タワマン強盗にタンス預金を狙われた「セクシー女優」里美ゆりあさん 全てを語る

■未成年の強盗団との生々しい会話を本人が振り返る


 26日午前、東京・目黒のタワマンの高層階に、3人の男が押し入って現金およそ500万円を奪って逃げた事件。被害者の30代女性とはセクシー女優の里美ゆりあさん(35)だった。2億4500万円にのぼる所得隠しを5年前に国税に指摘されたことがある彼女が、強盗に襲われた当時を振り返った。

 ***

「3人組は宅配業者を装って訪れたということで、被害者は30代の女性です」

 と、警視庁担当記者。

「3人組と女性は面識がなかったようですが、“金を持っているだろう”などと女性を脅していることから、女性がお金をそこに貯め込んでいることを何らかの形で知っていたと警視庁は見ています」

 都会の堅牢なセキュリティーを誇るタワマンに押し入ることができたのは、宅配業者になりすます手口の巧妙さと「女性宅に現金が存在する」という確かな情報あってのことなのだろう。

 周辺の防犯カメラの映像を分析したところ、あっという間に3人組は逮捕。

「強盗などの疑いで逮捕されたのは、17歳から19歳の少年3人です。彼らは女性の室内のクローゼットにあった金庫や封筒から現金を奪う際に、“俺は人を刺したこともある。金を出せ”などと言って脅したということです」

 そして、被害者の30代女性とは、セクシー女優として活動している里美ゆりあさん。

 里美ゆりあさんと言うと、以前に東京国税局から2億4500万円の所得隠しを指摘されていた伝説のセクシー女優でもある。

 里美さんはその件も含めて自叙伝にまとめている。

 では、この所得隠しを報じた週刊新潮の記事をベースに振り返ってみよう。(※年齢などは2015年9月当時のものです)

■国税に狙われた銀行口座の2億4500万円


 職業寿命が2〜3年というセクシー女優たちの業界にあって、今年でデビュー9年目になる里美ゆりあさん(31)は、数少ない売れっ子女優の1人である。

 ショートヘアと大きな瞳が印象的で、今年8月発売のベスト版では「男を悦ばせる天才」と冠もついている。もっとも、そんな彼女に鼻の下を伸ばすことなく、鋭い眼光を向け続けた男たちがいる。

 2014年6月、ゆりあさんを「丸裸」にしたのは、東京国税局の「課税部・資料調査課」に所属する腕利きの調査官たちだった。

「組織名の『料』の偏に因んで『コメ』との隠語で呼ばれる彼らは、任意の調査で個人や法人の大口所得隠しを暴きます。その調査力は、強制調査ができる『マルサ』こと査察部を凌ぐとも言われる」

 と、国税関係者。

「彼らは、彼女の銀行口座の出し入れを見て、07年から13年までの7年間で約2億4500万円の所得があったことを突き止めました。おまけに彼女は、毎年の確定申告を義務付けられている個人事業主であるにもかかわらず、その間に一度も申告を行っていなかった。その結果、『所得隠し』を指摘されたのです」

 女優のギャラは、高くても1本100万円と言われている。彼女の出演本数は年間20本にも満たないのに、どうやってそんな大金を稼いだのか。

「実は、女優としての報酬は約4500万円分だけで、残りの約2億円は個人的に相手をした男性から得たものでした。彼女はそれを現金で受け取り、自分の銀行口座に入れていたのです」(同)


■「慰謝料」は非課税だった


「これを『接待サービスへの対価』と見做した当局は、所得税に消費税、さらに無申告に対するペナルティとして重加算税と延滞税を加え、合計で約1億1500万円の追徴課税を課しました」(同)

 彼女は、この処分を一度は受け入れたという。

 ところが、程なくして態度が一変する。管轄の目黒税務署に「申述書」なる文書を提出し、こう反論したのである。

〈交際していた男性から確かに金銭の授受はありましたが私が決めた金額でもなく精神的、肉体的な慰謝料として頂いたもので自由恋愛の結果だとおもっております〉

 さらに、「異議申し立て」まで行い、

〈特定の個人から結婚を条件に交際いたしましたが成就しなかったので慰謝料として金銭を受け取った〉としたうえで、

〈大阪在住の医師〉

〈FX株取引会社〉

〈香港在住の不動産業者〉

〈NPO法人主宰者〉

 から、それぞれ5000万円を受け取ったことを明かしたのだった。

 その意図を、税理士の浦野広明氏が解説する。

「慰謝料は所得税法上、心身に受けた損害を賠償するものであって、新たな所得に勘定されないため、非課税となります。彼女は、税理士にそういう知恵をつけられたのでしょう」

