交際相手と共謀して元夫を殺害した“カバコ” 自称「多重人格」と「ホラ」で裁判は混乱

交際相手と共謀して元夫を殺害した“カバコ” 自称「多重人格」と「ホラ」で裁判は混乱

上野で元妻と知人男性に須藤大さんが殺害される事件が起きたマンションを調べる捜査員ら

「知らない男が家に来て…。家族の意識はありません」

 こんな119番通報が寄せられたのは、昨年3月9日夜のことだ。下谷署の捜査員が現場となった東京都台東区のマンション居室に駆けつけると、住人の須藤大さん(52=当時)が亡くなっていた。

 通報したのは、同居していた内妻の坂下乃ぶ江(57)。彼女は、捜査員にこう説明した。

〈19時ごろ、宅配業者を名乗る男が「荷物です」と1階エントランスにある呼び鈴を鳴らした。須藤さんが定期購入している持病の薬の配達だと思い解錠し、自室の玄関ドア前で待っていると、エレベーターから降りた男に突然首を絞められて室内に押し込まれ、暴力を振るわれ気を失った。気付くと、男が須藤さんに馬乗りになり室内にあったベルトで首を絞めていた〉

 須藤さんの死因は、頸部圧迫による窒息死。捜査員が駆けつけた時、首に黒いベルトが巻かれたままの状態だった。

 当初、下谷署は“宅配業者を装い、部屋に押し入った男”が、須藤さんを殺害したとして行方を追っていた。だが、直ぐに部屋に物色の跡がみられなかったことが判明する。強盗目的ではない殺人として捜査を続けると、不審な点も浮かび上がった。現場に争った形跡もなく、犯人はおよそ30分の間、現場に止まっている。さらには内妻と頻繁に連絡を取り合っていた男の存在も明らかになったのだ。

 事件から約20日後、殺人容疑で逮捕されたのは内妻の坂下と、“部屋に押し入った男”で、坂下の交際相手でもある川井淳(62)だった。

 強盗に見せかけて殺害した動機は何だったのか。こうした事情がのちの裁判で当人らの口によって語られるのは、あくまでも被告が罪を認めている場合に限る。だが、今回両者とも法廷で不可解な供述を繰り返し、傍聴人を混乱の渦に巻き込んでいった。

 ともに殺人罪で起訴され、川井被告に対しては今年1月、坂下被告に対しては今年9月に東京地裁で裁判員裁判が開かれた。罪状認否で川井は「自分一人でやった。殺意はなかった」と主張、坂下は「自分はやっていない」と全面否認した。しかし、公判で明らかになった証拠は、ふたりの共謀を強くうかがわせた。


■「記憶がよみがえった」


 冒頭陳述などによれば、坂下被告と須藤さんは1993年に結婚。2001年、坂下被告は当時働いていた性風俗店の客だった川井被告と男女の関係になる。翌年、川井被告は当時の妻と離婚。坂下被告も02年に須藤さんと離婚したが、その後も同居していた。事件当時、須藤さんは仕事をせずに自宅に引きこもる生活で、坂下被告は知人からの借金や、川井被告からの送金や生活保護で生活していたという。

 川井被告は奄美大島の老人ホームで働き、休日にはハブを捕まえて売る生活を続けながら、坂下被告に送金していた。その総額は286万円を超える。ところが事件前月に突然仕事を辞め、住んでいたアパートも引き払って上京。事件の1週間前には、坂下被告が金を借りていた女性に会い「借金は自分が肩代わりする」と話をつけた。坂下被告はこのとき、女性に「川井と結婚する」と話していたそうだ。

 公判では、事件発生当日に坂下被告から事情を聞いた下谷署の捜査員が証人出廷し、こう語った。

「一通り話を聞いて、なんか変な話だなと思いました。坂下被告は『犯人ともみ合った時にできた』という腕の傷を見せてきましたが、包丁でつけられた傷にしては、浅いので、自分でつけたのだと思いました。またご主人がベルトで首を絞められているのに、そのベルトが首から外されていない。犯人と争ったと言っていたのにその形跡もなかった。そして『包丁で犯人を刺した』と言っていたのに包丁には血がついていなかった……」

