文豪ヘンリー・ミラー、イタリア大富豪…国際結婚した日本人女性の悲劇

■ミラノ市内だけでも所有する物件数が5000と言われる


 のっけから余談であるが、ローマからパルマへ移籍した中田英寿の移籍金は32億円である。移籍金というのは選手個人に入るわけではないけれど、それにしたって凄い。では、イタリアで一番金持ちの日本人は中田かというと、さにあらず。半ズボンをはいてボールを蹴っていても、そこにはおのずと限界がある。大金持ちになるには、何たって大金持ちと結婚するのが一番早いと言える――。亡夫ヘンリー・ミラーとの日々を語るホキ徳田など、国際結婚を選んだ日本人女性の悲劇。

(※「週刊新潮」2001年8月2日号に掲載された記事を編集し、肩書や年齢などは当時のものを使用しています)

 ***

 イタリアで最も金持ちの日本人――疑いもなく、それはベニスの大富豪の未亡人、チェスキーナ洋子である。

 1976年10月、マリオ・チェスキーナという人物が、ミラノの事務所を出たまま行方不明になり、身代金を要求する電話が入った。誘拐だ。

 これが日本なら、捜査1課の刑事たちが総動員で逆探知、張り込み、待ち伏せ、尾行……あらゆる手を尽くして、ひたひたと犯人を追いつめていくところだが、何しろそこはイタリアである。

 アモーレの国である。スピーディーなのはサッカーの試合くらいのもので、犯人側との交渉は翌年の春まで延々と続く。

 一説に19億リラ(当時のレートで約5億円)もの身代金が犯人側に支払われたとされるが、これではマリオが戻らなかったのも無理はない。

 マリオは高名なチェスキーナ4兄弟の3男であった。

 父ガエターノが第一次大戦中に医薬衛生品の会社を作り、包帯やガーゼを軍に売りまくって財を成したのが始まりというから、さほど旧い歴史のある一族ではない。

 とはいえ、その資産は莫大だ。ミラノ市内だけでも所有する物件数が5000と言われる大地主で、大きなベネチアングラスの工場の他に、レストランやホテルなども経営するイタリア屈指の大富豪である。

■約320億円という巨額の遺産に絡んだ妻でハープ奏者の永江洋子


 誘拐事件から5年後の81年、兄弟は裁判所にマリオの死亡宣告を申し出る。

 認められればマリオの遺産はダンテ、レンツォの兄弟に配分される運びとなるはずだったが、同年、長男のダンテが死去。翌年には2男レンツォも相次いで死去(4男ブルーノは46年に事故死)。

 このレンツォの妻が、ハープ奏者の永江洋子である。

 何しろ総計3000億リラ(約320億円=当時=)という巨額の遺産である。

 4兄弟の没後、遺産争いが起きたのも当然であるが、その話をする前に、昭和7年、熊本生まれの永江洋子が、「ベニスのシンデレラ」と呼ばれるまでになった過程を在イタリアの事情通に解説してもらう。

「芸大のハープ科で学んでいた彼女は、政府給費の交換留学生制度に応募し、2年間の短期留学生として60年にベニスにやってきたんです。すでに日本で結婚していたのですが、留学のために敢えて離婚しています」

「留学生活も残り半年となった頃、カフェにいたところをレンツォに見初められたものの、結婚したのは知り合ってから15年後の77年。前妻との離婚後、独身を通してきたレンツォですが、その前年に起きた弟の誘拐に打撃を受け、家庭愛を求める気持ちから71歳にして再婚に踏み切ったのです」

 この時、洋子は45歳。恐らくは最もリッチな在外邦人となった彼女だが、4兄弟の死去により、遺産争いが勃発。

 相続人となったのはダンテの息子リカルドと娘マリーナ、それに洋子の3人であった。

 夫の死の2日後、洋子はレンツォが記したという遺言状を公証人に渡す。

■検事が“シニョーラ・ヨーコは遺言状を偽造するような女性ではない”


