カーシェア会社破綻で窮地のオーナーたち 高級車が放置される駐車場で見た修羅場とは

 高級車専門カーシェア会社「Sグループ」の破綻から半月あまり。同社の破綻と同時に、600人ものオーナーがローン地獄に陥った騒ぎは、ワイドショーで取り上げられるなど社会問題化しつつある。240台の高級車が放置された埼玉県草加市の駐車場を訪れると、途方に暮れるオーナーたちの姿があった。

 ***

“高級車のオーナーになって投資をしませんか?”

 オーナーたちは、Sグループから“費用ゼロの儲かる投資”として勧誘され、7年の長期ローンを組んでベンツ、レクサス、BMWなどの高級車を購入していた。

 事情に詳しい中古車販売業社によれば、

「ローン代、保険代、自動車税などの諸々経費は、オーナーたちから車を預かったSグループが、カーシェア事業で出す利益から支払い続ける約束でした。実際、Sからは毎月のローン代金などが振り込まれていましたが、8月末ころからSの資金繰りが悪化して入金がストップ。10月上旬には事業停止となり、連絡がつかなくなってしまったのです」

 突如、オーナーたちは多額の残債を負わなければならなくなったわけだ。

「Sの活動が始まったのは2年くらい前だったので、ほとんどのオーナーは50回以上のローンが残った状態です。彼らの多くは、月々手取りで20〜30万円くらいの、20代から30代の若者たち。契約したらすぐもらえる数十万円の“ボーナス”に目が眩んでしまった」(同)

■すし詰め状態で車が動かせない……


 埼玉県草加市のある駐車場には、240台もの名だたる高級車が、すし詰め状態で置き去りにされたままだ。

 10月24日、記者が訪れると、自分の車を探し求めにきているオーナーたちの姿があった。彼らの相談に乗っている、作業着姿の男性に話を聞いた。

「私はSグループ内の整備工場から、ここにある車の修理を請け負っていただけで、なんの責任も権限もありません。ここの車の鍵を預かっていただけ。不憫なオーナーたちのため、ボランティアで車探しを手伝っています」

 彼によれば、数日前から1日15人ほどのオーナーが訪れるようになったという。

「ほとんどのオーナーが、実物すら見ないまま車を購入し、Sに管理を任せていました。だから、いま自分の車がどのような状態か不安で駆けつけてくるのです。ただ、全員が見つかるわけではないですよ。カーシェアで貸し出されたままで戻ってきていない車も200台くらいある。どうしても車を乗って帰りたいという人には、鍵を渡していますが、ご覧の通りのすし詰め状態だし、事故や故障で動かない車もあります。乗って帰れた人は2、3人くらいかな」


■一括返済を求める信販会社


 最近になって、慌てふためくオーナーたちを牽制するような、新たな動きも出てきたという。

「信販会社です。おとといあたりから、5社くらいが調査にやってくるようになりました。実は、ここにある車はローンを完済していない状態にあり、所有権は信販会社にあるのです。彼らはえげつないですよ。『いますぐ鍵を全部渡せ』『うちの車を全部出してくれ』って居丈高に言ってくる。私がSグループには関係ないボランティアだと説明しても、上から目線で『それをやるのがボランティアだろうが』って詰(なじ)ってくる会社もありました。オーナーたちは、彼らが所有権を行使し、将来の利息分も含めた一括返済を求めてくることを恐れています。事実、そういう動きもあると聞いており、私は信販会社には鍵を渡さないようにしています」

 外形的には、信販会社が契約した相手はオーナーであり、Sグループは関係ない。信販会社がオーナーと交わす契約書には、「期限の利益喪失」の条項があり、契約違反があった場合、将来の利息分も含めて一括返済できるとある。Sに車を貸していた行為は契約違反にあたり、信販会社は契約履行を求めているというのである。

■年収400万円で1000万円のローンを組んだ信販会社


 だが、今回の被害が拡大した背景として、信販会社の杜撰な融資実態もある。前出の中古車販売業社が説明する。

「Sグループを介して売買された車はすべて中古車であり、仕入れ値より100〜500万くらい高い値段で販売されています。そこでごっそり中抜きするというのが、Sグループのビジネスモデルだった。つまり、信販会社は担保となるべき車の実態をろくに調べもせず、高額ローンを組ませていたのです」

