セブンと法廷闘争、東大阪「時短オーナー」の今 「大工やウーバーやって生活してます」

セブンと法廷闘争、東大阪「時短オーナー」の今 「大工やウーバーやって生活してます」

松本実敏さん、現在はこの格好で仕事場へ(著者撮影)

 24時間営業をめぐって、セブン−イレブン東大阪南上小阪店のオーナーだった松本実敏さん(59)が本部とトラブルになったのは昨年2月のことだった。松本さんは「お客様からのクレームが多い」ことを理由に、昨年12月31日をもって契約解除され閉店に追い込まれた。一躍時の人となった松本さんの今を、フリージャーナリストの角田裕育氏が取材した。

 ***

 現在、松本さんは契約解除を不当とし、解除撤回を求めて大阪地裁で係争中である。先月19日には支援団体も発足し、そこには著名弁護士や学者、ジャーナリストが名を連ねている。そうはいっても、コンビニのオーナーからすれば、契約を解除されることは、サラリーマンでいうところの「リストラ」に等しい。さぞ“お先真っ暗”の心境にあるかと思いきや……以下は10月上旬に行った松本さんへのインタビューの模様である。


■客のカスハラがひどかった?


――お店を閉め、今はどういう生活をしているんでしょうか?

「蓄えを切り崩したり、ウーバーイーツ、それと工務店で大工仕事を手伝ったりしながら、なんとか暮らしています。家は以前住んでいた大きなマンションから、小さなアパートに引っ越しました。実はセブンをやる前は、親父の後を継いで工務店を経営していたんです。その時、一緒にやっていた子が今親方をやっているので『仕事があれば使ってほしい』と言ったら『ぜひ、手伝ってほしい』と。主にリフォームの手伝いですね。ただ、裁判対策などで忙しく、決まったペースで働いているわけではありません。その辺は考慮してもらっています」

――工務店を継いだのにコンビニを始めたのは、どんないきさつだったんですか?

「セブンを始めたのは2012年の時です。リーマンショックで建築関係にも影響が出ました。従業員は7、8人雇っていたのですが、給料を払うのが厳しくなっていました。最後の方は父と2人でなんとかやっていたのですが、父も歳をとってきていたし、私が腰を痛めたのもあって、続けるのが難しくなりました。何か他のことをしたいと考えていた時、『セブン−イレブン加盟店募集』のチラシが家のポストに入っていたんです。

 工務店は儲かる時と儲からない時の差が激しい。嫁さんは安定収入がほしいと言っていたので、そのチラシを目にしたときは『24時間365日仕事がある』 と、むしろそれを前向きに捉えていました。話を聞くだけ聞いてみようと、加盟店説明会に行ったんです。本部の取り分が高いのを知って『何やこれ?こいつらの為に働いてるようなもんや』とも思ったのですが、『年に3、4回海外旅行に行ってるオーナーさんもたくさんいらっしゃいます』『大変な時は本部がいつでも助ける、オーナーへルプ制度があります』とかうまいことを言いますから……。それで始めてしまったんです」

――セブンのオーナーをやって、良かったことも。

「もちろんありましたよ。やはり、工務店時代と違って収入は安定していましたしね。しかもウチの店舗は、きちんと利益出してたんですよ。日販(※1日の売り上げ)60万円で、年収は700〜800万円あったんです。おかげで、息子を大学まで出してやれました。とはいえ、客のカスハラ(※カスタマーハラスメント)がとにかくひどかった。もちろん良いお客さんがほとんどなんですけどね。『自由主義が行き過ぎて、わがまま主義になる』と何かの本に書いていましたが、まさにそういう事例をみたような気がします」

――セブン本部は、松本さんのお店へのクレームの多さを、契約解除の理由に挙げていました。カスハラへの対抗策として、ゴミ箱を置かなかったりとか、トイレを貸さないとか、いろいろやっていたそうですが……。

「まだトイレを開放していたころ、ウチの店で作業をしていたOFC(店舗経営相談員・本部社員)が、『トイレだけ使う人がこんなにいるの?』と呆れていました。そんな状況でしたし、工事現場の人たちがトイレの洗面台で足を洗うし、トイレに3時間もこもってゲームをする客はいるし、トイレットペーパーは持って帰るし……だからウチはトイレの使用をやめたんです。トイレを貸すのは良いんですが、節度を守って使ってくれないと、そのうちどこのお店も貸さなくなると思いますよ。

 駐車場にも、無断駐車する客が沢山いた。近所にコインパーキングが沢山あるのに、ウチの店に無断駐車をするんです。いろんな対策をしたんですが、一向に改善されないんでね、警察のアドバイスで、あまりひどいものには、車のタイヤをロックして、罰金を取ったんです。まあ、罰金は少しやりすぎたかも知れませんけれど、それで無断駐車は大分減りました。