 現場の状況と坂下被告の証言の辻褄が全く合わなかったようだ。

 須藤さんの体内からは睡眠薬を含む14種の薬物を服用した形跡があった。この中には坂下被告に処方されていた薬物も含まれている。坂下被告は当初、宅配業者を装ってやってきた男が須藤さんを殺害したと語っていたが、事件から10日ほど経った頃、捜査員に突然「記憶がよみがえった」と連絡し「犯人は川井だった」と告げたのだという。これだけでも不可解極まりないが、それ以前には、こうも話していたそうだ。

「犯人は『山本(仮名)から頼まれた』と言っていた」

 逃走する犯人が“首謀者”の名を明かすとはにわかに信じ難いが、その「山本さん」も証人として出廷。川井の総金額とは比較にならないほどの金を坂下被告に貸していたことを明かした。首謀者どころか、実際は坂下被告に金を巻き上げられた被害者であった。

「(坂下被告とは)風俗の待機所で知り合いました。それ以降毎日のように坂下の家に通うようになりました。買い物を頼まれたり、DVDを観たり、食事したりして過ごしていました。
 金を貸した回数は数え切れない。合計1000万円以上貸してます。大きい金額では、坂下から『自分はガンで、抗がん剤治療をするのでまとまった金が欲しい』と300万円を。他には『政治家に貸して選挙資金に使いたい人がいるから、まとまった金が必要だ』と200万円……大切なお姉ちゃんだと思ってたんで貸しました」

 信用して金を貸したはずだったが、同時に不安も抱いていた、金を貸した数日後、「家に行ったら、家電が全部新しくなっていた」からだ。返済期日を過ぎても金が返ってこなかったため、家族らを伴い、坂下被告の家に向かうと、警察を呼ばれて追い返されたことも。結局、山本さんが貸した金は1円も戻って来ていない。また坂下被告は事件の1週間前、川井被告が借金返済を肩代わりすると伝えた女性にも、350万円を借りていて、こちらも返済はしていないそうだ。


■10年前には“カバコ”で…


 そんな坂下被告には、10年ほど前、別の問題で〈時の人〉となった過去がある。それはガン治療だという名目で山本さんに金を無心した姿と重なる内容だ。

「たまたまテレビを観ていたら、自分が過去に直接関わったことのある人間が、いきなり殺人事件の容疑者としてニュースで報じられたので衝撃でした」

 そう筆者に語るのは、現在“底辺ユーチューバー”として活動する九條純氏。彼は、かつて坂下被告はスキルス胃がんで余命一年と宣告された患者として『カバコの癌細胞爆裂的に全滅戦争!!』というブログを運営していた、と証言する。

“カバコ”とネット上で名乗り、闘病生活を綴っていた坂下被告のもとには多くの支援者が集まり、著名人らも応援メッセージを寄せていた。しかし、実は末期ガンというのは全くの嘘であることが判明し、ブログ上で謝罪する事態に発展したのである。

〈先ずは私の胃癌は完治しております。今は健康です。この事実が全てです。去年胃癌は完治しておりながら皆様には何も告げずに胃癌を装っていました。病気を抱えている方や健康な方の気持ちに嘘を続けていました〉(当時の坂下被告のブログ記事より)

 まだ自身がガン患者と偽ってた頃の“カバコ”は、ブログで「カバコ基金は1億円から受付中でっす!」などと記し、寄付を求めていたようだ。

 九條氏は“カバコ”との出会いを、こう振り返る。

「当時、私は音楽活動をしながらブログを書いていました。するとカバコから連絡があり、自分も音楽関係の仕事をしているからということで交流が始まりました。ですがカバコのブログを見たら末期ガンみたいな内容だったので、これは若干重いなと思いつつ、ある程度の距離を持ち接していました。

 しばらくすると『末期ガン、カバコを支える会』という団体のメンバーたちでカバコの誕生会をするからと六本木のクラブに誘われました。結果的に、そのクラブにはみんな騙されて集まったということになります。何度か集まったりしているうちに俺もカバコに半分騙されて、不覚にも男女の関係になってしまいました」

