「年利876%」、目の前に積み上げた「現ナマ」の力 350億円を巻き上げたカラクリ

■希代の詐欺師と裁判所のお墨付きを得た「KKC(経済革命倶楽部)」


「希代の詐欺師と言うのも過言ではない」――。詐欺罪で起訴された際の一審判決において、裁判長からそう断じられたのが、KKCの山本一郎会長(75)である。そんな国の“お墨付き”を得たにもかかわらず、この人、出所後も懲りずに同じようなマネーゲームに興じている。その最新のターゲットは……。(※「週刊新潮」2015年8月6日号掲載記事を再編集したものです)

 ***

 浅草の繁華街・六区からほど近い商店街。

 飲食店が軒を並べる一画にその事務所はある。

 3階建てのビルで目を引くのは、玄関の横に無造作に置かれた、ガラスケース入りのオオカミの剥製。

 通りを行き交う人の多くは、それに目を留め、訝しげに眺めては通り過ぎていくのだ。

 近所の住民によれば、

「ここに新しい事務所が入ったのは5月くらい。毎日、年配の女性がかなりの人数、入っていきますよ。それも中国人が多い。事務所の前で中国語を話しているからすぐわかります。しかし、一体、中で何をしているのか、みんな気味悪がっています……」

 この周囲を怯えさせる、怪しい館こそが、最新の山本氏の拠点なのである。

 彼が率いたKKC(経済革命倶楽部)の設立は、1995年のこと。

「未常識経済理論」を提唱した彼がぶち上げた投資の方法は、まさに「常識外」で理解不能のものだった。

 数あるコースのひとつ、「ゴールドコース」をかいつまんで説明すれば、会員は100万円を出資し、新規会員を紹介すれば、20日後に48万円が得られる。

 その20日後にまた48万円、その20日後にまた…と金を得ること5回。100日で元本の戻しと合わせて340万円を手にすることが出来るという触れこみなのだ。

■卓上には、数億円の現金の束がこれ見よがしに積み上げてある


 年利にすれば876%。ありえない儲け話だが、当時、KKCは、中国での高層ビル事業や、韓国でのテレビ事業などでの運用で十分まかなえると説明。

 するとどうして、当時、これに乗せられてしまって出資をしたのは全国で1万2000人。

 巻き上げられた額は約350億円。

 昨年の全国の振り込め詐欺の被害総額=380億円と比べてみれば、その大きさが実感できるというものである。

「あれだけの人が騙されたのは“現ナマ”の力だと思います」

 と言うのは、かつてのKKCの幹部会員である。

「当時のKKCは赤坂に本部ビルがありました。ゴールドコースの場合、20日に一度、48万円の支払いがありますが、彼らは、絶対に銀行振り込みにしない。わざわざ会員を赤坂に呼び、一人一人に現金を手渡ししていたのです」

 それゆえ、その日が来ると、KKCビルの7階の経理部は大変な騒ぎ。

 卓上には、数億円の現金の束がこれ見よがしに積み上げてある。その前に会員が殺到する。

「そんな中、幹部が山の中から札束を取り出し、会員に手渡していました。そうした会員の中には、入るべきか、入らざるべきか、躊躇している人を連れてきているケースもある。悩んでいる人たちも、その現金の山と、気前よくポンポン現金を振る舞う姿を見ていると、すぐに信用してしまい、自ら出資するようになってしまうものです。あれだけの会員を集められたのはまさに生の札束の持つ“魔力”でした」(同)


■8年の懲役に服する身となったが…


 こうして出資した会員の多くは、年金で暮らすお年寄りや障害者など。彼らに将来への不安を煽り、一方で高金利と現ナマを目の前にチラつかせて巨額の金を集めたのがKKCの実態だったが、むろん、こうしたモデルが成立しないことは火を見るより明らか。すぐに行き詰まり、97年には、詐欺容疑で山本氏自らが逮捕され、8年の懲役に服する身となったのだ。

 さらに、

「山本は2007年に娑婆に戻ってきたのですが……」と言うのは、彼の知人。

「すると、すぐに新しい会社を作り、事務所を置いて、また怪しげな投資話で人を集めている。ウイスキーだったり、ローヤルゼリーだったり、いろいろなバージーョンはありますが、やっていることは以前とほとんど一緒。事務所に札束がドンと積まれているのも同じです。変わったのは、長年連れ添った妻ととうとう別れてしまったことくらい」

 この知人によれば、出所後も、配当がもらえなくなったお年寄りが山本氏に対し、「金を返せ!」と迫ったことがあった。しかし、山本氏はちっとも悪びれず、「俺は捕まってもまた刑務所に入れば済む。その代わり、金は一切返ってこないぞ!」と言って、煙に巻いてしまったのだという。

「今は中国人がもっぱらのターゲット。彼らからがんがんお金を吸い上げているので、ずいぶん羽振りの良い様子でした」(同)

 当の山本氏に聞くと「あぁ確かに中国人はいっばい来てるよ。でも、あいつらには“オレは詐欺師だ”と正直に言ってあるからな。ハハハッ」

 豊田商事にオレンジ共済、美人詐欺師が朝鮮総連大幹部をダマし……。ジャパンライフの摘発を機にざっと振り返っただけでも、多くの詐欺事件が世間の耳目を集めてきたことがわかる――。

2020年9月24日 掲載

関連記事(外部サイト)