 ところが、

「遺言状には、イタリア語でたった7語しか記されていなかった。“包括相続人として、わが妻を指名することを誓う。レンツォ・チェスキーナ。”それだけです。これを見た甥のリカルドは、遺言状は洋子が偽造したもので、無効だと主張したのです」(『ガッゼッティーノ・ディ・ヴェネツィア』紙のキアラ・パヴァン記者)

 この告発により、6年に及ぶ泥沼の裁判闘争が始まる。

 洋子も負けてはいなかった。

 夫の遺産はもちろん、義弟の遺産も半分は自分に相続権があると主張、2000億リラ(約214億円)と推定されるマリオの遺産の差し押さえを裁判所に申請。

 と、リカルドも推定1000億リラ(約107億円)のレンツォの遺産について同様の手続きを取って対抗した。

 甥の申し立てにより、検察は3人の専門家に筆跡鑑定を依頼したのだが、鑑定の結果はクロ。

 遺言状は偽造されたものとされ、検察は洋子を詐欺などで起訴、各紙が「シンデレラ疑惑」と報じる一大スキャンダルとなった。

 筆跡鑑定がクロなら敗訴が決定したも同然だが、そこはやはりイタリアである。途中で鑑定結果は誤りとされ、洋子は無罪判決を勝ち取る。

「彼女の落ち着き払った法廷での態度が好感を持たれ、世論も次第に彼女に同情的になっていったんです」

 と、邦人ジャーナリスト。

「誰の目にも詐欺を働くような女性には見えなかったし、判決の直前には起訴した検事までが、“シニョーラ・ヨーコは遺言状を偽造するような女性ではない”と言い出したので、無罪になることは分かっていました」

■ベラスケスなどの絵があちこちにあって、まるで美術館の中にでもいるような感じ


「そもそもこちらの法律では遺言状がなくても財産の3分の2は妻のものになるんです。彼女の資産は10年前に約600億円と報じられたんですよ」

「3分の2でも十分なのに、わざわざ偽造して全てを失うような真似をするわけがない。どんな筆跡鑑定が行われたのか、逆に疑問です」

 洋子が住むバルバリーゴ館内の邸宅は想像を絶する代物だ。建物それ自体が文化財であり、ベニスを舞台にした映画には必ず登場する。

「ベラスケスなどの絵があちこちにあって、まるで美術館の中にでもいるような感じ。とてもクラシカルなエレベーターがあるのですが、これがまた広くて、エレベーターの中に住めるんじゃないかと思うほどです」

「ミラノやローマ、ソレントにも素晴らしい別荘を持っています。チェスキーナ洋子は、イタリアでは“あの”という形容詞がつくほどの伝説的な女性です」

 親友であるバルバラ公爵夫人の話。

「洋子がいかに寛大な心の持ち主かを示すよいエピソードがあります。マリブラン劇場にジュゼッペ・ケルビーニが描いた舞台幕があるのですが、それを即刻修復しなければならないということになりました」

「その時、洋子は一瞬のためらいもなく立ち上がり本件は私が責任を持って何とかしましょうと言ったのです。有言実行。すぐに幕は元通りの素晴らしい姿を取り戻し、劇場に復活したのでした」

 何だかよく分らないが、600億もあれば、俺たちだって、そのくらいの寛大さは示しますよ、公爵夫人。


■ニュース番組に出て勉学を続けさせてくれなどと訴えたため…


〈高校生は結婚できない? 京都の私立女子高で学校が退学強要〉

 昭和60年10月7日付の朝日新聞夕刊の記事である。

〈京都市右京区にある浄土真宗系の伝統女子校、私立光華高校の3年生の女生徒がアメリカ人青年と結婚した。届けを受けた学校は「結婚は学校生活となじまない。他の生徒にも影響を与える」と退学を言い渡した〉

〈彼女や両親は「法に触れることをしたわけでないし、納得できない」と反論し、学校側と話し合いを続けている〉

〈この生徒は3年生の山田良美さん(19)。両親の同意を得て、9月19日、米国で空手教師をしているロバート・チャールズ・ワルツさん(23)と結婚、神戸のアメリカ総領事館で婚姻の手続きをすませ、神戸市内の区役所にも届けた〉