 ゴミ箱も同じ。トイレを使えるのも、ゴミ箱に何でも捨てられるのも。コンビニでは何をしてもいいと、過剰サービスを許してきてしまったコンビニ本部の罪は重いですよ。せめて、コーヒー1本、おにぎり1コ買って帰ってほしい。そんなマナーの無いお客に、ウチの嫁さんは小柄な体で注意するんですよ。怒鳴り返されても毅然と立ち向かって……。嫁さんがすい臓がんで亡くなったのも、そういうストレスのせいかもしれません」


■セブンをはじめるキッカケ、やめるキッカケは「妻」


――2018年に奥様を亡くされ、スタッフの確保に苦労し、24時間営業を止めることになったと聞いています。店を始めるのも奥様がきっかけだったとか。

「大学を卒業したあと、3年間だけアメリカに留学させてもらって、その後に父の工務店を継ぐことになっていました。現地ではJTBで働きながら英語の勉強をしました。で、約束通り3年で帰ってきたのですが、どうしてももう一回、アメリカに行きたかった。工務店で働きながら資金を貯めていたときに、嫁さんと出会ったんです。

 請け負ったリフォーム先の施主さんが、後の義姉になる人だったんですね。『妹に会ってほしい』と言われて家に行ったら……ものすごく良い子で『こりゃアカン!』と参ってしまった。この子しかいない!と思いました。嫁さんは日本舞踊の師範代で、お父さんは地元医師会の会長という家柄。私の母は『ウチとは住む世界が違う』『釣り合わない』と最初は反対しました。だけど、嫁さんのご両親もとてもいい人で『もったいなさ過ぎるけど』と言いつつ、認めてくれました。だからアメリカ行きの資金は、全て結婚資金に変わってしまいました」

――奥さんに出会わなければ、アメリカに行ってたし、セブンもやっていなかったんですね。

「アメリカでセブンをやっていたかもしれませんけれど(笑)。僕は喫茶店か旅行代理店をやりたかったんです」


■悩めるコンビニオーナーへ


――今の生活は収入も減り、厳しいのではないですか?

「お金はないけど、時間はたっぷりありますからね。今年24歳になる、セブンの店長もやっていた息子と2人で旅行しています。車中泊をしながら、今まで一度もいけなかった、九州の親戚を廻ったり。こんな素晴らしい人生もあったのかと思い返していますよ」

――とはいえコンビニオーナーの中には、全財産を賭けてやってる人もいますし、そういう人は辞めるのは躊躇しますよ。辞めるに辞められず自殺したなんて報道もあります。

「そんなもんどうにかなるんですよ。自殺するくらいなら店を辞めたら良いんです。子育て中の子供がいても、夫婦それぞれ15万円ずつの収入があれば、30万円ぐらいになるじゃないですか。自由な時間もとれますし、店をやっているより良いでしょう」

――たとえば私は42歳ですが、子供が小さかったりするし、躊躇すると思いますよ……。

「40歳? 若いですよ。ナンボでも仕事ありますし、やり直せます。利益の出せているオーナーさんは良いですが、そうでないところは、一刻でも早く抜け出すことをおすすめします」

――私の知っている元オーナーさんや元社員さんの中には、「もうコンビニは行きたくない」とトラウマになっている方もいます。松本さんは今もコンビニを使いますか?

「ほとんど使いません、コンビニの食べ物は飽きましたしね。公共料金の支払いだけは使いますね」

――やはりコンビニ時代の嫌なことを思い出す?

「そうですね。とくに万引きにはストレスを感じました。お客だけでなく従業員にレジのお金をくすめられた事もありました。最初はレジの違算(売り上げと異なる会計額)は自分で補填していたんですが『このままではアカン、ボロボロにされてしまう』と思って監視カメラでチェックしたりして、厳しくしたんです。そんなことを今でもコンビニに行くと思い出します」

――最後に。元オーナーの立場からコンビニ業界の待遇改善を訴えて裁判で闘っている、今のお気持ちを。

「やはり、生きがいを持つことは何にもまして素晴らしいことだと思っています。私はいま、業界の待遇改善のために闘っていますが、誰かに必要とされていることが、生きる証だと思っています。他人のために何かが出来る事。これほどいいことはないですね。コロナで皆大変な時だからこそ、余計にそう思います。それに私、まだ元オーナーじゃないんです。加盟店契約解除無効を求めて争っている身なんです。店を取り返すために戦っているんです。まだ、現役オーナーですからね」

角田裕育(すみだ・ひろゆき)
ジャーナリスト。兵庫県神戸市出身。北大阪合同労働組合青年部長、人民新聞記者などを経てフリーに。著者に『セブン-イレブンの真実〜鈴木敏文帝国の闇〜』(日新報道)、『教育委員会の真実』(宝島社)。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月12日 掲載

関連記事(外部サイト)