ベランダで物想いの「紀子さま」 皇籍離脱も口にされた「秋篠宮さま」 婚約までの3年余

■昭和天皇の喪が明けていない、兄より先、完全な自由恋愛が障壁に


 秋篠宮さまが紀子さまにプロポーズをなさったのは1986年6月。「大学近くの交差点の信号待ちで」だった。秋篠宮さまが20歳を迎えられた直後だという。それから婚約内定まで3年余が経過していた。経過していたと言うよりはむしろ、その時間が必要だったとも言える。その間に何があったのか、振り返ってみよう。

(「フォーカス」1989年5月12日号などを基に修正したものです。称号や肩書などは当時のものを採用しつつ、適宜変更しています)

 ***

 冒頭の「紀子スマイル」は1989年12月、川嶋家の一家4人で、祖父の墓参を兼ねて3泊4日の和歌山旅行に出かけた折のカットである。

「紀子さまの挨拶は身体を45度くらいに折って、3秒間くらい頭を上げないんです。余りに丁寧なので驚いてしまいます」

 とは、取材に当たった芸能担当記者の弁。婚約中で「結婚の儀」の前とはいえ、すでにロイヤルファミリーとしての自覚がおありだったのだろう。

 さて、お2人のご婚約はそれまでの皇室のイメージからすると、異例づくめだった。

 皇室担当記者によると、

「1989年1月に崩御された昭和天皇の喪が明けていないこと、兄上の皇太子殿下(現在の天皇陛下)に先んじていたこと、そして完全な自由恋愛が障壁となっていました」

「お相手は大学教授の子女とはいえ、教職員住宅の3LDKに住むごく普通のお嬢さん。お二人の交際はよく知られていましたが、どう考えても条件が合わないという意見が大勢でした」

 皇室に子女を嫁がせるとなると、実家の経済的な負担は相当なものだとされる。

 美智子上皇后のご実家、正田家では、嫁入りの支度に、1959年当時で3000万円も使ったと伝えられている。

■“電話ではラチが明かない。帰国した時に話をつける”


「あの頃の秋篠宮さまの場合、皇太子とは立場が違いますが、2億とか3億円とかが必要だったのかもしれません。サラリーマン家庭とそんなに変わらないと思われる紀子さまのご実家・川嶋家では難しいのではとなどとも言われていましたね」

 もっともそれはどこまで行っても外野の意見であって、宮内庁関係者に聞くと、

「大学時代に青春を過ごして、自由に配偶者を選んだのは理想的ではないかというのが、上皇后陛下のお考えだったのではないでしょうか」

 とはいえ、秋篠宮さまは紀子さまとのご結婚を早くから望まれていたようで、この3年余の間には結婚問題が緊迫した時期もあった。

「学習院大を卒業して英国に留学する前後にも、“兄に良い人がいたら紹介してください”と親しい人に声を掛けられていました」

 と学習院大の関係者。これは、「皇太子より先に結婚するのはマズい」と宮内庁サイドからブレーキをかけられていたからに他ならない。

「東宮幹部に英国から頻繁に国際電話を入れていました。“電話ではラチが明かない。帰国した時に話をつける”と仰っていたようです」(先の記者)

「兄上に“結婚相手として誰かにケムリでも立っているなら待つけれど、そうでもないならもう待てない”などとも主張なさったと言います」

 挙句には、

「そこまで周囲が反対するなら、“皇籍を離脱してでも”と強い決意を口になさった場面もあったと、様々に報じられましたね」

 金のブレスレットやネックレスをしたり、口髭をはやしたり、常にその自由奔放ぶりが話題になってきただけのことはある。

 学習院の恩師の1人も、

「周囲に結婚を反対されても礼宮さま(秋篠宮さま)はやるでしょう。それが彼なんです」

 と、岩をも通しかねないその意思の強さを語っていたことがある。


■お妃教育の中身とは


 そんな中、当の3LDKの宿舎のベランダには、物想いに沈む紀子さまの姿があった(写真)。婚約内定が報じられる少し前、1989年初夏のことである。

 留学中の秋篠宮さまに思いを馳せていたのか、あるいは皇族の一員となる重圧を思われていたのか。

 少なくとも、この後にはお妃教育が待ち受けていた。

「まず教養科目としては、毎月詠じて天皇陛下に捧げる習慣になっている和歌。それから書道、英語など。皇族のお心得、マナー、エチケット、歴代天皇の事業や功績を中心とした歴史。それに皇室の儀礼、儀式、伊勢神宮の神道行事なども覚えなければなりません」(先の記者)

「結婚の儀」には経費として、約9000万円の予算が計上されており、披露宴に当たる「祝宴」「茶会」には、延べ1000人前後が招かれた。

 そして、結婚と同時に創設された秋篠宮家には約3400万円の皇族費が支給されている。

週刊新潮WEB取材班

2020年11月6日 掲載

関連記事(外部サイト)