〈翌日、「私、結婚しました」と担任に報告したところ、びっくりした担任は校長に報告。数日後、学校側は「退学願を出して下さい」と良美さんに伝えてきた〉

〈良美さんは「もっと勉強したいし、あと半年の高校生活を続けたい。これまでまじめやったし、卒業証書もほしい。退学願は出しません」と答えた。校長は「学校の好意がわからないのなら近く、退学処分にする」と通知した〉

 退学を勧告した理由として、学校側は、

(1)日本では高校在学生の結婚は社会的にも認められておらず、勉強と結婚生活を両立できる状況ではない

(2)他の生徒に与える影響が大きい

――などの理由を挙げていた。

 学校側が挙げている理由は至極もっともなものばかりである。私学なのだから独自の教育方針というものもあるだろうし、それに従って退学勧告したまでのことだろう。

 要は学校内の問題に過ぎないのだが、当の山田良美さんがニュース番組に出て勉学を続けさせてくれなどと訴えたため、とたんに話がデカくなった。

〈京都の女子高生結婚、学校側が在学認める〉(同年10月9日付同紙朝刊)


■〈6月来日/空手修行/7月知り合う/9月末ビザ切れ〉


 そのせいか、学校側は2日後にあっさりと当初の方針を撤回。こうも簡単に圧力に屈してしまうようでは、初めから大した教育方針などなかったと疑われても仕方あるまい。

 ともあれ、このニュースにはどこか釈然としない部分がある。

 あと半年で卒業できるのなら、それまで待てばよさそうなものなのに、大慌てで結婚をし、退学を迫られると新聞やテレビに訴える。何か変だ。

 本誌記者が現地に飛ぶと、すぐに事情が判明した。当時の取材メモにはこうある。

〈6月来日/空手修行/7月知り合う/9月末ビザ切れ〉

 少し補足すると、ワルツ青年は6月に空手の修行のために来日し、7月に良美さんと知り合い、9月末に観光ビザが切れる。入籍は9月19日。

 もうお分かりだろう。この女子高生は、滞在期間を延ばそうと目論んだプータローまがいのアメリカ人に、いいように利用されただけだったのである。

 しかし、ひょっとしたら2人は本当に愛し合っていたのかもしれない。そこで本誌は少し様子を見ることにした。

1年半後に再び京都を訪れ、若夫婦を探したのだが、案の定、ワルツの姿はどこにも見当たらなかった。

 取材に当った記者によれば、

「ワルツは親に結婚の承諾を得ると称して、入籍の9日後に故郷のミズーリ州に帰って、それっきり。結局、2人は入籍をしただけで1日も一緒に暮していなかった。妙に思ったのは、良美さんがクラスメートに結婚のことを一切話していなかったこと」