 実際、彼女は国税OBの税理士を代理人に立てていたのだが、先の国税関係者が呆れて言う。

「心身ともに傷ついた割には、7年で4人との婚約は変わり身が早すぎるし、そもそも婚約不履行に対する慰謝料の相場は50万から200万円。1人5000万円の支払いが『慰謝料』と認められるわけもなく、申し立ては却下されました」


■「佐川急便のシマシマの制服を着てて」


「過去の脱税については追徴課税も支払済です。今は自分の会社も作って、税理士さんも雇っています」

 と話すのは、今回インタビューに応じた里美さん本人だ。

「午前11時ごろですかね。二度寝していたんです。いつも、そんな状態の時に宅配便は来るので。洋服とかバッグとかは買ったりするので、(宅配業者が来たことに)そんなに警戒はしませんでした。佐川急便と言っていました」

「(2回、オートロックを開けなきゃいけない厳重なセキュリティだが)1回目も2回目の(オートロック)も普通に解除して上ってきた。ドアを開けて待っていたら、(居住階に)2人組が降りてきた。あれ、なんで2人なんだろう、もしかして、と思ったんですけど、そのあと、2人は別々の行動を取りました。

「1人は宅配業者。1人はたまたま居住階に上ってきた風で、エレベーターの前のベンチに腰をかけた。見た目は詳しく憶えていないんですけど、身長が大きいのと小さいの」

「小さい方が、佐川急便のあのシマシマの制服を着てて、大きい方は私服でした。小さい方が大きなダンボールを抱えていました。玄関の前に宅配業者が来て、そのあとに、座っていた男が歩いて来て」

「なんで(大きい)男が歩いて来るんだろうって思ったんですけど、その時は対処の仕方がわかりませんでした。そのあとは、ギャッと(扉を)開かされて、ドカドカドカって(2人組が)入って来た。ドアは相手の力が強くて閉められませんでした」

「ガムテープで拘束とかはされませんでしたが、大きな男に手や口とかは掴まれました。玄関であーだこーだして、3回くらい逃げようともしたんですけど、(大きな男の)力が強くて、無理、逃げてもすぐに捕まるって思って」


■“1億円、脱税しているでしょう?”って言われて


「(大きな男が押さえている間)制服の方が物色をし始めていました。(大きな男から)“1億円、脱税しているでしょう?”って言われて。手や口をしばられていたら(誰にも発見されずに)餓死とかしていたのかなと思ったら怖いですよ」

「その子たちが、そこまでしなくてよかったなと思います。恐ろしいなって。(彼らは)マスクだけ。メガネや帽子はしていなかったです。自然な感じです。今、マスクは当たり前の状態だし。だから、今、(強盗に)入りやすいですよね。

「“1億円、脱税しているでしょう?”と言われて、“何、言ってんの? してないよって。もう何年前のことを言っているの?”って。(ところが、男からは)“でも、そういう話で俺ら来ているから。回収するだけだから”って言われて」

「なんで1億円? って。もう、全然、わからなくて。(男は)耳にイヤホンしてて。何か指示役と連絡を取っていて。もう、なんなのって感じで、全部物色されて。トイレ、クーラーボックス、炊飯器、クローゼット、ドレッサー全部、物色されました」

「間取りは1LDKです。金庫っていうか、パスポートとか入れる本当になんか小さいやつで。鍵をしていなくて開けている状態で。“番号何番?”って言われたんだけど、“もう、開いているよ”って自分から開けて」

「これは来月、マジで必要なあれだから勘弁してくれって言ったんだけど、指示役が『取れ』みたいに言ったんでしょう、男が“ダメだって”って。指示役、マジうざい。イヤホンは片耳だけ。(指示役には)私の声、聞こえているのかなって」

「(ミニ金庫には抜き身で)200から250(万)くらい(入っていた)。他は白い袋とブルーの袋に入っていた。100万円は確実に1つの封筒に入れていて、後のやつはざっくりこれくらいって認識なんで。その他で250万から350万くらい。全部で500万から600万あったって感じです」


■パパ活の元締めをしているという疑惑については…


「2つの袋はクローゼットの上の棚に。使う予定があったので。上の方にボンって感じで。物色したら、普通に見つけられる感じで見つけられました。背の高い方は真剣に探しているというよりも、ちょこっと(棚の扉を)開けてみるとか適当な感じ。制服の方が物色していました。イヤホンはどちらもしていました」

