「高齢ドライバー」の親に免許を返納させる具体策

「高齢ドライバー」の親に免許を返納させる具体策

高齢者の免許返納には家族のサポートが大事(写真はイメージ)

 つぼみを模した碑は、交通事故ゼロへの願いを表している。雨が降れば、球体の窪みに水が溜まり、流れ落ちる。それは悲しみの涙を象徴しているという。

 今年7月11日、東京・豊島区内の公園で、ある慰霊碑の除幕式が行われた。これは、昨年4月、東池袋の都道で、当時87歳の飯塚幸三被告が運転する車が暴走し、松永真菜さん(31)、莉子ちゃん(3)母子が犠牲になった事故を受けて設置されたもの。被告が通産省工業技術院の元院長であり、逮捕もされなかったことから、“上級国民”というワードが話題になったこの事故をご記憶の読者も少なくないだろう。

 ここ数年、高齢者の運転による死亡事故は高止まり傾向にある。

 警察庁の調べによると、75歳以上の運転免許保有者はこの10年で2倍近くに増えた。昨年1年間に自動車やバイクで75歳以上の運転者が起こした交通死亡事故は401件に上る。死亡事故全体に占める割合は14・4%で、過去最高だった2018年に次ぐ高さとなっている。

 国も対策を強化し、先の通常国会では道路交通法の改正案が成立した。一定の違反歴のある75歳以上のドライバーに「運転技能検査」が義務付けられることになる。

「お前の親父が突然、高速道路の真ん中で車を停めたんだ。慌てて理由を尋ねたら“赤信号だったから”と。危なかったぞ」

 タレントの風見しんごさん(57)は03年の春ごろ、郷里の広島市に住む父親の親友から電話で忠告を受け、仰天したという。

「その方は、親父が運転する車の助手席によく乗っていて、少し前から言動や様子が変だということを知らせてくださっていました。私は最初は“親父も年だな”ぐらいにしか思っていなかった。でも、高速道路で急に停まるなんて尋常じゃない。この電話の後も、ボンネットを開けたまま運転していたとか、物忘れがひどくなったとか、だんだんと状態が悪化していきました。これはおかしいと、孫を見せるという名目で東京から広島に帰りました」

 この帰省時、風見さんは中学・高校時代の同級生の医師に父親を診てもらおうと考えた。認知症かどうか確かめたかったのだ。

「僕自身の体の調子が悪いという理由をつけて、一緒に医者の同級生のところに行ったのです。“ついでじゃけえ、健康診断しましょうや”と。それで診てもらったら、若年性アルツハイマー病との診断でした。当時65歳と比較的若かったのですが、もうこれは一刻を争うということで、親父の車の鍵を隠してしまったのです。ところが、どういうわけか一度、たまたま僕がいたときに、鍵を見つけたのです。親父は“なんで自分の車を運転できないんじゃ!”と激怒し、鍵を掴んだまま頑として離さず、取っ組み合いになってしまった。最後は羽交い締めまでして取り返しました」

 これを契機に、父親は一切運転をしなくなった。かつては鉄工所の職人として、毎日、当たり前のように車で職場に向かっていた父。そんな父親から力ずくで車を取り上げることには罪悪感を抱いたが、そうするよりほかなかった。

 実は風見さんはその後、07年、交通事故で当時10歳だった長女を亡くし、事故の悲惨さを誰よりも理解した。

「親父がもし加害者になっていたらと思うと……。事故を起こしてしまったら、取り返しがつかない。7年前に親父は他界しましたが、今でも、あの時に車の鍵を取り上げたことを後悔していません。僕が正しかったということを、娘が教えてくれたのです」


