 と、誤報は“無責任にも突然退場した”アベのせいと言わんばかりなのだ。

「総理辞任で一番面喰らっているのは、反安倍の人々でしょう。とある集会では“反スガ”じゃ物足りないのか、シュプレヒコールは“反アベ継続”と苦肉の策が見え見え。案外、東京新聞も“安倍ロス”の喪失感で焦っているのかもしれません」

 結局、持ちつ持たれつだったということか。

「週刊新潮」2020年9月17日号 掲載

関連記事(外部サイト)