「他に言われたのは、“里美ゆりあちゃん見てたよー”とか。“初体験、小6なんだ?”って言うから“そうだよー”って。“あんたは何歳だったの?”って言ったら、“え、言わない”って。なんか、ちょっと子供っぽい会話。“飲み物頂戴”って言われたし。お茶あげたけど」

「どういう稼ぎか?って、私今、キャバクラと女優とギャラ飲みをやっていて、普通に人からお金も借りたりするし。で、追徴課税を受けたあとも、残ったお金があったし」

「(家に)600万もあったかどうかはわかんない。ごめんなさい、500万だったか。キャバクラで稼いでいた時は普通に、月300万から500万。今もキャバクラやってますが、3年前まで現金でもらっていたので。今は振り込みですけど。現金で持っていないと。今回は、ありすぎましたけど。(ギャラ飲みは)私の設定は1時間3万円。高いって言われるけど(笑)」

「(Q.パパ活の元締めをしていると聞いてますけど?)すごいですね? 私、全くしてない。私もそれ、インスタのDMで、キャバクラで斡旋をしてますよね? って書かれて、すごい心外だなって。私、全くそういう女の子は(知らない)。パパ活とかをやっている女の子は友達でいますけど、それはそれで。それを仕事にしてやっているわけではないです。セクシー女優も今もやってます。懲りずに。懲りずに。(1本の値段は)少なくなっちゃったから、恥ずかしくて言えない」


■「5000万円稼いでも、2500万円がなくなっちゃうんだから」


「(Q.かつては、1本100万はくだらないと言われていましたが?)あはは。今は、本数を増やしてやっていますよ。女優は本当に自分がやりたい時にやるだけ。体力も衰えているので。キャバクラもお客さんが来たらって感じで。今は、自分のバーを営業したいんですけど、コロナになっちゃって、こんな強盗にもあって」

「でも、(以前の)国税局の方が精神的には一番、バーンってきたんで(ダメージがでかかった)。結構、本当に」

「国税局が入ったあと、私、キャバクラで結構本当に頑張って、年収5000万円くらいいったんですけど、国に(税金で)払ったのが2500万円くらい。5000万円稼いでも、2500万円がなくなっちゃうんだから、稼がなくていいやってなって。意味ないなって。お客さんが来た時だけで、ゆっくりでいいやって」

「(昨年は)2000万円いったかな? ってくらいです。(でも、今年は)コロナになって激変。全然(稼げない)。(強盗されて今も200万ほど戻ってきていないのは)痛いっていうか、コロナで今、仕事がそんなにない状態でギャラ飲みアプリとかに登録したりしていて」

「私も必死だし、ギャラも下がったし。(お金は)美容代、体のメンテナンスのためで、それを現金で払おうとしていたので、そのお金を盗られたので。泥棒にも“これは美容代でどうしても使うお金”って、(美容の「施術」に関する)説明書も見せて説明したんだけどダメで」

「“1億円あったら200万円くらいあげたけど”とも言われて。なんだこいつって思って。本当に勘弁してほしい。一言で言うと。いろんな意味で。生き地獄です」


■「中国人の金持ち相手に? すごい、話がグローバル」


「どう思います? かわいそう? あー、よかった。同情がほしいです。自分がなんでここまでって。悪いことしてないのになってのはあります。国税にしても。1億2000万円払ってくださいって言われたら払ったし。追徴課税は5000万円だけですよ。1億2000万円、私は逃げも隠れもしてなかったから、払ってくださいって一言欲しかったなって(=納税の義務を知らなかったんです)」

「結構、私、素直に普通に生きているつもりなんですけどね。(所得隠しについては)本当に無知で。知らなかった。税理士さんをちゃんとつけなきゃってなって本当一から勉強だったんです。(今は、税理士もつけて確定申告もして脱税していない?)そうです、そうです」

「犯人は表に出せない金があるから、通報もできないだろうという感じで余裕がある感じでした。そこまで頭が回っていたかわからないですけど」

「ねえねえ、斡旋の話、大丈夫かな? そんな話が回っているってのは。そういう話が行き渡っているの? 中国人の金持ち相手に? すごい、話がグローバル。中国人のお客さんが私の店に飲みにきて、女の子を用意してくれって言われて、みんなでシャンパンを飲んだのはありますし、それは、それなりのシャンパン代をいただきましたけど」

週刊新潮WEB取材班

2020年10月27日 掲載

関連記事(外部サイト)