■入念な準備


 風見さんの例からも分かる通り、認知機能が衰えた高齢者の家族や周囲は、思わぬ事故を起こす前に自ら免許を返納してもらいたいと願う。しかし、これがなかなか難しい。

 なぜか。

 認知症専門医にして『高齢ドライバーに運転をやめさせる22の方法』の著者であり、愛知県公安委員会の認定医も務める、川畑信也氏は言う。

「高齢ドライバーの異変は、赤信号なのに止まろうとしなかったり、車庫入れの際に車を壁などにこすったりするなどが典型で、家族が兆候に気づくことが多い。しかし、本人は“自分は大丈夫”と思いがちなのです。そもそも、軽度の場合は診断が難しく、認知症と健常状態の境界域の人もいます」

 そして、高齢ドライバーが抱える事情が、免許返納に二の足を踏ませる理由になる、と付言する。

「特に地方では、車がなければ自分の田畑を回ることもできず、自宅からコンビニが10〜20キロも離れているため、買い物にも行けない人が大勢いる。車を失うことは死活問題なのです。“運転をやめなさい”一辺倒では説得は進みません」

 本人の自覚の低さに加えて、返納をためらわせる事情。ゆえに得てして、返納に際しては、親と子どもの対立が生まれがちだ。どう親を説得するか。自発的に免許を手放してもらえるか。

「返納の説得に成功した例には、共通点があります」

 と述べるのは、九州大学大学院教授で、日本交通心理学会副会長の志堂寺和則氏。交通心理学が専門の教授は、『大切な親に、これなら「決心」させられる! 免許返納セラピー』の監修を務めた。以下、それに基づいて返納へのプロセスを描いてみよう。

 車にこすったような傷がついているなど、免許返納の明確なサインが見えてくる。が、教授によれば、いきなり説得を始めるのはトラブルのもと。その前に、家族や周囲は「入念な準備」が必要なのだという。

「例えば、上京した子どもが、突然帰省して返納を求めてもうまくいきません。1〜2年前から繰り返し帰省したり、頻繁に電話したりして信頼関係を醸成しておく。また、親の車の利用頻度、車を運転する理由について、考え、知っておくことも大切です。そして、家族みんなの問題として捉え、家族で“返納してもらう”との意思を統一しておくことが重要。話がこじれ、疲れ果てた時、頼りになるのは家族ですし、チームプレーで説得に当たることもできますから」

 その際、何より、「返納後のサポートの準備」をすることが大切だ。

「車を手放した後のことを考えて、徒歩や公共交通機関を使った場合のスーパーなどへの道順や費用について、自分たちでも把握しておくべきです。そして、家族の誰かが送迎をしてあげる、出費を負担してあげるなど、対案を準備しておくのです。今は自治体や企業が免許返納者に対し、バス、タクシーの割引や回数券の発行といった各種の特典を用意していますので、そうした情報も事前に仕入れておくとよいでしょう。ネット通販の利用にも慣れるよう、促してあげてください。こうして返納後の対案を準備しておけば、いざ説得する際、本人の不安を解消してあげることになります」

 こうした下準備を終え、いよいよ説得に移る。

 とはいえ、ここでも焦りは禁物である。志堂寺教授は説得を3段階のレベルに分けて進めることを提唱している。

 まず、第1段階。ここでの目的は、高齢になった親が説得に応じやすくなりそうな心理状態、環境を計画的に作ること。そのためのキーワードは、「共感」「同調」「権威」「好意」である。

「心理学的現象を表した言葉で『フィーリング・グッド効果』というのがあります。人は心地よい環境に置かれたときに、対人的評価が好意的になり、説得が成功しやすくなるのです」

 例えば、父親の誕生日や結婚記念日など、家族全員が集まるような祝いの席を設けてみる。一緒においしいものを食べること自体が快感であり、相手の心を受け入れやすい心理状態になるという。そこで、返納について話をするきっかけとするのである。

「その上で、『共感』を得るような話し方をする。“最近、息切れがひどくなった”などと自分も年をとって体力が落ちたことを打ち明け、相手の自尊心を傷つけないように『老い』に気づかせたり、自らも将来、免許を自主返納すると宣言したりするのも有効です」

 続いては「同調」である。

「これも心理学の考え方で、人間が周囲の意見や反応に合わせるという習性を利用したもの。例えば、“自主返納をする人が最近急増しているんだって”などと、それとなく事実を伝えてみるといい。そんなに多くの人が返納しているというなら自分も、とその気になってもらうのです」

