26年前の「日野町事件」で問われる裁判官の罪 彼らはこうして冤罪事件に加担した

「日野町事件」といっても知る人は少ない。大津地裁が再審開始を決定し、認めない検察が大阪高裁に即時抗告している、36年前の殺人の冤罪である。濡れ衣で刑務所に入れられた男性は雪冤を果たせず他界した。純朴な市民に無念の死を遂げさせたのは裁判官である。

 1984年12月29日夜、滋賀県日野町の「ホームラン酒店」の店主、池元はつさん(当時69)が行方不明になり、年明けて1月18日に町内の造成地で遺体が発見、4月末に町内の山中から壊されたからの手提げ金庫が見つかる。5万円などが奪われた。滋賀県警の捜査は難航したが3年後の1988年3月、常連客で工員の阪原弘さん(当時53)を逮捕した。当初、否認していた阪原さんは「酒代が欲しくなった。年末だから金庫にお金があると思い、池元さんを背後から襲い手で首を絞め、ひもでも締めた」と自白に転じた。

 しかし当時、阪原さんは妻と共稼ぎで2千万円以上の貯金もあり、「酒代欲しさ」は不自然だった。長女が嫁ぐ直前で幸せだった。

 公判からは「知人の家で酒を飲み泊まっていた」とアリバイを主張し一貫して否認したが95年6月、大津地裁(中川隆司裁判長)は「自白は信用できない」としながらもアリバイを否定して無期懲役とした。大阪高裁は「自白はおおむね信用できる」と控訴を棄却。2000年に最高裁で刑が確定した。阪原さんは再審請求したが06年、大津地裁(長井秀典裁判長)は却下する。11年に広島刑務所で病状が悪化し刑の執行が停止された阪原さんは広島市の病院で死去した。

 長男弘次さん、長女美和子さんらが第二次請求をし、2018年7月に大津地裁(今井輝幸裁判長)は「自白に信用性がない」などと再審開始を決定したが、検察が大阪高裁に即時抗告している。美和子さんによれば弘さんは捜査官(当時の滋賀県警捜査一課の川端光應警部補)から「嫁ぎ先をガタガタにしたろうか」と脅され、自分はどうなってもいいと自白したという。その後「殺人犯の娘や孫でいいの?」と言われて阪原さんは我に返ったのだ。


■いわくつき裁判官


 筆者は二年前、地元で阪原さんを支援している元高校教師長谷川信夫さん(71)の案内で現場を巡った。自白では、阪原さんは池元さんの遺体を覆いもせずに軽トラックの荷台に乗せて日野警察署の前を通って捨てに行き、酒店に戻って物色し金庫を持ち出し石原山に向かい、藪をかき分け金庫を壊して開き捨てたという。「遺体を隠しもせず警察署の前を通りますか。埋めるつもりもないなら深い藪を降りる必要もない。投げればいい。そもそも暗闇で苦労して金庫を開くのか」と長谷川氏が指摘するように不自然だらけだ。長谷川氏は「弘さんは酒好きで人が好く、しっかり者の妻つや子さんに頼っていた」と話す。そんな阪原弘さんから警察が虚偽自白を引き出すのは容易だった。

 事件では裁判官の基本的な見当違いもある。金庫は池元さんがいつも横に置いていた緑色と、奥十畳の押し入れにあったベージュの二つがあった。奪われたのはベージュで、緑の方は手つかずで現金も残っていた。だが控訴審の田崎裁判長の判決は「酒を飲みながら被害者と雑談をしている時、被害者の横に年末の集金がたくさん入っているだろうと思われる手提げ金庫を見て(中略)被害者を殺害して金を取ろうと…」になっている。ベージュの金庫が「被害者の横」に歩いてきたのか。この「勘違い」を一次請求審で大津地裁の長井秀典裁判長は「被害者がたまたま(中略)店舗畳の間に持ち出してきた可能性は否定できない」とごまかした。長井裁判長は、被害者の舌骨が折れている等の痕跡が鑑定で自白通りでは不可能とされると「3年経過し被告人が記憶違いと説明することも可能」とした。牽強付会そのもの。長井裁判長は、殺人の汚名で服役した元看護助手の西山美香さんが雪冤した「湖東記念病院事件」でも、西山さんに有罪判決を下した「いわくつきの男」だ。