 また、ほとんどのオーナーは審査で年収を虚偽申告していたという。

「信販会社からすれば、オーナーが騙したとなるのでしょうが、ろくに支払い能力があるか調査もしないまま審査を通した信販会社にも問題がある。金利が高い中古車ローンの審査はゆるゆるで、年収が400〜500万程度しかないのに、1000万円ものローンを組んでいたなんて人たちがゴロゴロいるのです」

 車探しに来ていたA子さん(30代)もその一人だ。A子さんは、昨年3月、ベンツのEクラスを400万円で購入。7年ローンなので利子分も合わせると、総額600万円くらいの借金を負ったこととなる。

「私の手取りは月22〜23万円程度です。現状のままだと10%の高金利で月々7万円ずつ6年かけて、計470万円の残債を負わなければなりません。本当は親にでも泣きつきたいところですが、言えない事情があり、いま金利の安い銀行に借り換えできないかと掛け合っているところです」

 幸い彼女の車は駐車場にあった。彼女に同行していた業者によれば、「100〜150万円」で売却可能だという。

「とはいえ、返済が終わらないと売れませんからね。まずは借り換えが進むかどうか。そのうえで、信販会社が一括返済させてくれるかどうかなのですが、どうしても時間がかかってしまうし、不安はつきないです」(A子さん)

 ちなみに彼女は、友人の男性を伴っていた。彼の紹介でカーシェア投資を始めたのだが、男性自身は信販会社の審査が通らず、損をすることはなかった。Sは紹介者に10万円を贈呈するキャンペーンを行っており、知人や親族の紹介でカーシェアオーナーは増えていったのだ。男性は、彼女の横で申し訳なさそうに、

「責任を感じて今日はついて来ました」

 と話していた。

 妻と一緒に来ていたBさん(20代)は、もっと悲惨だ。彼が駐車場の端で見つけたレクサスLS600hは、まったくエンジンがかからない状態。車検を調べると1年前に切れており、故障したまま放置されていたのである。500万円で購入したというが、修理にいくらかかるかわからない状況だ。

「初めて車を見ました。よく調べないまま買ってしまった自分にも、非があると思います。ローンは月々数万円なので、とりあえず頑張って払っていくつもりですが、今後のことはこれから考えていきたいと思います」

 と、暗い表情で帰っていった。


■俺の白いアルファードはどこに……


 夕暮れ時、青い顔をして飛び込んできた男性がいた。

「白のアルファードです!」

 彼は縦横無尽に駐車場の中を駆け回り出した。やがて隅のほうでナンバープレートが取れた状態の白いアルファードを見つけ、中に乗り込んだが、

「年式が違う」

 とまた違う方向に。結局、見つからず、前出のボランティアの男性に確認したが、

「ここにはその車はないね。近辺のコインパーキングに放置されたままの車もあるし、他にも溜まり場があるっていうし、どこにあるかはわからないよ」

 そう言われ、男性は愕然とした様子でどこかに電話をし始めるのであった。同行していた知人によれば、

「彼は信販会社からの将来の利息分を含む一括返済を迫られることを恐れ、先手を打って一括返済しようと考えた。ただカネがない。結局、親族を駆け回って670万円を工面したのです。そして、一括返済して車の所有権を取り戻すことには成功したが、肝心の車が見つからなかった。すぐに売却し、債権者に返済しなければならない事情があるのでしょう」

 日が暮れるまで、駐車場のあちこちで、オーナーたちの悲嘆する声が聞こえ続けるのである。

 一方で、一部のオーナーたちはSNSで連絡を取り合い、警視庁池袋署と埼玉県警武南署に被害相談に訪れているというが、警察関係者によれば、

「テレビでニュースになるなど社会問題化してきたので調査には乗り出してはいますが、詐欺として立件される可能性はほぼないでしょう」

 甘い話には罠がある――。改めて思い知らされる話である。

週刊新潮WEB取材班

2020年10月26日 掲載

関連記事(外部サイト)