 さらに、有名人などの「権威」を利用するのも効果的だという。

「最近では、俳優の伊東四朗さんや杉良太郎さんらが、相次いで免許を自主返納して話題となっています。そんなニュースを教えてあげれば、頑固な人であっても心が動くのではないでしょうか」

 このほか、「目の中に入れても痛くない」最愛の孫などが直接、返納をお願いすることも効果が大きい。

「“よく知る人や、好感度の高い人からの説得には応じやすい”という人間の性質、『好意のルール』を利用したものです。その相手はかかりつけの医師や、囲碁仲間の近所のおじさんかもしれません」


■フット・イン・ザ・ドア


 こうして「返納してほしい」という気持ちを伝え、すんなり返納に至れば万々歳。しかし、そんな例は少数で、実際は、親の抵抗に遭うことがほとんどである。つい激しい言葉になってしまいがちだが、続く第2段階では、「即決を求めない」こと。焦らずじわじわ攻め込むことが肝要である。

 人間は年齢を重ねるごとに、感情や人格面で保守的な傾向が強まり、変化への対応が苦手になってくる。時間をかけてじっくり説得する必要があるのだ。ここで有効なのが、親を信頼し、「一度引く」ことだという。返納を勧めても色よい返事が返ってこない場合、「本当に気持ちが伝わっているのか」、「こうしている間にも事故が起きたら」といったネガティブな想像をしてしまいがちだが、ここで一度、考え直してみる。理屈や正論を振りかざして、言い合いになってしまえば、ますます意固地になる。相手を否定することなく、話を聴き、受け入れ、共感するのが大切だという。その上で、

「『フット・イン・ザ・ドア』という心理学のテクニックがあります」

 と志堂寺教授。「玄関のドアを閉められる前に、足を入れれば勝ち」という意味である。

「小さな願い事をした後で大きな願い事をすると、成功しやすくなる。あるエリアに住む人々の庭先に、『安全運転をしてください』と書かれた巨大看板を設置してほしいとお願いするという実験が行われた。事前に何の接触もしなかったエリアでお願いしたところ、大多数が断りました。しかし、その前に“街を美しく保ちましょう”という嘆願書への署名をお願いしたエリアでは、ほとんどの人が署名をし、看板の設置にも半数が賛同したのです」

 人は小さな頼みを受け入れると、「頼みを受け入れる自分」という自己イメージを崩したくない心理が働き、次の大きな頼みも断りづらくなる習性がある。スーパーで販売員に勧められて試食すると、ついつい購入まで進むのも同じ原理だ。

 これをどう応用するか。

「まず“病院で健康診断を受けてよ”“今すぐではなく、次の更新時には考えてよ”といった小さな頼み事をして、それを聞いてもらった後で徐々に本題に移ると、相手の承諾を得られやすいのです」

 更には、

「返納後の『車のない生活』をイメージしてもらうのも大切です。一定期間車に乗らず、説得相手と共に歩いて買い物に出かけてみたり、通販やスーパーの宅配サービスを利用してみたりして、“車がなくても大丈夫だ”と思ってもらうようにする。同時に、新しい趣味など、本人が車に代わる生きがいを見つけることに協力するのも有効です。“車に乗らなくなると老化が加速する”と訴える高齢の方もいますので、地域のサークル活動を探してあげたり、ウォーキングに付き合ってあげたりして、心身面のケアに配慮しましょう」

 ここからはラストスパートだ。

 第3段階だが、もうひと押し。短期集中、ドラマチックな工夫が必要となる。ひたすら説得あるのみだが、

「それでもなお、頑として聞き入れないようであれば、『泣き落とし』は有効な手段です。自分がどれほど親を思っているか、そして心配しているかを切々と訴える。“本当に私たち家族の気持ちをわかってくれているの!”“本当に心配しているんだよ!”“お父さんに死んでほしくないの!”など、時には本気で怒ったり、泣き叫んだりしながら説得を続け、成功した例もあります」