「就職を棒に振り、学校中を騒がせ、テレビにまで出て勉強を続けさせてくれと訴えながら、夫が戻ってきませんとは、さすがに言えなかったんだろう」

 良美さんの母親の話。

「娘はすでに別の方と結婚して幸せに暮しています。子供も3人います。もう古いことですから放っておいて下さい」


■この時、ミラー76歳、ホキは29歳。


 ここは東京・港区飯倉片町の『ボストンカフェ』である。

 亡夫ヘンリー・ミラーの小説のタイトルをそのまま店名にした『北回帰線』を閉じ、ホキ徳田がいまやっているのがこの店だ。

 夜が更けると、ホキがピアノで弾き語りをする。ただし、気が向けば、の話だが。この夜は気が向いたらしく、『ルート66』などを演っていた。

「私、フォーカスに11回も出て、最多出場らしいわ」

 そんなことを言うだけあって、ホキ徳田は実に破天荒な半生を送ってきた。しかし、何といっても世界中を驚かせたのは、1967年のヘンリー・ミラーとの結婚だ。

この時、ミラー76歳、ホキは29歳。LAの知人宅で小ぶりなウェディング・ケーキにナイフを入れる二人は、まるで好々爺とその孫娘といった感じである。

 65年、二人はビバリーヒルズの映画スター御用達の医師宅で初めて顔を合せ、ピンポンをする。

 有名な作家と聞かされたものの、ホキにとってミラーは、この時点では単なるジイさんでしかなかった。

「それからミラーさんの手紙攻勢が始まったの。ラブレターは300通くらい受け取りました。日に何通も届いたこともあったんです」

「その一方で、彼は私のことを、ボクのフィアンセだとあちこちで触れ回っていました。やはり前々世紀の男だったんですね。きっとプロポーズをすればモノになると思っていたんでしょう」


■見たこともない文学史に載っても仕方がないと思ったけれど


「でも、あれだけ手紙を書いて、私が歌っていた店へ毎日顔を出して、本当にマメでしたね。男がモテる条件として、“1マメ、2チョロ、3、4がなくて5に顔”って言いますもんね。ミラーさんは本当にマメで、常に私の周りをチョロチョロしていました」

 2年近く逃げ回っていたが、ある時、東京で仲良しだった作家の藤島泰輔がLAに遊びに来た。

「藤島さんは、ヘンリー・ミラーは大変な作家だ、世界文学史に日本人の名前が載るなんて日本のためにもなる、結婚して幸せにしてやれ、みたいなことを言うの」

「見たこともない文学史に載っても仕方がないと思ったけれど、2年のワーキングビザの期限も切れるところだったし、アメリカへ来て1日も休まず『弾き語り』をしてたのもやめたかった」

「ミラーさんと結婚すれば夢のパリに新婚旅行にも行けるし、彼の体は随分悪かったし、あと1、2年と本人も言っているし、最後の結婚になると思えるし」

「そして、大勢のミラーファンの強い勧めもあったことだし、と深く考えず結婚したわけです。まさかそんな二人の結婚が、あんな大騒ぎになるとは思ってもいませんでした」

 47歳も年の離れた文豪と東洋人の結婚は、AP通信などの配信によって世界的なニュースになり、2人は行く先々でもみくちゃにされた。

 全編セックス描写の小説を描き、「パーティーではいい女から順番に声をかけていた」という20世紀の文豪ヘンリー・ミラーは、生涯酒と女を愛し続けた一個の巨人であった。

 が、巨人も寄る年波には勝てない。いま風に言えばEDである。当然ながら世間の興味もそこに向かった。


■国際結婚で大事なのは、一にも二にも…


「彼の主治医が“えー、もしもですよ、万々が一のこと(勃起)があった時、あなたはレディー(準備できているなのか、女という意味かは不明)でなくてはいけない。そのためにピルが要るなら調合するので、いつもそれを飲むこと”って、回りくどく重々しく言うの」

「冗談でしょう。一生に一度あるかないかの一瞬のためにマズい薬なんか飲むなんてゴメンですよ。ミラーさんとは、結婚前に約束していたんです、“そういうことはなしにしましょう”って」

「寝室も1階と2階にわけていました。それに、彼は脚が悪くて2階に上がって来れなかったんです。だから、そういうことは一切なし。もう身体が弱っていて、薬もたくさん飲んでいましたしね」

「それでも、毎日、目を覚ますと同時にお酒を飲み、猥談をし、時々ダンスをしたり、子供のようにジャレて私に触れたがった」

 結局、10年余の結婚生活の後、2人は離婚。

「ミス・アメリカが彼の世話を焼くようになって手がかからなくなったというのもありますが、息子さんが結婚するということもあったし、お店をやりたかった」

「身辺整理をするつもりで離婚したんです。国際結婚で大事なのは、一にも二にも英語ですね。英語ができないと、最初は子供っぽくて可愛いと思われるけれど、語彙が少ないと頭が悪いと思われてしまう」

「ミラーさんと私の場合は、年も離れていたし、彼の方が降りてきてくれたんだと思います」

(一部仮名)

2020年9月26日 掲載

関連記事(外部サイト)