■裁判官が検事を手助け


 実は一審でおかしな動きがあった。結審の直前、検察側が突然「予備的訴因の追加」つまり起訴状の変更を求め裁判所に許可された。起訴状で「午後8時40分ごろ」とした犯行時間を「午後8時ごろから翌日午前8時ごろ」と大幅に拡大。「店内」としていた犯行現場を「日野町と周辺地域」とぼかしたのだ。店内の証拠品や住民証言などで起訴状通りの立件ができなくなったためだ。本来なら完全な検察の敗北で無罪のはず。ところが一審の中川裁判長は「被告人が店舗内で被害者のスキをついて殺害したにせよ、甘言を用いて外部に連れ出して殺害したにせよ…」とした。こんないい加減な事実認定があろうか。

 96年3月、毎日新聞が「訴因の追加は坪井祐子裁判官が密かに西浦久子検事に示唆した」との内容の特ダネを報じた。有罪立証に窮した検事に、推定有罪にしたかった裁判官が知恵を授けていた。坪井裁判官のとんだ「裏工作」で阪原さんは刑務所に入れられたのだ。当時、毎日新聞の取材に西浦検事は事実を正直に認めたが坪井裁判官は答えなかった。

■偽装された「秘密の暴露」


 警察捜査に「引き当たり捜査」というのがある。逮捕後に容疑者が「事前知識なしに」捜査員を遺棄現場などに誘導できたとして「真犯人しか知りえない秘密の暴露」として有罪の論拠にする。検察は、阪原さんが金庫を捨てた石原山の雑木林へ捜査員を「自ら案内した」とする警察の写真を証拠提出していた。だが第二次請求審で弁護側がネガの開示を求め、裁判所命令で開示されたネガを調べると「現場へ向かう」としていた写真の多くは帰りの写真と判明した。伊賀興一弁護団長は「行きさえ教えてもらえれば帰りは自分でも戻れるから捜査官より前を歩けますよ」と笑う。「秘密の暴露」は直接の物証が弱い時に捜査側が頼るが、如何様にもなる。「インチキ写真」は再審開始決定の大きな論拠だった。

 日野町事件では当初、阪原さんのアリバイを証明していた住民の証言が不自然に変遷した。滋賀県警は住民に阪原さんを見かけなかったことにさせる「アリバイ潰し工作」をしていた。発生当時、県警は「グリコ・森永事件」関連の「ハウス食品脅迫事件」で犯人を取り逃がし世間の厳しい批判を浴び、県警本部長は自殺していた。日野町事件で3年間、犯人を捕まえられず焦った滋賀県警の捏造を裁判所が「積極的に」手助けしたのである。


■即時抗告審も担当しかけた長井裁判官


 冤罪は警察、検察に批判が向けられるが、裁判官がもっと責任を問われるべきだ。鹿児島県警が選挙の買収事件をでっち上げた「志布志事件」では、中山信一県議が同窓会を抜け出して住民に金を配って同窓会に戻ることが時間的に不可能なことを、鹿児島地裁の谷敏行裁判長が自ら車を使って実証し、一審で全員に無罪を言い渡した。だがこうした裁判官は少ない。警察・検察を忖度し「初めに有罪ありき」の色眼鏡で臨み、矛盾点は作文でごまかす裁判官が少なくない。日野町事件は裁判官が検察に「裏工作」まで示唆している。

 10月11日、日野町の公民館で、阪原弘次さん、妹の美和子さん、弁護団と記者・ジャーナリストが集結した懇談会が開かれた。日曜日にもかかわらず多くが参加し関心の高さを見せた。冒頭、伊賀弁護士は「高裁の審理は長井裁判官のいる刑事2部から3部に移されたので大いに期待したい」と切り出した。なんと、棄却した第一次請求審を担当した長井秀典裁判官が高裁で即時抗告審の裁判長だった。「公正な裁判ができない」とする弁護団の抗議などが報道され、6月に高裁が「配付替え」したのだ。伊賀弁護士は「報道がなければそのままだったでしょう」と胸をなでおろす。伊賀氏は「自白について長井裁判官は『根本のところで信用できる』としながら、信用できる部分がどこなのか、一切書いていない。これなら何とでも書ける。でたらめな裁判がまかり通ってきたのです」と熱を込めた。

 警察、検察、とりわけ裁判所のでたらめを余すことなく示す「日野町事件」に注目したい。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月26日 掲載

関連記事(外部サイト)