 この局面で、「入念な準備」について前述した、「返納後のサポートの準備」が生きてくるかもしれない。返納後の代案をいろいろ提示して本人の不安を解消する。同時に、「家族みんなで頑張ってこんなに案を準備したんだよ」と知ってもらうことは、スムーズな自主返納の近道になるのである。


■返納決定祝賀会


 ここで一度原点に立ち戻ってみよう。そもそも、高齢者が事故を起こした場合、何が起こるのか。

 交通事故関連の訴訟を数多く扱ってきた、新小岩法律事務所の古関俊祐弁護士によれば、

「被害者が重体や死亡に至るような重大事故の加害者になった場合、免許の停止や取り消しといった、道路交通法に基づく行政処分にとどまらず、自動車運転過失致死傷罪などで起訴され、刑事裁判になることも少なくありません。刑事裁判では、加害者である被告側の情状証人として子どもや親族が法廷に呼ばれ、頭を下げて謝罪し、証言を求められることもあります。民事裁判では、相手の怪我や後遺症の内容、程度により、4千万〜5千万円から1億円もの巨額な賠償金の支払いが命じられることがある。特に、任意保険に入っていなければ、金銭的負担は膨大なものになりますし、加害者本人に支払い能力がなければ、本人の死後、相続人である家族に支払う責任が生じることになるのです」

 残り少ない人生が悲惨なものになるのは目に見えている。

 そのため、志堂寺教授は、晴れて説得が成功し、本人が返納を決断した後にも、油断は禁物と説く。心変わりを防ぐためにも、以下のようなアイデアを提案する。

「まずは『返納決定祝賀会』を家族一同で盛大に催す。次いで、返納を祝うプレゼントを買うため、返納月を満期とする『返納積立定期預金』を組み、家族や親族に毎月、少しずつお金を入れてもらう。そして、家族皆で安全運転の『ラスト・ドライブ』に出かけるのも良いでしょう。締めくくりは、長年、車で送迎してくれたり、ドライブに連れて行ってくれたりしたことへの感謝の証として、家族手作りの『運転卒業証書』の贈呈式を開くのが良い」

 ここまでしてもらったら、本人も後に引けなくなるのは間違いない。

「免許返納は、結局は本人のために本人が決断しなければならないことなのです。子どもたちの世代も、10〜20年後には自分も同じ状況になると想像しながら説得する必要があります。その経験は、実際に自分が高齢になったときに生かされるのです。そうして返納の文化、慣習が次世代に引き継がれていけばと願っています」

 もちろん、ここに記したプロセスを辿ってみたとしても、果たしてどれだけの高齢ドライバーがトラブルなく免許を返納するだろうか。個人の権利の問題も絡む。しかし、被害者とその周囲のみならず、本人に非があるとはいえ、加害者やその家族にとっても、事故を起こした場合の損害は甚大である。冒頭で触れた飯塚被告が良い例だろう。

 還暦まで1年強ある前出・風見しんごさんは、将来、返納することを考えて「運転離れ」を実践している。

「僕自身、かつては毎日のようにハンドルを握っていましたが、少しずつ返納を考えるようになっています。10年ほど前から、運転しない生活に徐々に慣れようと、バスや電車を努めて使うようにしています。今では、運転の頻度は2週間に1度ほどにまで減っています」

 街を歩けば、これまで車上からは見えなかった「新しい発見」に出会えることも。親だけでなく、自らも車のない生活を常に意識すること。それは家族が平穏な老後を送る、ひとつのヒントになるだろう。

菊地正憲(きくちまさのり)
ジャーナリスト。1965年北海道生まれ。國學院大學文学部卒業。北海道新聞記者を経て、2003年にフリージャーナリストに。徹底した現場取材力で政治・経済から歴史、社会現象まで幅広いジャンルの記事を手がける。著書に『速記者たちの国会秘録』など。

「週刊新潮」2020年10月1日号 掲載

関連記事(外部サイト)