 坂下被告は、九條氏には寄付を求めたことはなかったという。むしろ彼は貢がれていた立場だった。

「どちらかと言えば可愛がってもらってたので、色んなところにメシ連れてってもらったり、ブランドものとかいっぱい買ってくれましたね」

 坂下被告に誘われて一度、奄美大島に行った九條氏は当時、川井被告が住んでいた部屋を訪れたことがあるという。その表札には、坂下被告の名も書かれていたそうだ。

「最初の頃は末期ガンということを俺も本当に信じていました。カバコの話は笑ってしまうくらい本当にでかい話ばかりで、皇族や政治家、芸能人、大物ヤクザの名前がバンバン話の中に出てきます。ただ、内容はとてもリアルで話も上手でしたね」

 当時、坂下被告が語ったという“著名人とのエピソード”は枚挙に遑がない。

「イエローモンキーの吉井さんとの間に子供が居たけど殺されたとか、山口組の岸本才三の愛人の娘で、本名は岸本優里だとか、大阪に死体を処理する工場の一族があるとか……。一度、麻布十番のタワマンを買うかもしれないと言われて、新築のタワマンの内見に一緒に行ったことがあるんです。東京タワーが見える屋上のメゾネットタイプの部屋は5億円でした。その部屋を見て回ったあとに不動産会社の人と少し面談記録みたいなものがあったのですが、その時も『叔母に相談して決めますので』とか言って(笑)。そういう大胆なウソばかりつくんです」

 坂下被告と最後に会ったのは、事件の1年前。彼女から「車に轢かれて入院している」と連絡を受け、両国の病院に見舞いに行った。その時も1000万円の保険金が入ると話していたという。

 過去に自分のウソで大騒動となった後も、そんな怪しい話を繰り返していた坂下被告は法廷で、須藤さん殺害に対し「何が起こったかわからないのではっきりしたことは言えません!」と述べ、さらに自身が『多重人格』であるという主張を繰り広げた。

「全く記憶がないことがあったり、寝ているはずなのに疲労感があったり、そういうことが続いていました。須藤からは『お前は小さい子供みたいになって、“お菓子ちょうだい”とか“お兄ちゃん”とか言ってくるときがある』と言われ、多重人格だと言われたことがあります……」

 だが、証人として出廷した山本さんは、かつて坂下被告から「多重人格の診断書が欲しいから演技するのに付き合って欲しい」と頼まれたことがあると尋問で明かしていた。加えて「坂下は須藤さんのことを『死んで欲しい』とか『うるさいから殺してやりたい』と言っていました」とも証言している。おそらく、坂下被告はただのウソつきだろう。

 実行犯として起訴されていた川井被告は今年1月、自身の公判で「須藤さんの首をベルトで絞めた」と犯行を認める証言をしていたが、転じて9月、坂下被告の公判に証人出廷した際は「須藤さんが暴れて、結果的に手で絞まっちゃうような感じになった」とその供述を変遷させた。また、当日坂下被告の家に行った理由も「覚えていない」と証言し、二人の供述だけでは須藤さんが殺害された時の状況は全くわからないままだ。

 不可解な証言に振り回された法廷だったが、最終的に東京地裁(岩崎佳弥裁判長)は川井被告に懲役15年、坂下被告に懲役18年の判決を言い渡した。「二人は共謀し、事前に須藤さんに薬物を服用させ、抵抗できない状況を作り殺害を実行し、犯行後は携帯電話を処分するなど隠滅行為を行なった。強い殺意に基づく計画的犯行であることは明らか」と、事前に綿密な計画を練った上で実行されたものと認定した。一方、その動機については「関係証拠を総合してもこれを具体的に認定するには至らないが、何らかの人間関係上の問題を背景に、犯行に向けた動機を形成したことまでは証拠上優に認められる」と、“何かはわからないが動機は存在した”という判断を下している。

 長年、不倫関係にあったふたり。事件直前、金を借りていた相手に坂下被告は「川井と結婚する」と伝えていた。川井被告は坂下被告との結婚を餌に、実行犯を担わされたのか。公判の場においても、一人で罪を被ろうとする川井被告に、坂下被告への深い愛情だけはうかがえた。

高橋ユキ(たかはし・ゆき)
傍聴ライター。福岡県出身。2006年『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』でデビュー。裁判傍聴を中心に事件記事を執筆。著書に『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』『木嶋佳苗劇場』(共著)『つけびの村  噂が5人を殺したのか?』など。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月10日 掲載

関連記事(外部サイト)